日誌

サッカー部日誌

第99回全国高校サッカー選手権大会 埼玉県大会1回戦結果 【サッカー部】

 9月6日(日)、第99回全国高校サッカー選手権大会 埼玉県大会1回戦VS桶川高校が行われました。3年生にとって負ければ引退となる最後の大会となります。

 結果は、以下のようになりました。

      越谷東 V S 桶川

前半    1   ー   0

後半    0   ー   1

延長前半  0   ー   0

延長後半  0   ー   0

PK戦      3   ー   4     PK戦の末、1回戦敗退

 結果は1回戦敗退となってしまいましたが、最後まで戦ってくれた選手たちを誇りに思います。また、3年生がピッチで戦っている姿は、まだ先のある1・2年生に大きな物を残してくれました。また、顧問一同の心を大きく動かしてくれました。前顧問も会場に足を運んでくださり、「選手たちがこんなに大きく成長しているとは思わなかった。いい試合を見させてもらった。ありがとう。」というお言葉をいただきました。この試合に全てを賭けた3年生。責任と誇りを持ち、ピッチで戦ってくれたメンバー、ピッチに立っている選手に声をかけ続けるサブメンバー・登録外のメンバー、選手の事を1番に考えサポートするマネージャー、今までに見たことのない、言葉で書き表せないくらいの一体感がチームに生まれていました。顧問としては、全ての力を出し切り、越東魂を持って最後まで戦ってくれた選手たちへの感謝の気持ち。こんなに素晴らしいチームを勝たせてあげられなかった悔しい気持ち。また、顧問としてもっとしてあげれたことがあったのではないかと色々考えてしまっています。しかし、この敗戦は勝った時よりも多く学ぶことがあったのではないかと感じています。選手たちには、「この敗戦を悔しいと思うだけではなく、今後の人生の糧にしていってほしい。」とミーティングで伝えました。選手たちは、今日の敗戦を今後の人生の糧に必ずしてくれると顧問は確信しています。

 

保護者の皆様へ

 日頃より、サッカー部の活動についてご理解、ご協力いただき、心より感謝申し上げます。今回、コロナ感染拡大防止対策の為に無観客試合での開催となりました。サッカー部の活動に日頃からご協力いただいてる保護者の皆様に、3年生にとって最後の大会でのプレーをお見せすることができなかったことを大変申し訳なく思っています。3年生を中心に選手たちは、最後まで立派に戦ってくれました。この場を借りてご報告をさせていただきます。今後ますます、越谷東高校サッカー部で活動する選手たちにとって、より良いものになるよう、顧問一同精進して参ります。また、保護者の皆様と共に手を携え、進んで参りたいと思います。変わらぬご支援、ご協力をお願いいたします。

 

3年生の皆さんへ

 本当にお疲れ様でした。君たちが最後まで立派に戦う姿を見て私の心は大きく動かされました。君たちから改めて、直向きに努力を続ける大切さ、高校サッカーの素晴らしさ、サッカーの素晴らしさを学ばせてもらいました。また、君たちの戦う姿は越谷東高校サッカー部、後輩たちに大きな物を残してくれました。本当にありがとう。君たちの人生は、今日の試合でいうと前半20分の引水タイムに満たないでしょう。残り前半20分、後半40分、延長20分、PK戦と君たちの人生は続いていきます。今日の敗戦、越谷東高校サッカー部で過ごした時間が今後の人生に少しでもプラスになってくれたら幸いです。また共にボールを蹴りましょう。

 

 

 

 

 

 

0

練習試合報告 【サッカー部】

 先日、叡明高校・久喜北陽高校と練習試合をさせていただきました。選手たちは多くの刺激を受けた試合となりました。

 選手権大会に向け、選手たちに以下のことを伝えています。

・失敗を恐れずチャレンジすること

・意図をもってプレーすること

・自分の強みを出すこと

・チーム内でプラスの声かけをすること

・ミスを気にしない

 

 選手たちには、「才能」を「強み」にしてほしいと思います。

「ほとんどの人は、自分は何が得意かを知っていると思っている。しかし、たいていは間違っている。それでもなお人は、強みによってのみ何かを成し遂げることができる」 ピーター・ドラッカー

最近読んだ本の中で、印象に残った言葉になります。

 

選手権大会に向けて、チーム一丸となって準備していきたいと思います!

0

練習試合・全国高等学校サッカー選手権大会埼玉1次予選組み合わせ 報告 【サッカー部】

 ここ数日で、庄和高校・浦和東高校・草加高校と練習試合をさせていただきました。選手権大会1次予選が近づいてきているなか、多くの収穫があった練習試合となりました。

 ここ最近、顧問が感じている大きな1つとして、「選手同士のコミュニケーション」がとても増えてきていると感じています。自分の考えや要求、チームでの確認事項などの話し合いが積極的に行われています。試合前や試合中、ハーフタイムなどでは、今までではあまり見られなかった光景が広がっています。まだまだ課題は山積みですが、選手達の成長している部分が見られました。

 選手達に、ここ最近強く伝えている1つとして、「イメージをもってプレーをする」があります。ミスは仕方がありません。誰しも得意・不得意があるでしょう。できる・できないもあるでしょう。そんなことは大きく気にする必要はないのです。大切なのは、「やるか・やらないか」だと思います。選手達には、ミスは仕方がない。自信をもってチャレンジしてみろ。と伝えています。自部の個性を前面に出し、自身をもってプレーしてもらいたいと思います。

 先日、選手権大会一次予選の組み合わせが決まりましたのでご報告させていただきます。今大会に関しては、無観客試合等で行うなど保護者の皆様には多くのご理解とご協力をいただく大会となっています。顧問・選手一丸となって皆様に恩返しができるよう取り組んでいきますので、引き続き変わらぬご声援をよろしくお願いいたします。

 

全国高等学校サッカー選手権大会埼玉1次予選組み合わせ 

https://www.sfa2.jp/10386/

 

全国高等学校サッカー選手権大会埼玉1次予選 実施について

https://www.sfa2.jp/10384/

 

 

 

 

 

0

テリヤカップ 参加報告 【サッカー部】

 8月7日(金)・8日(土)に行われたテリヤカップに参加をしてきました。今年度は、越谷東A・越谷東Bの2チームでエントーリをし、2日間で各チームとも4試合以上の試合を行いました。2チームで参加したこともあり、選手ひとりひとりの試合出場時間が長くとても充実した2日間となりました。両日とも気温35℃位での試合となりましたが、サッカーができる喜び、試合ができる喜びを感じている選手も多くいました。

 今回のフェスティバルで大きな収穫となったことが2つありました。1つ目は、選手それぞれが「個性」を発揮してくれたことです。県大会出場を目指すには、選手それぞれの個性を合わせ化学反応を起こしていくことが必要不可欠です。選手たちには引き続き自分の「個性」を理解し、ピッチ上でどんどん体現していってもらいたいです。

 2つ目は、攻守においてそれぞれ大きな課題を確認することができたことです。選手権予選まで約1ヶ月。まだまだ改善することができます。また、明日からの練習・練習試合で突き詰めていきたいと思います。この課題を克服できればチームが生まれ変わると確信しています。

 応援してくださる皆様にひとつでも良い報告ができるよう、チーム一丸となって準備をしていきたいと思います。変わらぬご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。

 

 

 

0

8月4日(火) サッカー部練習試合について

 8月4日(火)、VS 川口東高校 ・ VS VIENTAS(中学生クラブチーム)と練習試合を行いました。今回の試合も気温が30℃を超えるなかでの試合となりました。

 前回の練習試合に引き続き、多くの選手が「今自分ができること」「自分のストロングポイント」をピッチ上で体現してくれました。また、少しずつではありますがコンディションも上がってきているようにも感じます。今回の1番の課題としては、「ゲームの流れを読む」という部分でした。ピッチの中では様々な流れが存在しています。相手の流れ、自分たちの流れ、チャンスの時間、耐えしのぐ時間など様々な時間があります。県大会に出場するためには、その時の流れに応じたプレーや判断、チームへの声かけが必要不可欠です。この後も練習試合等は続いていきます。「最高の結果」を勝ち取るために「最高の準備」をしていきたいと思います。

 

 

0

サッカー部 8月1日・2日の練習試合について

 選手権に向けての本格的な調整がスタートしました。現在の部員を2チームに分け、それぞれのチームごとで8月1日(土)VS吉川美南高校、2日(日)VS大宮工業高校と練習試合を行いました。

 今年度初めての練習試合ということもあり、選手たちは試合ができる楽しさや喜びを噛みしめながらプレーをしていました。猛暑の中でのプレー、試合感、コンディション、連携、個人のスキルなど多くの改善点は見られましたが、今自分ができること、自分の長所やストロングポイントなどをピッチで体現してくれた選手も多くいました。今年度は1年生が多く入部してくれたこともあり、例年以上にチーム内での競争が激しくなっています。顧問としては、良い意味でのチーム内競争が、チーム全体の底上げになっているようにも感じています。

 

 今回の練習試合を通じ、私自身再度考えさせられたことがありました。それは、「高校サッカーは真面目な選手が伸びる」ということです。真面目というのは様々な捉え方があるとは思いますが・・。ある選手の1年前、2年前のプレーは課題が多くこの先どうなっていくのかと思う部分がありました。しかし、彼らは直向きに努力をし私の想像を超えるスピードで成長していました。練習試合のプレーを見ても、1年前とは比べものにならないくらいのプレーをピッチで体現してくれました。直向きに努力をすることの大切さ、謙虚な気持ち、逆境に負けない力などの大切さを改めて選手から気づかされた試合になりました。

 目標を達成するためには、まだまだ努力をしていかなければなりません。顧問・選手共に「真面目に」「直向きに」日々を過ごしていきたいと思います。

0

サッカー部新体制について

 1年生の部活動オリエンテーション・部活動体験期間が終わり、令和2年度のサッカー部新体制が始動しました。

1年生 26名(マネージャー3名)

2年生 14名(マネージャー3名)

3年生 10人             計50名で活動していきます。

 

 今年度は1年生が多く入部してくれました。本校運動部の中でも最多の総勢50名となり、人数だけを見ると学校を代表する部活動になってきました。ミーティング時に選手達にも伝えましたが、「学校を代表する部活になってきている。部活での活動はもちろんのこと、日常生活や学校生活でも注目されることが増えてくる。学校を代表する部活に恥じないよう皆で切磋琢磨していこう」という話をしました。

 今年度はリーグ戦、インターハイと立て続けに中止となってしまい、残すは選手権大会のみとなっています。今このような状況だからこそ「レジリエンス(逆境に負けない力)」を大切にし、悲願の県大会出場に向けて準備をしていきます。また、今年を振り返った時にやりきった・充実したという気持ちになるよう、毎日を過ごしていきたいと思います。

 現在は期末考査期間中なので、金曜日から本格的に活動をしていきます。

・学校、地域から応援される部活になる

・学校を代表する部活になる

・県大会に出場する

・人として大きく成長する

上記の4つを念頭に置いて活動していきます。

保護者の皆様・地域の皆様、皆様の心を動かせるよう精進していきますので、今年度も変わらぬご支援・ご声援をどうぞよろしくお願いいたします。

 

サッカー部顧問一同より

 

 

 

 

 

0

サッカー部の案内について~1年生向け~

 越谷東高校サッカー部の案内になります。3年後には、大きな達成感と心身の成長が待っています。是非、皆さんの力を貸してください。充実した時間を共に過ごしましょう。そこの君!入部を待っています!

 

サッカー部について.pdf

サッカー部について2.pdf

0

サッカー部よりお知らせ

『夜20時の拍手』にみんなで力を合わせませんか?

