越谷東高等学校長  加藤 友作

 

 埼玉県立越谷東高等学校のホームページを御覧いただき誠にありがとうございます。このホームページが、多くの県民の方をはじめ、本校に入学を希望する中学生の皆さんや同窓生の皆様、保護者の皆様等にとって、本校を理解しやすく有益なものとなるよう随時更新を図ってまいりたいと考えています。  
 
 さて、本校は昭和57年に越谷市内5番目の公立高校として開校し、今年度で39年目を迎えます。創設以来の卒業生も1万1千人を超え、地域社会に幾多の有為な人材を輩出してまいりました。平成23年の創立30周年を機に、制服を新しいデザインに変更し、校舎の大規模改修も行いました。木の質感を生かした廊下等の腰板壁や、内外壁の塗装、トイレの自動洗浄など、以前に比べ快適で温かみのあるものとなっています。また、ホームルームには空調設備も設置され、ますます快適な学習環境となっています。

 

 こうした施設設備面の充実に加え、目指す学校像である「志を高くチャレンジ精神に満ちた生徒を育て、きめ細かく面倒見の良い指導を実践し、地域から信頼される学校」の下、生徒を育てることに情熱を注いできた教職員と、それに応え、学業や部活動に一所懸命に打ち込む生徒が力を合わせ、現在の学ぶにふさわしい素晴らしい環境を形作ってきました。


   本校の教職員は、校訓である「健康・向学・協働」の実現に向け、「生徒こそ学校の財産」の認識に立ち、日々面倒見よくきめ細かい指導を行っています。温かさのなかにも時に厳しく生徒を見守り、すべての生徒の進路実現に向けて支援を行っています。 
 

そして、
「東高は、学ぶところ」
 
「東高は、美しいところ」
 
「東高は、夢や希望をともに実現するところ」
 

というスローガンを掲げ、生涯にわたって学び続ける人材を育成しています。学校の基本は何と言っても学ぶことです。もちろん授業が中心となりますが、学びは何も教科だけには限りません。部活動を通しての体験も、学校行事等での活動も、社会性や忍耐力そして挑戦する心を育む大切な学びの機会です。また、人間は環境の動物とよく言われます。乱雑で汚い環境の中では、健全な成長は望めません。東高は、元荒川に面して明るくのどかな景色の中にあります。校内に入ると、校庭も校舎内もよく整い、清掃も行き届いています。これは、「美しいものをさらに美しく」と、教職員・生徒が日々丁寧に清掃活動を行い、学習環境の整備に取り組んできた成果です。  

   東高には、ともに夢や希望を語り、励ましあい、支えあい、競い合うことのできる仲間がいます。そして、教職員は常に全力で、誠心誠意、一人ひとりを大切にし、丁寧に育てることを責務として、生徒の教育に取り組んで参ります。保護者の皆様、地域の皆様には、今後とも今までと変わらぬ御支援と御協力をお願いいたします。 

令和2年4月1日