カヌー部

部員 3年生  14名(男子 12名 女子 2名)
    2年生  8名(男子 3名 女子 5名)
    1年生 19名(男子 10名 女子 9名)  計 41名

 平日は、学校横を流れる元荒川での練習が基本となります。天候不順や水位が低い時には、陸上トレーニングやウエイトトレーニングを行います。
 休日には、行幸湖(権現堂調節池)で練習をすることもあります。学校では、保管できていないフォア(4人乗り)の練習や県内の高校が集まっての強化練習を行っています。

 目標:インターハイ・国民体育大会 入賞
 
 高校生になって始めた生徒でも、真剣に取り組み、人一倍努力すれば目標達成することができます。練習量や努力が競技成績に表れます。
 暑い日や寒い日など厳しい環境の中でも甘えることなく、自分の今の状況・状態を判断し行動できる選手になれるよう、頑張ってもらいたい。

日誌

カヌー部日誌

カヌー部 関東選抜大会終了

 9月21日(土)22日(日)に山梨県精進湖カヌー競技場にて令和元年度関東高等学校カヌー選手権選抜大会が開催されました。
雨は降らなかったのですが、気温が低く体調を崩す生徒も出てしまいましたが、無事に大会を経験することができました。今回は、男女併せて22名がシングル・ペア・フォアで出場しました。
しかし、ペア・フォアで入賞ができたものの上位に入ることができませんでした。
生徒は、レベルの高い同年代の選手を間近に観ることができ刺激を受けたことと思います。
これから長いシーズンオフになります。
生徒は、埼玉県でトップになるのではなく、関東や全国でトップになる覚悟で練習に取り組んでもらいたいと思います。
 冬に人一倍努力した選手は、必ず春に結果を残すことができる。
0

カヌー部 2019インターハイ終了

鹿児島県伊佐市菱刈カヌー競技場で開催されたインターハイですが、8月2日(金)の開会式後に台風8号が鹿児島に接近することが分かりました。
3日の朝、臨時監督会議が開かれ500mのみ8月3日予選・準決勝、4日決勝とする説明があり、承認されました。
インターハイに出場した、K-2・WK-4は準決勝で敗退してしまいましたが、高校生最大の大会で持てる力を出し切ってくれたことだと思います。
200mが行えなかったことに心残りはありますが、500mが無事終えることができ会場となった鹿児島県の先生方・生徒の皆さん、また役員の方々に感謝します。
3年生が引退し新体制となりました。8月25日の新人大会へ向け、熱中症に気をつけながら密度の濃い練習をしていきたいと思います。
最後まで頑張ってくれた3年生2名、お疲れ様でした。
0

カヌー部 学校総合体育大会結果


5月12日(日)行幸湖カヌー競技場にて、令和元年度学校総合体育大会が開催されました。
男子カヤックペア・女子カヤックフォアでインターハイ出場を決定しました。
今年度のカヌー競技は8月3日~6日まで、鹿児島県伊佐市にて開催されます。
インターハイまで後悔しないよう、精一杯練習をしてもらいたいと思います。
惜しくもインターハイを逃してしまった3年生、お疲れさまでした。
しかし、国体予選・関東大会がまだあります。
最後にもう一漕ぎ頑張りましょう。

応援に来てくださった保護者の皆様、OB、在校生、ありがとうございました。

成績については、PDFをご覧下さい。
成績一覧.pdf
0

花丸 カヌー部 福井国体

 9月30日(日)から10月3日(水)まで福井県あわら市北潟特設カヌーコースにて国民体育大会が開催されました。
本校からは、伊藤栄花・富山汐音ペアが埼玉県の代表として出場しました。
台風の影響により、4日間の競技日程が3日間に変更となりましたが、500M・200Mともに7位入賞を果たすことができました。
この2名のペアはインターハイで、500M決勝に進出したが9位となり賞状を貰うことができませんでした。この雪辱を果たすためインターハイ後も、弱点であったダッシュ力の強化を中心に練習に励んでくれました。今回の国体で、結果を残すことができたのは彼女たちの頑張りただそれだけだと感じています。
高校からカヌーを始めた初心者でも、負けない心・努力によって全国の表彰台に上がることができることを証明してくれました。
これで3年生は全員引退となります。
カヌースプリント監督として臨んだ国体で、本校生徒が表彰されている姿を見ることができ感動しました。
今まで頑張って来てくれた3年生、お疲れさまでした。
 
0

カヌー部 関東選抜大会 男子総合3位

9月15・16日に山梨県富士河口湖町精進湖カヌー競技場にて、関東高等学校カヌー選手権選抜大会が開催されました。
本校からは、男女合わせて21名の生徒が参加しました。
私が越谷東高校カヌー部を受け持って、初めて学校対抗男子総合3位となりました。
過去、女子は優勝を勝ち取ったことがありますが、男子はカヤック・カナディアンと揃わなければ、得点を取ることが難しいものです。
この大会では、悔しい思いをした選手がほとんどです。
その悔しさを決して忘れず、オフシーズンを過ごしてもらいたいと思います。
春、シーズンが始まったとき成長しているよう各自、課題を持って今後の練習に励んでもらいたいです。