~新型コロナウイルス感染拡大防止の為に私たちを支えてくれる人たちへの感謝と励ましの気持ちを込めて~

 

 平素は本校サッカー部の活動にご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。現在も新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、部活動停止の状況が続いております。現在の状況を見ると、部活動停止延長は致し方ない状況です。引き続き自身・家族・大切な人の健康を最優先に考えていただければ幸いです。

 STAY HOME習慣が続き、多くの不安や悩み、葛藤やもどかしさを感じている人も多くいることでしょう。また、先日発表がありましたインターハイ中止もあり、目標を見失ってしまった生徒も多くいるでしょう。私自身も高校時代は、インターハイ出場を目指しこの時期を過ごしていました。インターハイを目標にしていた生徒たちになんて言葉をかけるべきなのか。なかなか整理されてこないのが現状です。

 しかし、このような状況の中でも何かを見出していかなくてはなりません。始めの1歩として、自分の周りを取り囲んでいる環境に感謝してみてはどうでしょうか。家族・友人・恋人・医療従事者・配達業者・コンビニやスーパーの店員などなんでもかまいません。また、自分自身を見直す機会にしてみてもいいでしょう。当たり前のことが実は当たり前ではないこと。私自身、当たり前のことに感謝することの大切さを改めて強く感じています。皆さんと授業や部活ができていたこと、共に学校生活ができていたことに改めて感謝しなければなりません。

 今後どのような状況になっていくかはわかりませんが、来たる日のためにお互い良い準備をしていきましょう。皆さんとまた学校生活を再開できることを楽しみにしています。学校が再開したら、充実した学校生活・部活での時間を共に過ごしていきましょう。

0

サッカー部より お知らせ

 平素は本校サッカー部の活動にご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

 現在、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、部活動停止の状況が続いております。現在の状況を見ると、部活動停止は致し方ない状況です。多くの不安や葛藤はあると思いますが、自身・家族・大切な人の健康を最優先に考えていただければ幸いです。

 在校生・新入生の皆さんにお伝えしたいことがあります。まずは、自分・家族・大切な人の健康を最優先に考えてください。今は大好きなサッカーより大切なことがたくさんあると思います。また、先行きが不透明な時だからこそ、常に「良い準備」しておいてください。現在の状況もいつかは終わりを迎えます。その時はいつになるかわかりませんが、戦える準備をしておいてください。部活動再開後、良いスタートをきり、越谷東高校サッカー部の名を大きく轟かせるために。

 部活動が再開した時に、皆さんに会えるの楽しみにしています。来年度こそ、越谷東高校サッカー部の最大の目標でもある「県大会出場」の悲願を皆で達成しましょう。

 

 新入生の皆さん、合格おめでとうございます。是非、皆さんの力をサッカー部に貸してください。皆さんの力が必要です。入学後、公式戦はすぐに始まります。良い準備をしておいてください。共に充実した時間、喜びを分かち合いましょう。入学後、お会いできることを顧問一同楽しみにしています。ご不明点があれば、学校048-966-8566(顧問 岸)にご連絡いただけれと思いますので、よろしくお願いいたします。

 

0

サッカー部 練習試合(VS社会人チーム)・中学生 保護者の皆様へ3

 2月16日(日)に、ご縁があり社会人チームと練習試合を行いました。日頃体験できないパワーやスピード、技術を肌で感じることができた貴重な試合となりました。

 Uー18リーグ開幕まで2ヶ月をきっていますが、少しずつチーム・個人としても仕上がってきています。引き続き良い準備を私も含め、チーム全体でしていきたいと思います。

 越谷東高校サッカー部はご縁も有り、強豪校や社会人チームとの練習試合も随時行っています。また、新たに加わる中学生の皆様を想像するとリーグ開幕が楽しみでしかたありません。最後の最後まで志望校・部活動を迷っている皆様、一緒に充実した3年間を過ごしてみませんか。サッカー選手として・人として一緒に成長していきましょう。

 

※どこでサッカーを続けようか迷っている・志望校に迷っている中学生の皆さん、

是非、越谷東高校サッカー部に力を貸してください。

選手たちは日々努力し、本気で県大会初出場を目指しています。

共に県大会出場の目標を叶えてみませんか。君たちで歴史を作ってみませんか。

少しでも興味があればサッカー部顧問 岸 までご連絡ください。

共に充実した時間を過ごしましょう。学校案内は随時募集していますので気軽にお問い合わせください。


越谷東高校TEL 048-966-8566

0

中学生・保護者の皆様へ2

 2月11日(火)に、南部・東部地区の強豪校である浦和東・越谷西高校と練習試合を行いました。なかなか肌で感じることができないレベルの強豪校との練習試合を通じて多くの収穫・課題が見つかりました。

 越谷東高校では、年間を通じて多くの公式戦・練習試合を行っています。全選手に多くの出場機会のチャンスがある環境となっています。まだ進路に迷っている中学生の皆さん、越谷東高校サッカー部で共に充実した時間を過ごしましょう。

 

※どこでサッカーを続けようか迷っている・志望校に迷っている中学生の皆さん、

是非、越谷東高校サッカー部に力を貸してください。

選手たちは日々努力し、本気で県大会初出場を目指しています。

共に県大会出場の目標を叶えてみませんか。君たちで歴史を作ってみませんか。

少しでも興味があればサッカー部顧問 岸 までご連絡ください。

共に充実した時間を過ごしましょう。学校案内は随時募集していますので気軽にお問い合わせください。


越谷東高校TEL 048-966-8566

 

0

サッカー部 新人戦結果・中学生の皆様へ

https://www.sfa2.jp/wp-content/uploads/2020/01/03f3f6f28c2e7fecf91b62f6f67edfe2-3.pdf

新人戦の結果になります。ご確認ください。

 

※どこでサッカーを続けようか迷っている・志望校に迷っている中学生の皆さん、

是非、越谷東高校サッカー部に力を貸してください。

選手たちは日々努力し、本気で県大会初出場を目指しています。

共に県大会出場の目標を叶えてみませんか。君たちで歴史を作ってみませんか。

少しでも興味があればサッカー部顧問 岸 までご連絡ください。

共に充実した時間を過ごしましょう。学校案内は随時募集していますので気軽にお問い合わせください。


越谷東高校TEL 048-966-8566

 

越谷東高校サッカー部から中学生の皆さんへ 2.docx

 

 

0

サッカー部新人戦結果

 1月18日(土)・19日(日)に、新人戦の1・2回戦が行われました。1回戦VS春日部工業○3-1・2回戦VS春日部高校●0-3で2回戦敗退となりました。

 2回戦では多くの課題が残る試合となりましたが、選手たちは強い気持ちをもって戦ってくれました。私が強く要求している「戦う姿勢」を体現してくれました。

 春日部高校はU-18Sリーグ(県リーグ)に所属しており、格上相手にどのように戦っていくのかを確認してきました。試合は予想通りボールを保持される時間が長く、厳しい時間帯が80分を通してほとんどでした。その中でも、前半を0-0で折り返せたことは収穫の一つでした。以前であれば、前半を失点0で終えようとしてもスキをつかれ失点を重ねていましたが、ギリギリのところで何本も絶え凌ぐことができていました。

 しかし、前後半を絶え凌ぎ、点をとらなければ上には行けません。U-18リーグ開幕まで時間があるので、新人戦で出た多くの課題を改善していきたいと思います。

 応援をしてくださる皆様、今節も応援をありがとうございました。U-18リーグに向けて良い準備をしていきますので、引き続き応援をよろしくお願いいたします。

 

 

0

新人戦について

 更新が遅くなってしまい大変申し訳ありません。越谷東高校サッカー部を支援・応援してくださっている皆様、明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。                       

 いよいよ明日、新人戦の1回戦が行われます。12月末に行われた4日間の川越フェスティバル、格上との練習試合、全国高校サッカー選手権大会決勝の観戦、全ては明日からのために準備をしてきました。少しでも上にいけるようチーム一丸となって戦っていきます。

今後も変わらぬ支援・応援をどうぞよろしくお願いいたします。

<令和元年度埼玉県新人大会 1回戦》

日時:1月18日 12:00kickoff

場所:三郷工業技術

相手:春日部工業

0

サッカー部蹴球伝説『167』

新人戦の組み合わせが決まりました。ご確認ください。↓↓

https://www.sfa2.jp/wp-content/uploads/2019/12/03f3f6f28c2e7fecf91b62f6f67edfe2-1.pdf

 

番狂わせを起こせるよう、良い準備をしていきます。

0

サッカー部蹴球伝説『166』

 11月23日(土)に、東部支部大会VS春日部工業が行われました。この試合を引き分け以上で、グループリーグ2位のシード枠で新人戦に臨むことができる大事な試合となりました。しかし、結果は●1-3で敗戦と、シード権を逃してしまう形になってしまいました。

 前日から降り続いていた雨でグラウンド状態が悪く、泥んこサッカーになることが予想される試合となりました。試合が始まると、予想通りパスがうまく繋がらず、お互いにロングボールを蹴りあう状況が1試合を通して続きました。敗戦の理由としては、越谷東よりも春日部工業のほうがグランド状態をうまく利用してゲームを進めることができていたことです。選手たちには日頃から、「考えてサッカーをしろ」と伝えてきました。少しずつではありますが、考えたプレー・意図のあるプレーが増えてきています。しかし、その力がまだまだ足りないと感じることができた試合にもなりました。決めつけたプレーではなく、相手や味方の状況、グランド状況、試合の流れを感じてプレーできなくてはなりません。年内の公式戦は全て終了したので、1月に行われる新人戦に向けて良い準備、「サッカー偏差値」を高められるようチーム一丸となって進んで行きたいと思います。

 いつも応援をしてくださる皆さんありがとうございます。一つでも勝てるよう努力をしていきますので、引き続き応援をよろしくお願い致します。

 

※どこでサッカーを続けようか迷っている・志望校に迷っている中学生の皆さん、是非、越谷東高校サッカー部に力を貸してください。選手たちは日々努力し、本気で県大会初出場を目指しています。共に県大会出場の目標を叶えてみませんか。少しでも興味があればサッカー部顧問 岸 までご連絡ください。共に充実した時間を過ごしてみませんか。また、1月11(土)に学校説明会がありますので、ご参加いただければと思います。
越谷東高校TEL 048-966-8566

越谷東高校サッカー部から中学生の皆さんへ 2.docx

0

サッカー部蹴球伝説『155』

 11月14日(木)に越谷市民祭VS越谷西、16日(土)にU-16VS草加東、17日(日)にU-16VS草加西の3試合を行いました。越谷西には●0-2、草加東には●0-2、草加西には●0-1と悔しい結果となってしまいました。この3試合は全て1年生の公式戦となっています。
 結果は3連敗となってしまいましたが、内容はそこまで悪いものではありませんでした。セットプレー・クリアミスから失点をしてしまいゲームが終わってしまいました。少しずつではありますが各上相手にも自分たちの時間をつくれるようになってきました。ボールを奪った後のプレーに少しずつ変化が見られ、相手の状況を見てプレーできる場面が増えてきました。今までは何も考えずボールをクリアしたり、ドリブルをしたりしていた選手たちが、考えてプレーをするようになってきました。4月から守備の部分に力を入れてきましたが、ここにきて攻撃面でも成長が見られてきました。しかし、セットプレーや自分たちのミスで失点しているようでは試合には勝てません。越谷東高校サッカー部の大きな課題が見えてきましたので、新人戦に向けて改善をしていきたいと思います。
 来週の東部大会で勝てば、シードを獲得して新人戦に挑むことができます。このチャンスを勝ち取れるよう準備していきます。引き続き応援をよろしくお願い致します。
また、U-16の試合を無事に全て終えることができました。多くの方々の応援や支えがあってからこそです。この場を借りてお礼申し上げます。今後、少しでも上のレベルに行けるよう精進していきますのでよろしくお願い致します。

次節(東部大会)
日時:11月23日(土)10:00kick off
相手:春日部工業
場所:越谷東

※どこでサッカーを続けようか迷っている・志望校に迷っている中学生の皆さん、是非、越谷東高校サッカー部に力を貸してください。選手たちは日々努力し、本気で県大会初出場を目指しています。共に県大会出場の目標を叶えてみませんか。少しでも興味があればサッカー部顧問 岸 までご連絡ください。共に充実した時間を過ごしてみませんか。また、11月24日(日)・1月11(土)に学校説明会がありますので、ご参加いただければと思います。
越谷東高校TEL 048-966-8566

