日誌

カテゴリ:報告事項

NEW サッカー部 32期生蹴球伝説 最蹴章

 本日まで2年と半年間、彼ら(3年生)のことを温かい目で見守り、いつも熱い応援をして下さった皆さん、本当にありがとうございました。私達だけでは、彼らはここまで成長することはできませんでした。彼らの最後の試合をご覧下さった方には分かった事でしょう、彼らの成長振りが。失点直後の選手による気持ちの整理、うまくいかなくても仲間に対して前向きな言葉掛け、あえて表情を明るくして雰囲気を良くしようとする努力、最後の1秒まで1点を目指す姿勢、4度も打ちのめされそうになってもそこで踏ん張れる精神力・・・どれも彼らが苦手としていた課題でしたが、この試合の中ではすべてが克服できていました。それだけに、顧問としましては、大変に悔しいです。できることならそんな彼らと10月までサッカーをしていたいと思っていました。対戦相手だった三郷工業技術高校とは、過去3度公式戦で対戦していました。最近では、春のインターハイ地区予選の1回戦で対戦していました。U18リーグでも対戦していました。互いに”顔馴染み同士”の対戦でした。三郷工業技術高校には、是非この勢いで代表決定戦でも活躍して頂きたいと思います。今回は、私達の完敗です。
 最後になりましたが、八潮高校まで足を運んで下さり、生徒たちに元気と勇気を与えて下さった多くの皆さん、本当にありがとうございました。保護者の方、先生方、職員の方、卒業生の方、在校生のみんな、中学校の同級生。おそらく、顧問の私が一番驚き、最も喜んでおります。彼らは、試合には負けてしまいましたが、皆さんのお陰で大きな財産を得る事ができました。こんな経験二度とできることはないでしょう。彼らが、こんなにも多くの人たちから愛されていたんだということが分かりました。
 本日まで、越谷東高校サッカー部32期生を応援して下さった皆さま、本当にありがとうございました。本日をもちまして、彼ら16人の3年生は引退となります。

顧   問

0