総合成績一覧は以下のPDFをご参照ください。
H30カヌー選抜大会総合成績.pdf
0

カヌー部 高校新人大会結果報告

8月26日(日)幸手市行幸湖カヌー競技場において高校新人大会が開催されました。
交通不便で気温が高かったにもかかわらず、応援に駆けつけていただいた保護者の皆様、
カヌー部OB・OG、在校生には感謝申し上げます。
決勝に進むことができた選手、思うような結果を残すことができなかった選手、
しっかりと練習の成果を出す事が出来た選手。様々な思いが生まれたと思います。
大会結果をPDFで貼り付けてあります。
シングルで9位、ペア・フォアで4位までは、9/15・16山梨県精進湖で開催される、
関東高等学校カヌー選手権選抜大会に出場します。
どのような思いで次の大会に臨むかは、個々によって変わってきます。
しかし、高校から始めた競技だからこそ練習は嘘をつきません。
悔しい思いをしたのなら、練習あるのみ。ただ乗艇しているのではなく、意味のある練習を
しなければなりません。
いつまでも、悔しい思いを忘れず練習に励んでもらいたいと切に願います。

H30高校新人決勝一覧.pdf
0

カヌー部 高校新人大会のお知らせ

 8月26日(日)に幸手市行幸湖カヌー競技場にて、高校新人大会が開催されます。
1年生にとっては初めての大会となり、日頃の成果を発揮してもらいたいところです。
この大会での、シングル9位までペア・フォア4位までは9月15・16日山梨県富士河口湖町精進湖カヌー競技場で開催される、関東高等学校カヌー選手権選抜大会へ出場が決まります。
自分の競技力が、どの位置にあるのか確認するためにも関東での力試しを目指したもらいたいです。
0

カヌー部インターハイ報告

7月31日~8月6日まで、岐阜県へ行ってきました。
競技日程は、8月3日~6日までの4日間ですが、検艇・ライフジャケットの安全点検、
公式練習などがあり、前もって現地に入りました。
熊谷で日本最高気温を記録した日に、幸手市行幸湖で練習を行っていました。
インターハイ期間中の岐阜県では、40℃を記録する日もあり行幸湖での練習が役立ち
体調を崩す選手は居ませんした。
結果は以下の通りです。

500m                 200m

K-2    準決勝5位        K-2   準決勝9位
K-4    準決勝3位         K-4     準決勝3位
WK-2    決  勝9位      WK-2    準決勝6位

数年ぶりに、WK-2が決勝へ進出することができました。
また、K-4は0.05秒差で決勝進出の逃す結果となってしまいました。
詳しい結果については、インターハイのホームページをご覧ください。


選手全員は、埼玉県代表として最後まで諦めることなく全力で漕ぎきってくれました。
今大会を持って競技を引退する生徒がいますが、後輩達に体感した全国の力を伝え
1・2年生は来年、インターハイで決勝に進めることができるよう頑張ってもらいたい。
0

カヌー部関東ブロック大会結果

 7月8日(日)茨城県神栖市神之池特設カヌー競技場にて、第73回国民体育大会関東ブロックカヌースプリント競技が開催されました。
本校からは2種目、男子カヤックペアと女子カヤックペアが埼玉県代表として出場しました。期末考査期間中ではありましたが、勉強を疎かにせず大会に臨んでくれました。
2種目ともに国民体育大会への通過数は2枠と、とても狭き門となっています。
男子カヤックペアは4位と関東ブロック通過を果たすことができませんでした。
「~たら」「~れば」を言ってはいけないのですが、タイムをみると普段通りの漕ぎができていれば、通過することができたのではないかと思われます。この反省を活かしインターハイでは良い結果を出してくれることに期待します。
女子カヤックペアは1位通過を果たすことができ、9月30日から開催される福井国体に出場することができました。インターハイ・国体と成績が残せるよう、より一層頑張ってもらいたいと思います。
0

カヌー部国体県予選結果

6月3日(日)幸手市行幸湖カヌー競技場にて、第73回福井国体カヌースプリント埼玉県代表選手選考会が開催されました。
 男子カヤックペア・女子カヤックペアの2種目で、県代表を勝ち取ることができました。
その他の種目でも、選手は自己ベストを更新するなど力を付けています。今後の活躍に期待をします。
県代表となった2種目は、7月8日(日)茨城県神栖市神之池カヌー特設競技場で行われる関東ブロック大会に出場します。関東ブロックでは、1都6県と山梨県を含めた代表8艇からペアは2艇のみ国体に出場することができます。
関東ブロックまでの1ヶ月間、国体出場を目指し競技力をあげてもらいたい。また、今回代表を勝ち取ることができなかった選手も、来年こそは上位大会進出へ向け積み重ねをしてもらいたいと思います。
0