越谷東高校サッカー部から中学生の皆さんへ 2.docx

0

サッカー部蹴球伝説『154』

 11月10日(日)に東部支部大会第2節VS叡明高校が行われました。越谷東高校が降格してしまったU-182部リーグ逆ブロック優勝校が相手ということもあり、新チームに代わり各上相手にどこまでやれるか楽しみな試合となりました。しかし、結果は●0-3と力の差を感じる試合内容でした。
 予想通り相手にボールを支配される時間が長く、自分たちの時間が少ない中ショートカウンター、セットプレーでチャンスを演出する形になりました。ブロックを形成し最後の最後でしのぐ形が続いていたのですが、コーナーキックから失点し0-1で前半を折り返す形になってしまいました。後半も上手くしのいでいたのですが、ちょっとしたスキをつかれ2失点をしてしまいました。ボールを支配される時間が長く、相手の時間帯が長かったのですが、選手たちは集中力を欠くことなく最後まで戦ってくれました。点差に対してあきらめることなく、コミニケーションをとり続ける姿に成長を感じました。越谷東高校が勝つためには、「謙虚に・真面目に・泥臭く」戦わなくてはなりません。少しずつではありますが力がついてきたように思います。しかしまだまだです。新人戦で勝つためにはもっと突き詰めていかなくてはなりません。ひたむきに努力をしていきます。
 次節勝利すると、グループリーグ第2シードとして新人戦に臨むことができます。このチャンスを勝ち取るために良い準備をしていきます。保護者の皆様いつも応援をありがとうございます。引き続き応援をよろしくお願い致します。

東部支部大会途中結果↓
こちらから


※どこでサッカーを続けようか迷っている・志望校に迷っている中学生の皆さん、是非、越谷東高校サッカー部に力を貸してください。選手たちは日々努力し、本気で県大会初出場を目指しています。共に県大会出場の目標を叶えてみませんか。少しでも興味があればサッカー部顧問 岸 までご連絡ください。共に充実した時間を過ごしてみませんか。また、11月24日(日)・1月11(土)に学校説明会がありますので、ご参加いただければと思います。
越谷東高校TEL 048-966-8566

 

越谷東高校サッカー部から中学生の皆さんへ 2.docx

0

サッカー蹴球伝説『153』

 11月4日(月)にサッカー東部大会VS久喜工業が行われました。結果は○1-0となんとか勝ち点3を奪取することができました。この東部大会は、1月に行われる新人戦の組み合わせをかけて戦うリーグ戦になります。
 今節は、多くの収穫がありました。1つ目は失点を0で抑えることができたことです。2年生は修学旅行から帰ってきてから中1日という日程もあり、コンディション面では万全でない状態でした。そんな状況でもコミニケーションを積極的にとりしっかりと戦い抜いた結果が無失点に繋がったと思います。
 2つ目は、U-18対象の公式戦初先発・出場の選手がピッチで躍動した姿を見せてくれたことです。その選手たちは日々の練習から高い意識をもって取り組んでくれていました。試合機会が中々巡ってこない中でも腐らずに努力を続けてくれた結果だと思います。学校生活も意識して過ごしてくれてもいました。今節の試合を見て、改めてサッカーの神様がいるんだなと感じました。また、真面目にコツコツと努力をしている選手は伸びるんだなと感じました。
 3つ目は、高い集中力を80分間維持できたことです。スタミナが落ちた時、ミスが続いた時、相手のペースの時に集中力が切れることが多かったのですが少しずつ改善されてきています。
 少しずつではありますが、チーム全体が良い方向に向いてきています。次節は東部大会の中では一番の山になるVS叡明高校になります。私たちが降格してしまったU-182部リーグ逆ブロックの優勝校になります。新チームになりどこまで通用するのかがとても楽しみな試合になります。良い準備をして迎えられるようにしたいと思います。引き続き応援をよろしくお願いいたします。

今後の日程(東部大会)
・11月 9日(土)VS叡明高校   12:00 kick off @三郷工業技術高校
・11月23日(土)VS春日部工業  10:00 kick off @越谷東高校

※どこでサッカーを続けようか迷っている・志望校に迷っている中学生の皆さん、是非、越谷東高校サッカー部に力を貸してください。選手たちは日々努力し、本気で県大会初出場を目指しています。共に県大会出場の目標を叶えてみませんか。少しでも興味があればサッカー部顧問 岸 までご連絡ください。共に充実した時間を過ごしてみませんか。また、11月24日(日)・1月11(土)に学校説明会がありますので、ご参加いただければと思います。
越谷東高校TEL 048-966-8566

 

越谷東高校サッカー部から中学生の皆さんへ 2.docx

0

サッカー部蹴球伝説『152』

 10月27日(日)にU-16VS春日部共栄が行われました。結果○1-0勝利と各上相手から勝ち点3を奪うことができました。70分を通して見ると相手にボールを保持される時間も長く、チャンスを作られる場面が多い試合でした。しかし、最後の最後で体を張り無失点に抑え、終盤にセットプレーで得点し勝利することができました。私が1番好きな試合展開をしてくれたこと、各場面で選手たちの成長を大きく感じた試合でした。現時点では、技術で劣る場面が数多く見受けられます。しかし、選手たちは「真面目に」「謙虚に」「愚直に」取り組んでくれたことで今回の結果を勝ち取ったのです。強いチームが勝つのではなく勝ったチームが強いのです。私はこの要素に高校サッカーの魅力を感じています。どのチームにも大きく可能性があるのです。
 チームの一つの目標として、1月の半ばに行われる「新人戦」でどれだけ戦えるのか、そこまでにどれだけ力を伸ばせるのかを問い続けています。チーム・個人に対しても厳し取り組んでいきます。越谷東高校の伸びしろを楽しみにしていただければと思います。
 今節も越谷東高校サッカー部の応援をしていただきありがとうございました。今後も、妥協することなく精進していきます。雨天延期になったU-16の試合が2試合ありますので、日程が決まり次第ご連絡させていただきます。

0

サッカー部蹴球伝説『151』

 10月20日(日)に、U-16VS越ヶ谷高校が行われました。結果は●1-2と敗戦となってしまいました。U-18が終わり、チームとして同じベクトルを向いて行こうとチーム全体で確認をしてきました。ピッチの中では、選手たちは多くのコミュニケーションをとり、練習で行ってきたことを意識して取り組んでくれている選手が多いように感じます。4月に比べると、個人としてもチームとしても非常に伸びを感じています。しかし、ピッチ外の部分では、まだまだ「スキ」がある選手が多いのが現状です。やはりそういう部分が相手に「スキ」をあたえてしまい失点や敗戦に繋がっていくのです。学校生活や日常生活は全てピッチに現れます。越谷東高校サッカー部が「県大会出場」を達成するにはピッチ外にもこだわっていかなくてはなりません。勝負は細部に宿るのです。
 ラグビー日本代表のように、多くの人に感動を与えられるようなチームを全員で目指していきたいと思います。引き続き応援をよろしくお願い致します。

U-16のHPになります。よろしければご確認ください。
https://www.sfa2.jp/7725/

 次節 Uー16
日時:10月22日(火)11:30kickoff
場所:宮代高校
相手:草加西高校

0

サッカー部蹴球伝説『150』

 更新が遅くなってしまい申し訳ありません。
 10月6日(日)に、U-18最終節(VS春日部共栄)・U-16第4節(VS宮代)が行われました。Uー18は●1-2の敗戦、U-16は△1-1の引き分けとなりました。
 U-18は最終節ということもあり、保護者、バスケットボール部、3年生の生徒を中心に30名弱の方々が応援に懸けつけてくださいました。この場をかりてお礼申し上げます。選手たちは最高の環境でサッカーをすることができました。選手たちには、「こんな素晴らしい環境でサッカーができることは当たり前ではない、感謝の気持ちを忘れるな」と伝えました。多くの方の支え、応援があったからこそ今のサッカー部があるのです。選手たちには、多くの人に支えられていることを忘れないでいてほしいと思います。また、選手権が終わったのにもかかわらず、リーグ戦最終節まで残ってくれた3年生にも感謝しています。後輩たちに、ピッチで多くのことを伝えてくれました。この先多くの事が待ち受けていると思いますが、越谷東高校サッカー部で学んだことを活かし、歩み続けていってほしいと思います。
 最終節を終え、8チーム中8位という結果に終わりました。来年は東部支部SE3リーグへの降格が決まりました。この結果を真摯に受け止め、チーム全体で精進していきます。
 保護者の皆様、1年間本当にありがとうございました。保護者の皆様のご理解、ご協力があったからこそUー18を無事に終えることができました。重ねてお礼申し上げます。今後も公式戦は続いていきます。チーム一丸となって前へ進んでいきますので応援を引き続きよろしくお願い致します。

以下のリンクから順位表ご覧ください。
https://www.sfa2.jp/wp-content/uploads/2019/10/u18_e2a.pdf

 U-16は2戦続いて良い戦いができています。1年生も少しずつではありますが確実に前進しています。勝負は細部にやどります。今後も多くのことにこだわっていきます。U-16も引き続き応援をよろしくお願い致します。

次節:U-16第5節
日時:10月13日(日)13:00kickoff
場所:越谷東高校
相手:草加東
0

サッカー部蹴球伝説『149』

 9月28日(土)にU-16第3節VS羽生第一。9月29日(日)にU-18第13節VS春日部東Bが行われました。U-16は○1-0で勝利。U-18は△2-2の引き分けとなりました。
 今節は、両試合ともいつも以上に強い気持ちを持って試合に臨んでくれ、ピッチ上でも気持ちの入ったプレーが随所で見られるとても良い試合になりました。ここ最近の練習のテーマとして「勝負どころを抑える」をあげています。少しずつではありますが、理解しようとしようとしている選手が増えてきているように感じます。いつも選手には伝えているのですが、「技術」はとても良いものを持っている選手が多くいます。上を目指せるチームだとも思っています。今節は「勝負どころ」をしっかりと意識できた結果だと思います。各上相手でも勝ち点を取れるチームなのです。
 もう一つチームとして収穫がありました。今節のU-18のスタメンの選手の半分以上は、公式戦初出場、初先発、普段出場機会のチャンスが少ない選手が半分を占めていました。練習の状態を見て、私は自信を持ってピッチに送り出したのですが、その選手たちが非常に良い仕事をしてくれました。出場機会がなかなかなく色々な思いもあったのではないかなと思うのですが、腐らずに練習に取り組んでくれていた結果です。今節の試合を見て、スタメンの機会が多い選手が危機感を感じている姿が見られました。チームとして非常に良い傾向です。強いチームになるためにはチーム内での競争が必要不可欠です。私は、コンディションが良い選手、その週の練習での様子を見てメンバーを決めています。誰にでもスタメンの扉は開かれているのです。選手たちはモチベーションを高く持って取り組んでもらいたいと思います。
 保護者の皆様、今節も応援をありがとうございました。チームとして良い方向に向かってきている途中です。引き継き応援をよろしくお願い致します。

U-16第4節
日時:10月6日(日)14:00kickoff
場所:越谷東
相手:宮代

U-18最終節
日時:10月6日(日)10:00kickoff
場所:越谷東
相手:春日部共栄
0

サッカー部蹴球伝説『148』

 9月22日(日)に、U-18第12節VS三郷北Bが行われました。今節も非常に良い戦いをしてくれたのですが●0-2と悔しい敗戦となってなってしまいました。
 内容は今節も悪くなかったと思います。コーナーキックから2失点で敗戦です。悔しいですがこれがサッカーです。ある学校の先生に、「越谷東は技術もあって非常に良いチームなんだけど、毎試合もったいないよね」というありがたいお言葉をいただきました。私自身もそう思っています。今までの多くの失点がセットプレー、こぼれ球、連続失点、ロスタイムに失点です。相手チームに崩される場面は少ないのです。しかし、この点を改善するの簡単そうで非常に難しいのです。時間はかかるかもしれませんが、勝負所をしっかりと抑えられるようにならなくてはいけません。良いチームは勝負所をしっかりと抑え、安定した守備を体現してきます。チーム全体が次のレベルに進めるよう日々、精進していきたいと思います。
 保護者の皆様、今節も応援ありがとうございました。良い試合が続いている中で勝利をお届けできず非常に責任を感じております。残り2節となってしまいましたが、勝利をお届けできるよう頑張りますので引き続き応援をよろしくお願い致します。

