30周年を祝う気持ちを、東日本大震災を支援する心へ
 
 創立30周年記念行事実行委員会(委員長=置須PTA会長)が中心となり、東日本大震災の復興支援に取り組み、1月16日(月)に集めた浄財を各方面に寄付しました。
 浄財は、30周年記念祝賀会を中止してできた行事費(52万8405円)とPTA文化祭収益金(4万2070円)の計57万475円です。このうち、あしなが育英会の「東北レインボーハウスの建設」(震災遺児のためのケアハウス)と「震災遺児への一時金、貸与奨学金、心のケアプログラム開催」にそれぞれ18万9940円。セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(被災した子どもたちの保護、教育などの支援事業)に残りの19万595円を寄付しました。
 このほか、同委員会では、全校で集めているエコキャップ4万9600個を越谷東ロータリークラブと協力し、エコキャップ推進協会に送りました。同協会でも被災地への支援活動(義援金の送付等)を行っており、エコキャップの回収活動が被災地への支援につながっています。9月の文化祭では野球部が、東北復興支援プロジェクト「希望の環(きぼうのわ)」に参加し、宮城県石巻市の被災地から掘り出された缶詰「希望の缶詰」を販売し、480個、19万2000円を売上げました。
 この記事は「東武よみうり」1/23日(月)号に掲載されました。
 
9月の文化祭で
「希望の缶詰」を販売する野球部員

お知らせ
  本校は昭和57年4月9日、越谷市増林に埼玉県立越谷東高等学校
として開設され、現在30周年を迎えました。これまでにおよそ9500名
の卒業生が巣立っております。
 本校は地域の多くの方々に支えられここまでこられました。これからも
地域の方々と歩んでいきたいと思っております。宜しくお願い申し上げます。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
工事中の南棟             グランドは砂利拾いから始めました。
 
30周年記念式典は次のように行われました。
日時 11月12日(土)
    10:30~ 記念式典開始
    11:40   式典閉式
    12:00~ アトラクション開始
       驚異のボディーパーカッションと楽しいパーカッション
        ワールド(T.J.P.P.A.L ティー・ジェー・パル)
    13:10  終了
場所 越谷コミュニティーセンター  サンシティーホール