次節 U-18
日時:9月29日(日)10:00kickoff
場所:春日部東
相手:春日部東B
0

サッカー部蹴球伝説『147』

 9月15日(日)にU-18リーグ第11節VS不動岡が行われました。前半に先制するも●1-3の敗戦となりました。
 結果は敗戦となってしまいましたが、選手たちはよく戦ってくれました。また、多くの収穫があった試合となりました。前節の敗戦を受け、今週は『守備』をメインに練習をしてきました。正しいポジションから守備をする、スライド、ボールの取りどころ、コーチングなど多くのことを確認しました。3失点こそしましたが、相手に崩されることも少なく、80分間集中してプレーすることができていました。失点を振り返ると、セットプレーのこぼれ球で2失点をしてしまいました。以前に比べ、流れの中での失点、セットプレーから直接の失点などは減ってきました。守備面で次のステージに進む時がきたのではないかなと思います。引き分けでも勝ち点はもらえます。勝ち点を奪うための勝負所を抑えなくてはなりません。ヘディング、球際、セカンドボール、クリアの質等を突き詰めていかなくてはなりません。少しずつではありますがチームは前進してきています。チーム一丸となって前向きに取り組んで行きたいと思います。
 保護者の皆様、今節も応援をありがとうございました。結果は敗戦となってしまいました、いつも以上に見ごたえのある試合をお見せできたのではないかなと思います。毎週試合ができているのも保護者の皆様のご理解・ご協力があってこそです。改めて感謝申し上げます。リーグ戦も残り3節となりました。引き続き応援をよろしくお願い致します。

次節 U-18 第12節
日時:9月22日(日)10:00kickoff
相手:三郷北B
場所:越谷東

※雨天の為、9月16日(月)に予定されていたU-16第3節は延期になりました。詳細等は後日お知らせさせていただきます。
0

サッカー部蹴球伝説『146』

 9月8日(日)に、U-18第10節VS八潮高校が行われました。結果は●0-6の敗戦。選手権県大出場校との力の差を感じた試合となりました。
 毎試合そうですが、相手チームに崩され失点する場面は少なく、ほとんどの失点は自分たちのミスからによるものです。もったいない失点が多いのが現状です。なかなか勝ち点を奪えない状況ですが、選手たちには自信を失わずにプレーしてほしいと思います。
 保護者の皆様、今節も応援ありがとうございました。残り4節となりましたが残留に向けチーム一丸となって戦っていきます。引き続き応援よろしくお願い致します。

次節
日時:9月15日(日)12:00 kick off
場所:八潮高校
相手:不動岡
0

サッカー部蹴球伝説『145』

 9月1日(日)に羽生第一高校にて、U-16リーグ第2節(VS栗橋北彩)が行われました。結果は●1-7で敗戦と悔しい結果となりました。U-16では、開幕戦・第2節と大敗が続いています。選手たちには話しましたが、現在の私たちの力はこんなものなのです。学校生活、日常生活、練習に取り組む態度など多くのことを変えていかなければ到底追いつけない力の差だと思います。前半を折り返し0-5というスコアでした。ハーフタイムに私の思いを伝え、切り替えてプレーをしようとピッチに送り出したところ、後半は1-2というスコアでした。後半は見違えるようなチームになり、私が伝えたことをピッチで体現しようとしてくれた選手が多く見られました。しかし、後半のようなプレーを70分間続けるには他校の生徒より2・3倍は努力しなければなりません。すぐに追いつくことは難しいでしょう。1年後、2年後が勝負です。越谷東高校サッカー部の1年生ならきっとやってくれるでしょう。U-16はまだまだ続きます。1戦1戦成長していけるようチーム一丸となって取り組んでいきます。引き続き応援をよろしくお願い致します。

次節
U-16 第3節
日時:9月16日(日)15:30kickoff
場所:草加東高校
相手:越谷高校
0

サッカー部蹴球伝説『144』 全国高等学校サッカー選手権大会 結果

 8月18日(日)に、第98回全国高等学校サッカー選手権大会 埼玉県1次予選1回戦(VS越谷北高校)が行われました。3年生にとっては、今までの集大成となる大会です。3年生を中心によく戦ってくれましたが、結果は●0-4の敗戦となってしまいました。選手たちは本当によく戦ってくれました。全てはチームを勝利に導けなかった監督である私の責任です。特に3年生には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
 最後の大会に挑むにあたり、3年生は色々な思いが込み上げてきていたのではないかと思います。越谷東高校サッカー部に入部してから多くの出来事があったでしょう。悩み・不安・葛藤などがあるなかで、サッカー部を3年間続けてきたことは必ず今後の人生の糧になります。1つのサッカーボールを仲間と追い続け、同じ目標に向かって努力をしてきたことは間違いなく自分の強みになっています。また、入部当時の自分に比べて大きく成長しているはずです。試合終了後、選手たちには伝えましたが、今回の負けを「悔しい」だけで終わらせてほしくはないと思います。この負けから何を得るのか、そして今後の人生にどう活かしていくのかが大切です。越谷東高校サッカー部の選手たちならできるはずです。もっともっと1人の人間として大きく成長していってほしいと思います。
 最後に、「感謝の気持ち」をいつまでも忘れずにいてください。越谷東高校に入学できたこと、サッカー部を3年間続けてこれたこと、今こうして自分がいられることには多くの人の支えがあったからです。私の好きな言葉に「見えない所を見よう」という言葉があります。今こうしていられる理由をじっくりと考えてみてください。自然と、家族、先生、友人、応援してくれた人たちに「ありがとう」と言いたくなるはずです。たったひと言でよいのです。「ありがとう」と伝えてください。君たちの見えない所で、君たちのために多くのことをしてくれていました。いつまでたっても「感謝の気持ち」を忘れずにいてください。
 保護者の皆様、応援をしてくださった皆様、本当にありがとうございました。皆様のおかげで選手権を無事に迎えることができました。重ねて感謝申し上げます。選手権は終わってしまいましたがここからが新たなスタートです。1人の人間として、越谷東高校サッカー部としてさらに成長できるよう今後もさらに精進していきます。引き続き応援をよろしくお願い致します。
0

サッカー部蹴球伝説『143』


https://www.sfa2.jp/wp-content/uploads/2019/08/8603d14c9aa63a1f4491f8dec4b1bd66.pdf

全国高校サッカー選手権大会埼玉予選1次予選の日程が決まりました。県大会出場を目標に良い準備をしていきます。応援をよろしくお願い致します。

日時:8月18日(日)  9:30~kickoff
場所:越谷北高校
相手:越谷北高校


※中学生・保護者のみなさまへ※
8月の予定が変更になりました。
サッカー部は夏休み随時練習見学・参加を受け付けております。
下記の予定を見ていただきお越しいただければと思います。
練習予定は変更になることがございます。
お越しの際は サッカー部顧問 岸 までご連絡いただければ
対応させていただきますのでお気軽にお問い合わせください【TEL 048-966-8566】
www.koshigayahigashi-h.spec.ed.jp.docx
0

サッカー蹴球伝説『142』

 8月2~4日の2泊3日で、全国高校サッカー選手権大会1次予選に向け心技体の強化を目標に校内合宿を行いました。3日間とも午前中には練習試合、午後にはトレーニング、ビデオミィーングを行いました。3日間サッカー漬けの生活を過ごす中で、選手たちはそれぞれ何かを感じとってくれました。最近、選手たちには常々話していることがあります。それは、「サッカー偏差値」についてです。技術、体力、頑張ること等はもちろん大切なことですが、県大会に出場するためには、この「サッカー偏差値」をあげていかなければなりません。80分間冷静にプレーできるか、試合の流れを読めるか、相手の状況によって判断を変えることができるかなどが勝敗を分ける大きな要素になってきます。選手たちには、サッカーの試合や得点シーンを多く見て様々なことを感じとってほしいと思います。
 選手権に向け残り2週間となりました。目標でもある県大会出場に向けて良い準備をしていきます。選手権の詳細が決まりましたら後日お知らせしたいと思います。引き続き応援をよろしくお願い致します。
0

サッカー部蹴球伝説『141 夏休みの予定』


※中学生・保護者のみなさまへ※
サッカー部は夏休み随時練習見学・参加を受け付けております。
下記の予定を見ていただきお越しいただければと思います。
練習予定は変更になることがございます。
お越しの際は サッカー部顧問 岸 までご連絡いただければ
対応させていただきますのでお気軽にお問い合わせください【TEL 048-966-8566】

越谷東高校サッカー部から中学生の皆さんへ.docx
サッカー部 夏休み 予定.docx
0

サッカー部蹴球伝説『140』

 7月13日(土)にU-18SE2Aリーグ第9節が行われました。今節も会場に足を運んでくださった保護者の皆様、本当にありがとうございました。
 相手はインターハイで県大会に出場した各上の相手でしたが、2-1でなんとか勝利することができました。選手たちは本当に良く戦ってくれました。私たちの課題であった流れの悪い時間帯を耐えること、集中力を切らさないことなど、精神面の部分での成長が大きく見られた試合でした。私は選手たちに「上手い集団から強い集団になろう」と口酸っぱく言ってきました。それを選手たちはよく理解しピッチで体現してくれました。
 そして、もうひとつ私にとって嬉しいことがありました。U-18後に行われた練習試合でのことです。前半開早々に失点し、一時は3点差まで点差が開いてしまったのですが、後半ラストプレーで追いつき4-4の引き分けまで持ち込んだのです。U-18に出られず今節は控えに回った選手たちも私が普段から口にしていることをピッチで体現してくれました。
 残留争いは続き、厳しい状況に変わりはありませんが少しづつチームは良い方向に向かってきています。もっともっと強い集団になっていけるようチーム一丸となって準備を続けていきます。リーグは中断期間に入りますが引き続き応援をよろしくお願い致します。

U-18 第10節
日時:9月8日(日)12:00kickoff
場所:春日部共栄
相手:八潮
0

サッカー部蹴球伝説『139』

 6月22日(土)にU-18SE2Aリーグ第8節が行われました。今節も会場に足を運んでくださった保護者の皆様、本当にありがとうございました。
 今節も負けられない戦いでしたが、2-4の敗戦となってしまいました。内容は悪くなかっと思います。技術の部分でも通用はしていました。しかし、セットプレーでの3失点が重くのしかかってしまいました。冷静にプレーをすること。集中力を切らさないこと。半歩でも多く足を出すこと。流れの良い時間帯をものにすること。流れが悪い時間帯を耐えること。このような要素が勝ち点を拾っていくためには大きく必要になってきます。残り6節です。一致団結して勝ち点を取りに行きます。引き続き応援をよろしくお願い致します。

U-18 第9節
日時:7月13日(土)12:00kick off
場所:八潮高校
相手:久喜北陽
0

サッカー部蹴球伝説『138』

 6月16日(日)にU-18SE2Aリーグ第7節が行われました。今節も会場に足を運んでくださった保護者の皆様、本当にありがとうございました。
 今節も降格圏争い同士の負けられない戦いでしたが、惜しくも0-1の敗戦となってしまいました。前期が終わり、越谷東高校サッカー部は現在最下位です。次節からは後期が始まります。選手には話ましたが、何かを得るためには何かを犠牲にしなければなりません。勝利を得るためには何かを変えなければならないのです。私自身も選手同様変わらなければいけないのかもしれません。1つでも上を目指して勝ち点を積み上げていきたいと思います。引き続き応援をよろしくお願い致します。

U-18 第8節
日時:6月22日(土) 10:00 kick off
場所:越谷東高校
相手:庄和高校
0

サッカー部蹴球伝説『137』

 6月8日(土)に株式会社アスレ様を本校に招き、トレーニング指導を行いました。全国各地の強豪校のトレーニング指導を行っているということもあり、生徒たちは真剣に取り組んでくれました。自己の身体チェック、体幹トレーニング、器具を使用した筋力トレーニング、栄養等について指導をいただきました。
 サッカーをプレーするにあたって、90分戦える体つくりは絶対に必要なことです。90分走りきれなければ試合にはなりません。選手たちには伝えましたが、何事も日々の積み重ねが大切です。
最後の大舞台、全国高校サッカー選手権大会まで残り2か月です。ここから選手たちがどこまで成長できるかに期待したいと思います。
0

体育祭の様子

 更新が遅くなってしまい申し訳ありません。
 先日行われた体育祭で、サッカー部が見事、部活動対抗リレーで優勝することができました。
また、男子クラス対抗リレー決勝では、教員チームが息の合ったバトンワークを見せ、
見事2連覇を達成することができました!熱い声援ありがとうございました。

0

サッカー部蹴球伝説136『U18第6節』

 6月2日(日)にU-18SE2Aリーグ第6節が行われました。今節も会場に足を運んでくださった保護者の皆様、本当にありがとうございました。
 降格圏争い同士の負けられない戦いでしたが、惜しくも1-2の敗戦となってしまいました。しかし、今節の戦いは次に繋がる良い試合を選手たちは見せてくれました。試合終了の笛が鳴ると同時に崩れ落ちる選手、涙を流す選手、悔しさを隠しきれない選手など、私以上に悔しさを感じている選手が多く見られました。先制するも自分たちのミスから2失点。2失点は後半ロスタイムでの失点。私自身サッカーの難しさを改めて感じた試合になりました。選手たちは私の考えをよく理解し、気持ちの入ったプレーを数多く見せてくれました。敗戦は私の責任です。
 次節も絶対に負けられない試合になるので、良い準備をしていきます。引き続き応援をよろしくお願い致します。

U-18 第7節
日時:6月16日(日)10:00 kick off
場所:越谷東高校
相手:春日部共栄高校

短期目標:県大会出場
中期目標:県ベスト16
長期目標:全国大会出場
0

サッカー部蹴球伝説135『U18第5節』

 5月26日(日)にU-18SE2Aリーグの第5節が行われました。アウェーにもかかわらず、会場に足を運んでくださった保護者の皆様、本当にありがとうございました。
 今節こそ勝ち点3をと意気込んで臨んだ試合でしたが、0-2で敗戦となりました。開始15秒での失点がこの試合を決めてしまったと思います。ミーティングで選手たちには伝えましたが、スタメンで試合に出る11人の選手は多くの人の思いや責任を持ってプレーをしてほしいものです。試合に出られずベンチにいる者、メンバーに入れなかった者、怪我でプレーができない者、ピッチに立つことはできないがサポートをしてくれるマネージャー、保護者の方々をはじめ応援・サポートをしてくれている人、15秒での失点は準備不足以外の何物でもないです。失点後には、良いプレーも多く見られましたが、最初の失点が響き敗戦となってしまいました。選手たちは、この経験を糧にして次に進んでもらいたいです。
 選手たちには、ミーティングでもうひとつ伝えました。新年度が始まり2カ月が経とうとしていますが、少しずつ差が開いてきているように感じます。一つひとつの練習にこだわっている選手、適当に練習をこなしている選手、技術や戦術理解、試合でのプレーに差がでてきました。私自身、改めて練習の大切さを感じました。やはり、練習(準備)が全てです。もっと言うと、試合の結果は練習の取り組み方で決まってしまうのです。
 最近読んだ本の中に、「人間的成長なしに競技力の向上なし」という言葉がありました。この言葉が全てだと思います。もう一度自分たちを見つめ直し、精進して行きます。引き続き応援をよろしくお願い致します。

U-18 第6節
日時:6月2日(日)14:00kickoff
場所:春日部共栄高校
相手:三郷北B

短期目標:県大会出場
中期目標:県ベスト16
長期目標:全国大会出場
0

サッカー部 蹴球伝説134『お知らせ』

   中間考査も終わり、火曜日から練習が再開しました。
   今週末に行われるU18に向けて良い準備をしていきます。
   5月26日(日)に行われるU18の日程が変更になったのでお知らせさせていただきます。

第5節
日時:令和元年5月26日(日)10:00kickoff
場所:春日部共栄高校
相手:春日部東B

短期目標:県大会出場
 中期目標:県ベスト16
  長期目標:全国大会出場
0

サッカー部 蹴球伝説133 『U18第4節』

 5月12日(日)にUー18SE2Aリーグの第4節がありました。まず始めに、ホームゲームというもあり会場に足を運んでくださった保護者の皆様、越谷東サッカー部を応援してくださっている皆様、本当にありがとうございました。また、男女バスケットボール部も応援に駆けつけてくれました。この場を借りてお礼申し上げます。応援にも背中を押され、素晴らしい環境の中でプレーすることができました。
 インターハイの敗戦から気持ちを切り替え臨んだ1戦でしたが、1-4で敗戦となってしまいました。しかし、選手たちはピッチで勇敢に戦ってくれました。通用した部分もあり大きな収穫を得た試合にもなりました。選手には口を酸っぱくして伝えていますが、小さな所に勝負は宿るのです。後1歩体を寄せていれば、後数メートル走っていれば、集中していれば、などの細かい所が原因で連敗が続いています。勝利まで後1歩の所までは来ているのです。しかし、この1歩を埋めるには勇気と覚悟が必要になります。ひとまずリーグ戦は1週空くので、次の試合に向けて良い準備をしていきます。

第5節
 日時:令和元年5月26日(日)12:00kickoff
 場所:久喜北陽高校
 相手:春日部東B
0

サッカー部 蹴球伝説132 『インターハイ予選』

 5月3日(金)・5日(日)にインターハイ予選の2回戦(VS春日部工業)・3回戦(VS獨協埼玉)が行われました。我々の目標の1つでもある県大会出場を胸に挑みました。
 3日に行われた2回戦では、初戦ということ、気温が高いということもあり難しい試合になりましたが、○3-0で勝利することができました。
 5日に行われた県大会出場をかけた3回戦では、圧倒的な力の差を見せつけられ●0-5で敗戦してしまいました。U18リーグの1部のチームと戦うこと、県大会出場という目標を達成するためには、克服しなければならない課題がたくさんあることを改めて思い知らされた試合になりました。顧問・選手共に非常に悔しい思いをしました。
 しかし、我々に下を向いている時間はありません。この悔しさを胸に日々の練習に取り組まなければなりません。チームでも再確認をしましたが、「越東旋風」を起こせるよう次の準備をしていきます。
 GWのお忙し中、グランドに足を運んでいただき応援してくれた皆様本当にありがとうございました。チーム一丸となって精進していきますので引き続き応援をよろしくお願い致します。

次節
 U18 第4節
  日時:令和元年 5月12日(日) 10:00kick off
  場所:越谷東高校グラウンド
  相手:八潮高校
0

サッカー部 蹴球伝説131 『U18第3節』

 4月21日(日)にU-18SE2Aリーグの第3節がありました。開幕2連敗ということもあり、なんとしてでも勝ち点3が欲しい試合でした。結果は○3-2の勝利。選手たちは強い気持ちを持ってピッチで戦ってくれました。また、応援してくださる皆様に初勝利をお届けすることもできました。試合終了後、ある保護者の方に、「感動しました」とありがたいお言葉を頂きました。応援してくださる皆様に1試合でも多く越東らしいサッカーをお見せできればと思います。ぜひ1度グランドに足を運んでいただければと思います。リーグ戦はまだ続くので次の試合も勝てるよう良い準備をしていきます。引き続き応援をよろしくお願い致します。

第4節
 日時:平成31年5月12日(日)10:00kick off
  場所:越谷東高校
 相手:八潮高校
0

サッカー部蹴球伝説その130「U18 第2節」

 4月14日(日)にU-18SE2Aリーグの第2節が行われました。相手は久喜北陽高校でした。結果は●1-2の敗戦。開幕2連敗と苦しいスタートになりました。しかし、選手たちは毎試合点を取り、ハードワークをピッチで体現してくれています。越東らしい粘り強いサッカーはできています。次は、どう失点を減らしていくのかを考えなくてはなりません。失点をする時は自分たちに甘さやスキがある時です。ミーティングでも伝えましたが、本当にこの試合に対する準備はできていたのか。日々の練習から100%で取り組めているのか。学校・日常生活をしっかり過ごせているのか。などを確認しました。まだ14試合の中の2試合が終わっただけです。試合は続くので良い準備をしていきます。

第3節
 日時:平成31年4月21日(日)12:00kick off
 場所:春日部共栄
 相手:不動岡
0

サッカー部 蹴球伝説その129『U18開幕戦』

 4月7日(日)にUー18SE2Aリーグの開幕戦がありました。相手は以前敗北している庄和高校でした。結果は●3-4の敗戦。先制するもセットプレーから3失点、後半ロスタイムに失点と悔しい結果になりました。以前、0-2で敗戦した相手に互角の戦いができたことは前進している証拠であると思います。しかし、結果が全て。セットプレー・後半ロスタイムの失点は自分たちの甘さであります。長いリーグ戦の1つを落としただけなので、次の試合に向けて良い準備をしていきます。応援してくださった皆様ありがとうございました。次節こそ勝利をお届けしたいと思いますので引き続き応援をよろしくお願い致します。

第2節
 日時:平成30年4月14日(日)12:00kick off
 場所:久喜北陽
 相手:久喜北陽
0

サッカー部 蹴球伝説その128『練習試合(7)』

 ご愛読頂きました皆様、4月より行われた復旧作業が終わり、更新を再開できることになりました。引き続きサッカー部の情報をお伝えできればと思いますので、これまで同様に越谷東高校サッカー部をどうぞ宜しくお願い致します。
 4月3日(水)に草加西高校と練習試合を行いました。40分を2本、30分を2本行いました。1試合目は5-0で勝ち、2試合目は3ー0で勝つことができました。春休みに入り、今まで積み重ねてきたものに加え、攻守の切り替え(ボールを奪われた後の4秒間)、縦に早い攻撃を意識しながら日々トレーニングに取り組んでいます。新しいことに挑戦を始めた段階ですが、1人1人が様々なことを「意識」しながら取り組んでいます。選手には常に伝えていますが、技術はすぐに上達しませんが、「意識」はすぐに変えることができます。「意識」1つでチームが良くなったりサッカーが上手くなったりします。そこがサッカーの面白さだと思います。
 4月7日(日)には、U-18の開幕戦を控えています。挑戦者の気持ちを忘れず全力で戦います。

U-18E2Aリーグ 開幕戦
日時:4月7日(日)10:00kick off
場所:庄和高校
0

サッカー部 蹴球伝説 一時閉鎖の知らせ

 
 長い間、ご愛読頂きました皆さん、今日まで応援して頂き、どうもありがとうございました。4月よりシステムエラーの復旧作業が開始されるため、暫くの間こちらの日誌を閉鎖する事となりました。復旧の目途は立っておりません。
 私はできるだけ多くの皆さんに、越谷東高校サッカー部の活動模様を知って頂きたいという一心で今日まで書いてきました。良い面も悪い面も含め、ありのままに書いてきたつもりです。中には、ここのHPを読んで本校の受験を考えてくれたという中学生もいました。私個人としましては、大変に嬉しい事です。
 4年ほど前から始めたこの日誌も130ページ近くまでに至りました。まとまりのない拙い文章にこれまでお付き合い頂き、大変ありがとうございました。今後も、これまで同様に越谷東高校サッカー部をどうぞ宜しくお願い致します。
顧  問
0

サッカー部 蹴球伝説その127 『 試合練習(6) 』

 3月28日(木)八潮南高校と試合練習を行いました。30分を4本行いました。八潮南高校とは年末にも試合を行いましたが、あれから3ヶ月が経ち、互いにどのくらい成長したのかを楽しみにしていました。1試合目は、5(4-0)(1-0)0で勝ち、2試合目は、2(0-0)(2-0)0で勝つことが出来ました。ここ最近は、上位リーグのチームとの対戦ばかりでしたが今日は同リーグとの対戦という事で、いつよりも落ち着いてプレーすることが出来ていた様に思います。ただ、3本目に関しては、いまいちピリッとせず、その点だけを指摘しました。1年生が主体のメンバーでしたので、やはりどんな時でもベストを尽くす事はまだまだ1年生には難しい様でした。その証に4本目は、見間違えるほどに、切替の速さ、球際・競合いの厳しさ、寄せのスピード、3人目の関わり、勢い、迫力、声の数、のびのびとした思い切りのあるプレーが増えていました。
 新人戦から2カ月を経て、様々な事に取り組んで来ました。2部で戦うためのスピード・パワー強化のための週2日の筋力トレーニングとフィジカルトレーニング、映像で模範となるシーンを見て全員でイメージを共有する事、ボールのない所からの関わり方や具体的なポジション、戦術的なボールの動かし方と役割など、4月7日に向けてやってきました。これまでの練習スタイルも一新しました。偶然かもしれませんが、春休みに入ってからの試合では、改善すべき部分も当然ありましたが私には『以前よりも成長した部分』の方がはるかに多く見られました。他のチームよりも時間はかかりますし、忘れてしまうのはあっという間ですが、今は少し力がついて来ているのだと確信しています。
 いよいよ4月に突入し、2019シーズンのリーグが開幕します。『2部残留』を目標に掲げ、一戦一戦ベストを尽くしていきたいと思います。
顧  問
0

サッカー部 蹴球伝説その126 『 試合練習(5) 』

 3月26日(火)本校にて草加高校と40分3本の試合練習を行いました。草加高校も昨年は東部2部に所属をしていたチームで、草加東高校や花咲徳栄高校同様に私たちにとっては格上の学校です。最初の2本は、ベストのメンバーで挑み2(1-0)(1-1)1で勝利しました。3本目は1―2で敗れました。前試合の徳栄高校との試合もそうでしたが、この試合でもこれまで彼らの弱さであった部分が少しづつ克服されているような気がしました。新人戦からまだわずか2カ月ですが、間違いなく1月の彼らよりも着実に前に進んでいると思わざるを得ません。なぜならこれまでの彼らなら、失点後に立ち直る事が出来ずにそのまま複数失点を許してしまったり、苦しい時間帯や押し込まれる様な場面では耐え凌ぐ事が出来ない試合が多かったはずです。自分達の凡ミスから流れを悪くし、気持ちを最後まで強く保てずに試合を壊してしまう事も少なくありませんでした。得点場面も、試合の立ち上がりや終了間際、また失点された直後に獲り返すという事はほとんど見られませんでした。よく振り返ると、特にここ最近の練習ではウォーミングアップでも全体が足並みを揃え、よく声が出る様になってきました。当たり前の事なのですが、彼らにはそうした事でさえも苦手でした。リーグ戦開幕まで2週間を切った今、とても良い雰囲気でここまでやって来られたように思います。開幕までの間にあと2試合の試合練習を予定していますが、彼らの力が「本物」なのか、それとも対戦校の相手が引き出してくれた物「可能性」なのか、その点をしっかりと見極めていきたいと思います。
 また、春休みに入り新入生も早速参加をしてくれています。この日の試合にも3本目でしたが出場し、現1年生と遜色ない活躍を見せてくれました。これから他にもどんな新入生が入ってきてくれるのか部員、顧問共々ワクワクしています(中には不安を抱えている部員もいますが)。
顧  問
0

サッカー部 蹴球伝説その125 『 卒業生送別試合 』

 3月23日(土)本校Gにて卒業生9人の送別試合を行いました。2人が欠席、1人が別の用事で少し遅れて来るという事で最初は6人でしたが1年前の卒業生も3人が駆けつけてくれて合計9人。在校生のGKと顧問の私を加えて11人がようやく集まりました!
 試合形式は卒業生の体力に合わせて30分を4本行いました。①卒業生vs1年生:2-0②卒業生vsBESTメンバー:0-1③卒業生vsBESTメンバー:1-1④卒業生vs1年生:0-5という形で合計スコア3-7で在校生の勝利で幕を閉じました。4本目については、主審が時計を見忘れていたのか時計が故障していたのか、それともストップウォッチを押し忘れていたのか…気付けば30分のはずが50分間やっていました(笑)それでも、卒業生も1年生も最後まで走り抜いていました。スコアこそ開きましたがお互いに一進一退の攻防を広げ4本目とは思えないような気迫がどちらのチームからも溢れ出ていました。入学して1年が経ち、1年生も逞しくなってきているようです。結局、私の方も所々卒業生チームで出場することになり、終わってみれば合計95分間試合に出さされていました。どうりで両大腿四頭筋が痙攣するはずです…。長谷部誠選手たちは本当に凄いと思います。。。
 最後に今日参加した皆で集合写真を撮りました。赤色のユニフォームが卒業生で緑色のユニフォームが在校生です。卒業生の中には己の限界値を超えた事により念願の「スーパーサイヤ人」になれた者もいました。別れ際に卒業生から素敵なプレゼントを頂きました。トレーニングウェアの上下セットでした。その贈り物に袖を通し、また4月からも私自身気を引き締めて頑張れそうだと思えました。卒業生の皆ありがとう。大切に使わせてもらいます。
顧  問

【試合後に撮影した集合写真】合計140分間、試合を行った35期卒業生達と34期卒業生3人
0

サッカー部 蹴球伝説その124 『 試合練習(4) 』

 3月21日春分の日に花咲徳栄高校で試合練習を行ってもらいました。花咲徳栄高校とは東部地区の新人戦で対戦し0-6で敗れています。あれから2カ月が経過し、自分達がどのくらい成長しているのかを試すために胸をお借りしました。相手のメンバーは新人戦とは異なりBチームでしたが、それでも私達よりも一人一人の技術は勿論高く、身体つきもひとまわり以上大柄な選手ばかりでした。1試合目は、2(2-0)(0-0)0で勝つことが出来ました。2試合目は、1(1-3)(0-0)3で敗れました。
 正直、Bチームが相手でも新人戦同様になかなか難しい試合になると思っていました。ですが、この2ヵ月間、個々のベースアップとして取り組んで来た身体作りの成果が少しずつ現れ、球際の場面でもタフに闘えている事が多くなっていました。また、練習で取り組んで来た攻撃の形も良い流れが作れていた事が沢山見られていました。2試合目は、敗れてはしまいましたが1年生の成長が伺える場面が多く見られるようになりました。
 私がこの試合で最も感じたのは、彼らの精神的な成長でした。集中力が持続しないことやミスが続きうまくいかなくなると辛抱できなくなったり、チームとして気持ちを再び高めることができなくて、相手のリズムで試合をされてしまうことが彼らの課題でした。そうした部分が完璧ではないにしても、少なくとも1月の頃よりも一歩前進していたように感じました。4月から始まるリーグ戦では間違いなく、苦しい時間や厳しい試合が続きます。彼ら一人一人の精神的な成長とチームとしての逞しさが大きな力になることは間違いありません。
 この調子で4月7日まであと2週間、ただただ前へ、進み続けて行きたいです。
 併せてこの場で春休み中の予定を載せさせて頂きます。新入生の皆さんは、以前に渡した予定表とは変更している箇所もありますのでどうぞ参考にしてください。
顧  問

  23日(土)  9:00 卒業生送別試合
  24日(日)  8:00練習(グラウンド1/4の広さで9:30まで)
  25日(月) 13:00練習
  26日(火) 10:00キックオフ(本 校G) 試合練習⑤vs草加高校 
  27日(水)  9:00練習
  28日(木) 10:00キックオフ(八潮南G) 定期戦⑥vs八潮南高校
  29日(金)  9:00大掃除
  30日(土)  休み
  31日(日)  休み
   1日(月)  休み
   2日(火)  9:00練習
   3日(水) 10:00キックオフ(本 校G) 試合練習⑦vs草加西高校
   4日(木)  9:00練習
   5日(金)  9:00練習
   6日(土)  9:00練習
   7日(日)  U18リーグ第1節vs庄和高校 10:00キックオフ(庄和G)
   8日(月)  始業式・入学式
0

サッカー部 2019シーズンU18SE2Aリーグ日程

 今シーズンのU18リーグ日程が決まりましたのでご連絡します。当日の天候等で変更もあるかと思いますが、変更後の日程につきましてはHP上でお知らせしたいと思います。どうぞ皆さん、今シーズンも温かいご声援とおっきな勇気を越谷東高校サッカー部に宜しくお願い致します。今シーズンの目標は、『2部残留』です。

顧  問

  第1節  4月 7日(日)vs庄 和高校  (庄和G)10:00キックオフ
  第2節  4月14日(日)vs久喜北陽高校 (北陽G)10:00キックオフ
  第3節  4月21日(日)vs不動岡高校  (共栄G)12:00キックオフ
  第4節  5月12日(日)vs八 潮高校  (本校G)10:00キックオフ
  第5節  5月26日(日)vs春日部東高校B(北陽G)12:00キックオフ
  第6節  6月 2日(日)vs三郷北高校B (共栄G)14:00キックオフ
  第7節  6月16日(日)vs春日部共栄高校(本校G)10:00キックオフ
  第8節  6月22日(土)vs庄 和高校  (本校G)10:00キックオフ
  第9節  7月13日(土)vs久喜北陽高校 (八潮G)12:00キックオフ
  第10節  9月 8日(日)vs八 潮高校  (共栄G)12:00キックオフ
  第11節  9月15日(日)vs不動岡高校  (八潮G)12:00キックオフ
  第12節  9月23日(月)vs三郷北高校B (三北G)10:00キックオフ
  第13節  9月29日(日)vs春日部東高校B(春東G)10:00キックオフ
  最終節 10月 6日(日)vs春日部共栄高校(本校G)10:00キックオフ
0

サッカー部 本校入学予定の中学生皆さんへ

 3月19日(月)に入学許可候補者説明会があります。説明会終了後、マネージャーがサッカー部からのお知らせ(①サッカー部について②春休み中の予定)を配布します。先日行われました制服採寸の日にも同じものを配りました。本校入学後にサッカー部へ入部を決めている人、中学校までサッカーをしてきて高校ではどうしようかと迷っている人、またマネージャーに興味のある人などなど、どうぞお知らせを受け取って帰ってください。配布場所は、当日の説明会最後に連絡をします。1日でも早く、皆さんと一緒にサッカーが出来る事をサッカー部一同、楽しみにしています。
顧  問
0

サッカー部 蹴球伝説 その123 『 試合練習(3) 』

 およそ2か月振りの更新となりました。
 3月16日(土)本校グラウンドにて草加東高校と試合練習をしました。U18リーグ開幕まであと3週間と迫り、ここから2部リーグに参加しているチームとの試合を重ねて、開幕戦の4月7日を迎えようと挑みました。1試合目は40分ハーフで行い0(0-2)(0-2)4で敗戦でした。2試合目は、30分ハーフで行い1(1-1)(0-1)2でこちらも敗戦でした。
 1試合目については、練習で取り組んできた事が形として現わせた場面がいくつもありました。シュートのミスが多く、得点には至りませんでしたが2部のチームでも「全く歯が立たない」という事はなさそうです。しかしながら、結果は4点差の負け。全失点に自分たちのミスが絡んでいました。特に自陣でのミスは、2部リーグではそのまま直接失点へと繋がるという事を肝に銘じておかなければなりません。
 2試合目は、半数以上が1年生でしたがやはり、まだスピード・パワー・スタミナ・技術のあらゆる面で相手チームの方が上回っていました。特に球際の厳しさでは、相手チームの選手は臆せずにボールに向かっていきますが、私達の1年生の中には顔や身体をボールから背けてしまう姿が見られました。
 今日は3部と2部の違いをよく感じられた試合だったと思います。①切替の速さ②寄せの厳しさ③動き出しの早さ④速攻の鋭さ⑤1つ1つの精度の高さ⑥運動量、これらに対応できる様に、やはり私達は常に「挑戦者」であることを忘れてはならないと思いました。
 それでも新人戦が終わって2か月が経ちましたが、この2か月間のトレーニングは無駄ではなかった様に感じます。身体作りからやり直し、継続してきた筋力トレーニングの効果も見えてきました。暫く試合から遠ざかっていた為、体力的な問題は残りましたが、ここから試合を重ねていく中で体力面も強化していきたいと考えています。
 次戦の予定は、3月21日(木)新人戦で敗れた花咲徳栄高校との試合です。花咲徳栄高校グラウンドにて9:30キックオフです。皆さん、応援を宜しくお願い致します。
顧  問
0

サッカー部 蹴球伝説その122 『 試合練習(2) 』

 1月19日(土)本校にて八潮高校と試合練習を行いました。先週、私達は新人戦を花咲徳栄高校に初戦で敗退しましたが、勝ち上がった周りの学校では今週もタフな試合を行っていますので、こちらも負けじと試合を組ませてもらいました。
 対戦した八潮高校は今年度U18東部2部リーグで2位となった実力校です。私達は4月からその2部で戦っていく為、4月に向けての目標設定に繋がる相手でした。共に20人に満たない中で2試合を行いましたので2試合目は半数以上が2試合目という形になりました。
 1試合目は、1(0-1)(1-2)3という結果でした。失点場面は、いづれも今抱えている課題のものでした。個々人で解決できるものとチームとして解決しなければならいものとありますが、春を迎えるまでに少しでも改善していきたいと思っています。また、この試合は2失点目直後からが非常に良くありませんでした。今年のスローガンである『挑戦者』という言葉がまだ浸透していない様です。彼らにとって、強者に立ち向かい続ける事や自分自身の弱みに向かい合う事は容易ではないのかもしれませんが、その精神を一日でも早く身に付けて欲しいと思います。
 2試合目は、先にも述べましたが半数が2試合目という事もあり、体力・集中力に主眼を置く選手と新人戦に出られなかった悔しさをここでぶつける選手と色が分かれました。選手がバラバラだったという事ではなく、試合における目的が異なったという意味中身は決して悪いものではありませんでした。ただ、2試合目から出場した全選手に共通していたのは、2部リーグの相手とはかなりの差があったという事です。あらゆるスピード(身体と頭)と身体能力では、厳しい所がありました。3部リーグでは通用していたかもしれませんが、2部の上位になるとまだこんなに差があったことを私自身も改めて痛感された試合でした。結果は、1(1-1)(0-3)4でした。
 4月から始まるリーグ戦やインハイ予選までおよそ2ヶ月。その間に出来る事を精一杯やろうと最後に話しました。開幕直前の春休みになってから気付いたのでは時間が無さ過ぎますが、今から始めればまだ2ヶ月分残っていると。基本技術はもとより、基礎体力の部分から見直す必要があります。苦しい試合が多くなりますので精神的部分もひとりひとりが一層強くなる必要があります。そして、1試合1試合の積み重ねを今まで以上に大切にしようという話もしました。また、上級生には「自覚と責任感」という話もしました。昨年の経験を活かし、自分達がこのチームを引っ張って行くんだという強い姿勢と、後輩のミスは俺達がカバーしてやるから思い切りプレーしろと言うぐらいの頼もしい上級生になれと。道のりは長く、遠回りもするでしょうが、今年も大きな期待を寄せています。
 最後に、私達の新人戦が終わってのミーティングで彼らに話したひとつの記事を紹介します。どんな高校生でも自らの課題に真剣に向き合っているんだという事、決して自分自身に諦めずに努力をし続ける大切さを見習って欲しいと思い、話をさせてもらいました。
顧  問

【「本当に辞めようと思ってた…」青森山田の日本一に貢献した逸材ドリブラーが明かした”どん底の日々”】 1/15サッカーダイジェストWEB版より
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=52783

【新人戦東部支部予選準々決勝結果】
https://www.sfa2.jp/wp-content/uploads/2019/01/5e4ba725e975d413593ff9a3c56f7a9a-2.pdf
《準決勝一回戦》 春日部vs越ヶ谷  《準決勝二回戦》 越谷西vs花咲徳栄
0

サッカー部 蹴球伝説その121 『新人戦一回戦』

 1月19日(土)東部支部新人大会兼関東大会支部予選一回戦が久喜工業高校で行われました。対戦相手はU18リーグ東部支部1部で得失点差で3位となった花咲徳栄高校でした。ここを突破することは非常に難しい事だと思いましたが、今年のスローガンは「挑戦者」「犠牲心」を掲げましたのでどうせやるなら思い切りぶつかって行こう、チームの為に全力を最後まで尽くそうと試合に挑みました。結果は0(0-4)(0-2)6と完敗でした。セットプレーのコーナーキックから3失点と流れの中から3失点という形でした。一方こちらの攻撃は、コーナーキックが2本、ゴール前でのFK1本、シュート3本という限られた数しかチャンスを見出すことが出来ませんでした。
 試合としては全く歯が立ちません。前半の最初から全開で挑みましたので後半は最初からすべての質が低下していました。もちろん運動量も時間と共に落ちていました。この試合をものにするには、1試合80分間を通して最初の水準を維持できないと難しかったでしょう。そして、最初に書きましたが花咲徳栄高校を倒すことが難しいと感じたのは、それが不可能なことがわかっていたからです。体力的なことや技術的なこともそうですが、何よりも一番はそうした姿勢を最後まで維持する精神力を持ち合わせていない事です。年末のカップ戦や日々の練習の中でもそうした弱さをよく目にしていたからです。恐らく彼らの精神状態だと3点決められたら、もう諦めてしまって試合にならないだろうと、早ければ前半のうちにそうした状況になってしまうだろうなと…。
 ただ、この試合に限っては最後までよく頑張れていました。後半は特に質は低下し、ミスも増え、対処するのがやっとの状態でしたが、この試合での戦い方を最後まで貫き通そうという意志が選手全員の姿から伝わってくる試合でした。ですがこの試合での経験や感じたものを活かさなければ、彼らは同じ事の繰り返しになると思います。この敗戦をきっかけに日頃の練習の取り組み方から大きく変容して欲しいと期待しています。
 今度は4月から始まるリーグ戦やインハイ予選に向かって、これまで以上に自分自身に挑み続け、チームの為にプレー出来る選手が一人でも多くなり、人から愛されるチームを目指して頑張っていきたいと思います。最後になりましたが、現地まで応援に来てくださった保護者の皆様、そして3年生、応援をありがとうございました。
顧  問
0

サッカー部 【平成30年度新人戦のお知らせ】

 1月19日(土)より、いよいよ平成30年度東部新人戦兼関東大会支部予選が開幕します。全国大会では、埼玉県代表として17年振りに浦和南高校が出場を果たし、初出場の広島県代表瀬戸内高校がベスト4と大活躍を見せ、福島県代表尚志高校が前回王者の前橋育英高校を破る大躍進を遂げ、青森県代表青森山田高校が2回目の優勝という形で幕を閉じました。私達も、彼らに負けない様な健闘を見せていきたいと思いますので、応援を宜しくお願い致します。
顧  問
【トーナメント 一回戦】

   1月19日(土)
       対戦相手: 花咲徳栄高校
       場   所: 久喜工業高校G
       時   間: 14:00キックオフ
  勝利すると
   1月20日(日)
       対戦相手: 久喜北陽高校
       場   所: 三郷北高校G
       時   間: 14:00キックオフ
0

サッカー部 本日の学校説明会

 1月19日(土)本校にて第4回学校説明会が行われますが、サッカー部は全国高校サッカー選手権大会準決勝を観戦しに埼玉スタジアム2002へ出掛けている為、本校での活動は行っておりません。楽しみにされていた中学生の皆さんや保護者の方にはご迷惑をお掛け致します。何かありましたら後日学校の方へとお問い合わせください。顧問がお答え致します。
学校TEL 048-966-8566
顧  問
0

サッカー部 蹴球伝説その120 『2019年シーズン』

 冬休みも終わり新学期が始まりました。今年も新年は4日からスタートを切りました。
 今年のチームスローガンは、『挑戦者』と『犠牲心』を掲げました。今年は2年ぶりのリーグ戦2部での戦いとなりますので、どんなチームにも挑戦して行こうという気持ちと常に自分自身への挑戦を忘れずにという想いを込めて『挑戦者』としました。また、部活動を通じてチームの為に全力を尽くせる選手になって欲しい、人の為に動ける人に成長して欲しいという期待から『犠牲心』を掲げました。
 今週末には、いよいよ全国高校サッカー選手権大会の準決勝と決勝戦が埼玉スタジアムで行われます。ここまで勝ち上がってこられた学校はどこの学校からも目が離せませんが、個人的には初出場の広島県代表瀬戸内高校に注目しています。
 越谷東高校サッカー部においては、来週末19日(土)に新年最初の大一番がやってきます。今年のスローガンである『挑戦者』と『犠牲心』の姿勢を少しでも体現できたらと思いますので、皆さん温かいご声援をどうぞ宜しくお願い致します。
 最後となりますが、まだまだ未熟な点の多い私達ですが今年も一年間どうぞ宜しくお願い致します。
顧  問

            【新人戦兼関東大会東部支部予選】 1回戦
            日 時:1月19日(土)
            時 間:14:00キックオフ
            場 所:久喜工業高校
            相 手:花咲徳栄高校
0

サッカー部 蹴球伝説その119 『WINTER CUP最終日』

12月30日WINTER CUP3日目が宮代高校で行われました。前日までの結果をもって4位チーム同士の順位決定トーナメントでした。
 1試合目は宮代高校と3(2-2)(1-4)6で敗れました。この試合では、前半に2点を先制する形になりましたが、この2日間の失点パターンと同様に自陣でのミスからあっりと同点にされました。後半は、メンバーを全入替えで試合に挑みました。先に勝ち越点を挙げるも、これもまた全く同じような失点の形から3点を与えてしまう形となりました。
 2試合目は、上尾高校と0(0-1)(0-0)1で敗れました。結果としては敗れてしまいましたがこの3日間で最も集中力が高く、気持ちのこもったプレーを最後まで続けられた試合だったように思います。終盤は体力的に課題が見られましたが次に繋がる試合が行えていたと思います。
 このカップ戦では、新人戦に向けてチームを固めることや連戦の中でもタフに試合を行うことをねらいに行ってきましたが、正直厳しいところばかりが見えた3日間になりました。最後に彼らに話したのは、100回試合をして100回とも勝てる相手にしか戦おうとできない。100回試合をして50回勝てるかどうかの相手は元より、1回も勝てるかどうかの相手に本気でぶつかって行く姿勢がチームとして見られないということでした。一年の最後に改めて自分達の弱さに気付くきっかけを与えてもらえました。このチームが本当に変わるためには、その事を私ひとりが痛感することではなく、選手である彼らひとりひとりが理解することだと思います。

 平成30年の活動は、これで最後になります。こちらに載せるのも年内最後となります。この一年間様々なことがチーム内では起こりました。そのひとつひとつが来年以降の越谷東高校サッカー部躍進の原動力となる事を信じて今年もやってきました。このチームはまだまだ発展途上です。いつ成熟するかは分かりません。もしかしたら、最後まで成熟できずに終わってしまうかもしれません。私たちが出来ることは、彼らを信じて期待を寄せてまた来年も前に進み続けようとするだけです。一年間、温かいご支援ご声援また拙い文章でしたが御愛読をありがとうございました。来年も越谷東高校サッカー部に変わらぬ御愛厚をどうぞ宜しくお願い致します。
越谷東高校サッカー部顧問
0

サッカー部 蹴球伝説その118 『WINTER CUP2日目』

 12月29日WINTER CUP2日目が行われました。この日は、八潮南高校と越谷FCとの2試合でした。
 1試合目は、八潮南高校との試合で、実は26日にも練習試合をしてもらったばかりの対戦でした。その時には相手の守備に苦戦したり、相手の気迫に圧されてしまうような事があったのでその点は改善して臨もうと話をしました。結果は7(3-0)(4-0)0で勝ちました。得点をたくさん獲る事ができましたが、前日に続きミスが多い点は課題として残りました。
 2試合目は中学生の越谷FCとの試合でした。中学生とは言え、ここまで八潮南高校、三郷北高校、県立川口高校に全勝をしている相手で技術もフィジカル面でも4つの高校にひけをとってはいませんでした。こちらは1年生のチームで挑みましたが結果は、1(1-2)(0-4)6で大敗でした。前半こそ2失点を先に許しながら集中力を維持して1点を獲り返せたものの結果は酷いものでした。また、前日の2試合目で失敗したのと同じ人が同じようなミスから続けて失点を許してしまった事が顧問の私としては非常に残念でした。試合後には、厳しい言葉を彼らにぶつけましたが、是非その期待に応える努力を見せて欲しいと思います。
 今年もいよいよ明日が年内最後の活動となります。2日目が終わり、疲労や怪我などを抱える選手も出てきましたが、大会3日目まで全力で挑みたいと思います。
顧  問

     12月30日(日) 宮代高校
        1試合目 vs宮代高校 9:30キックオフ
        2試合目 vs上尾高校 or 久喜工業高校 時間未定
0

サッカー部 蹴球伝説その117 『WINTER CUP1日目』

 およそひと月振りの更新となりました。本校も冬休みに入り、1週間が経ちました。全国各地では大雪が降り、いよいよ冬本番という寒さになりました。私たちは本日から3日間、今年で15回目となる東部地区の高校を中心に35校が参加しているWINTER CUP SAITAMA 2018というカップ戦に参加させて頂いています。このカップ戦の趣旨は、先に控える新人戦や次年度のリーグ戦に向けてのチーム強化だけでなく、2種と3種の連携を深めるという点にもあります。
 初日の今日は、八潮南高校で2試合を行いました。1試合目は、県立川口高校に2(2-2)(0-1)3で敗れました。立ち上がりに相手のプレスにはまり自陣でのミスから2点を早々と先制される形となりました。前半のうちに同点に追いつくことが出来ましたが、後半に苦手とするコーナーキックから追加点を許してしまう結果になりました。2試合目は、三郷北高校に0(0-4)(0-0)4で大敗しました。この試合は、前後半で内容が大きく異なる試合になりました。前半の失点はどれも修正可能なミスからによるものでした。1年生が主体の試合でしたが、まだまだ課題の多い内容でした。
 明日も八潮南高校で2試合行います。対戦相手は、八潮南高校と越谷FC(中学生)になります。今日の反省を明日の試合に早速活かして欲しいと思います。
顧  問
   12月29日(土)会場:八潮南高校
      1試合目 vs八潮南高校 9:30キックオフ
      2試合目 vs越谷FC  13:30キックオフ
0

サッカー部 蹴球伝説その116 『 東部大会 』

 11月23日(金)勤労感謝の日に本校Gにて東部大会が行われました。対戦相手は今年度U18東部2部リーグで活躍した草加西高校でした。1戦目の反省を活かして4月から参戦する2部のチームにどこまで試合をすることができるのか、試合前にそう話して挑みました。結果は0-0の引き分けでした。
 互いに前後半を通じてシュート数の少ない試合になりました。ゴール前の守備が固くてシュートまで持って行かせてくれないとか、互いに中盤のプレスが厳しくゴール前までボールを運べないとか、そういうことではなく、効果的・有効的な攻撃をどちらもできていなかったという事だと思います。特に越谷東は、前回の試合の反省として「基本のミスが多い」という点があったのですが、残念ですがこの試合でもあまり改善されていたようには感じられませんでした。また「1対1の守備対応」も同様に反省として力を入れて取り組んで来ましたが、多少意識が芽生えた程度で、基本はまだ身に付いておらず、容易に飛び込んであっさりかわされてしまう場面や方向限定しながらも行かせてはならない方へあっさりと運ばせてしまう場面が多々見られました。先週末に全国高校サッカー埼玉県予選決勝戦の昌平高校対浦和南高校の試合を皆で観戦に行き、多くを感じ取って帰ってきました。個々の能力の高さ、チームとしての組織力、闘志溢れる激しさ、何よりも両者共に絶対に勝ちたいという気迫が伝わってくるプレーの数々。『凄いのは分かるけど、俺は到底あんな風にはなれないよ』と諦めてしまうのは簡単な事です。大切な事は、自分を信じてどこまで追いつけるか、その為に自分は何を変えるべきなのかしっかりと自己分析して、ただ努力を重ね続ける事だと思います。本田圭佑選手も香川真司選手も岡崎慎司選手も、そして今日本代表で10番を背負っている中島翔哉選手も皆に共通しているのは高校時代から自分の目標に向かって、課題とまっすぐ向き合いひたすらに努力を重ね続けていたという事です。
 新人戦まであと1月半あります。ここからがスタートです。
顧  問

【東部大会途中結果】
https://www.sfa2.jp/wp-content/uploads/2018/11/1f7794ad64abc8d64af567a121d9d5bd-2.pdf
0

サッカー部 蹴球伝説その115 【 東部支部大会 】

 11月14日(水)東部支部大会が庄和高校で行われました。対戦相手は、U18東部3部Bリーグで優勝した庄和高校でした。また、庄和高校には4月のインターハイ支部予選でも敗れている相手です。結果は、0(0-3)(0-2)5で大敗でした。
 この試合では、新しい事に挑戦して挑みました。試合で試す場もなく、ぶっつけ本番という形でした。部員はよく理解して挑んでくれていましたが前半の3失点の内、最初の失点は正しくそうした部分からの失点でした。失点を重ねてしまったので途中からこれまで練習してきた形に戻すと少しづつ勢いやリズムを取り戻すような場面もありましたが、この日はとにかくミスが多くチャンスらしいチャンスを作れずに試合が終わってしまいました。気付けば、5失点のほとんどが自陣内での自分達のミスからによるものでした。
 試合の前には様々な不安がありましたが「やってみて」分かる事も多かった試合でした。部員にもよく話をしますが、『失敗を恐れない事』はとても大切だと改めて感じました。現役引退会見をされた川口能活選手も同じことを会見で話されていました。
 次戦は、U18東部2部リーグ所属の草加西高校との試合となります。温かいご声援を宜しくお願い致します。
顧  問
<次 戦>
           11月23日(金)
              対戦相手: 草加西高校
              場   所: 本 校 G
              時   間: 10:00キックオフ
0

【 34期(青学年)卒業生達へ③ 】

 連絡板に現在までの集約状況を載せました。16日まで毎日更新しますので見てください。お陰様で既に当初予想していた量をはるかに上回りました。君達の人を想う心に、私達は毎日のようにとても嬉しく思っています。

 ひとつ難点が出てきました。配送料の問題です。多方面に渡り、配達方法を調べましたが最も安価な手段を選んでも現状では送り届けるのが難しいです。

 君達のこの想いを周防大島の皆さんになんとか送り届けさせてください。

34期生 学年担当
0

【 34期(青学年)卒業生達へ② 】

 ここに掲示してからまだ5日目の朝ですが、様々な方面でこの情報が広がっているような事を耳にしています。何よりも、君達の呼び掛けへの協力に心から感謝します。お陰で多くの卒業生にこの事を知らせることが出来ました。君達の情報伝達の速さと広さには、驚きと少しだけ怖さも感じました。
 
 早速、何人もからの問い合わせが学校の方にありました。ある部活では、部員みんなで話し合った結果、それぞれがお金を出し合って水を購入しようと決まったり、既に学校の方へ水を届けに来てくれた卒業生もいます。お金を寄付したい場合はどうしたらいいですかという問い合わせもありまいした。君達の行動力に私自身がとても驚いたのと、それ以上にすごく嬉しい気持ちになりました。
 
 周防大島の現状を伝えます。旅行業者の方を通じて大島の状況を聞いて頂いたところ、やはり水がまったく無いそうです。今回のは自然災害ではないので外見は普段とまったく異ならないそうですが、ただ水がない。それで今一番困っているのはお風呂に入れない事とトイレを流せない事だそうです。また、車を使って各家庭をまわって水を配給しているそうですが、商工会観光課の方々だけでは人手が足らずに満足に水を配れていない事も困っている事だそうです。なので、水の支援やボランティア活動というのはとても助かるという話をされていたそうです。
 
 こうした状況なので、今回11月に予定されていた修学旅行の受け入れをすべてキャンセルされたそうです。君達が3日間(1日目の夜~3日目の朝)お世話になり、とても楽しい思いをさせてもらえたのと同じくらい、大島の方々も君達と過ごした時間を楽しまれていた事でしょう。きっと大島の皆さんは、11月にはどんな高校生たちが訪ねて来るのかとても楽しみにしながら待たれていたのではないでしょうか。それを思うと、非常に残念な気持ちになります。
 
 話を戻します。この活動をきちんと形にして動きます。


 『越谷東高校平成29年度卒業生有志』という形で。


 詳細は、HP上左端にある『メニュー』内の『34期生連絡板』に載せていますので、それを見てください。質問や相談は、 阿部 が受け付けますので学校の方へ連絡をください。

 最後に、先ほども書きましたが旅行業者の方に周防大島の現状や困っている事柄を聞いて頂いた時の話です。観光課の方に『埼玉県内のある高校さんから実はこんなご相談がありまして…』と話を始めると『越谷東高校さんですか?』とあちらの方から学校名が挙がったそうです。そのまま話を続けてこの件をお伝えしたところ、電話口でも分かる程とても喜ばれていたそうです。君達の事は、今でも忘れられていないようです。

34期生 学年担当
0

NEW 【 34期(青学年)卒業生達へ 】

 君達が卒業してから8ヶ月が経ちました。
 突然ですが、君達は知っていますか?今、周防大島で大変な出来事が起きているのを。
 
 『10月22日、本土と周防大島を結ぶ大島大橋に貨物船が衝突し、町に生活用水を供給する送水管などが破断。その影響で町のおよそ9割に当たる約9000世帯で断水、橋損傷に伴う交通制限による地元特産のミカンの出荷への被害、また、観光客が途絶えてしまい町は壊滅的な打撃を受けている。(毎日新聞記事)』
 
 事故から2週間以上が経った今もなお、状況は変わってないとの事です。大島の皆さんは、断水による水不足と給水拠点の人員不足にとても困っているそうです。昨日のあるテレビ報道では「送水管の復旧は早くても12月上旬になる予定」だと伝えていました。
 君達34期生の学年は、2年生の修学旅行で広島・山口・大阪へ行きました。その中で山口県周防大島では民泊体験をさせてもらい、大変お世話になった事を覚えていますか?埼玉では味わえない美味しい山や海の幸、学校生活では決して体験する事の出来ない貴重な体験をたくさんさせてもらいましたね。中には、制服を民泊先に忘れたまま大阪に移動してしまい大変な御迷惑をかけた人、別れ際には寂しさのあまり涙する人もいましたね。
 
 今、その周防大島の方々が本当に困っています。
 君達が大島の人たちの為に何か出来る事はないでしょうか?些細な事でも構いません。
 大島の方々の身を案じて電話などをしてみるのも1つだと思います。
 ちょっと勇気を出して、お金や水を寄付するのもありかもしれません。
 勇気を振り絞って、現地へ赴きボランティア活動に貢献しようというのもありかもしれません。
 急を要する事なので、”皆で一緒に何かを”という物は難しいのではないかと考えました。
 ですが、こういう時だからこそ、お世話になった時の感謝の気持ちを何とか表すことができないでしょうか?
 
 3年間、君達と共に過ごして来て、34期生の君達だからこそ、「君達ならやってくれる」と信じています。この件を他人事としてではなく、各々が自分の事として考えて、何かしら実行にうつしてくれる事を期待しています。

 この様な形で君達に伝えることを申し訳なく思います。この件についての相談はのりますので、もしも何かあれば学校の方へ電話してください。窓口は、J.Dになります。
 
 最後に、
 この文章を読んでくれた31期卒業生は、自分が知る限りの同級生に『学校のホームページのサッカー部の掲示板を見て』と一言伝えてください。そうして、一人でも多くの34期生にこの事を知らせてください。君達の” 絆と勇気 ”を信じて。


34期生 学年担当
0

サッカー部 【 東部支部大会 】

 今年も残り2カ月となりました。サッカー界では、日本を代表してACLに出場していた鹿島アントラーズが初のアジアチャンピオンとなり12月から行われるクラブW杯への出場を決めました。また、年末から行なわれる全国高校サッカー選手権大会の地区予選も続々と代表校が決まり始めています。埼玉も先週末に行なわれた準決勝の結果、インターハイ3位の昌平高校と17年振りの出場を目指す浦和南高校(私が高校3年時以来)が決勝戦へと駒を進めました。決勝戦は、11月18日(日)埼玉スタジアム2002で14:05キックオフです。どうぞ、皆さんで応援してください。
 私たちも来年1月から始まる新人戦東部支部予選の組合せ抽選において、シード権を決める東部大会が11月14日から始まります。40校を10個のリーグに分けてリーグ内で順位を決するものです。私たちは、このリーグ戦を新人戦や次年度のU18リーグに向けての課題発掘の大会と位置付けて臨もうと話しています。2日間に渡って試合が行なわれます。
顧  問


    11月14日(水) vs庄和高校(庄和高校G)10:00キックオフ

   11月23日(金) vs草加西高校(本校G)10:00キックオフ
0

サッカー部 蹴球伝説その114 『 3部リーグ優勝‼ 』

 11月4日(日)本校GにてU18E3Cリーグ最終戦が行われました。対戦相手は、開智未来高校でした。結果は、4(1-0)(3-0)0で勝利することが出来ました。これを持ちまして越谷東の今年のリーグ戦全日程が終了し、最終的に東部3部Cリーグを優勝で飾ることができました。来年4月からは1年振りの支部2部リーグ参戦となります。
 4月から始まったリーグ戦は全12試合で行われましたが、通算9勝2敗1分、勝ち点28、総得点38点、総失点12点という結果でした。2位の八潮高校Bとは僅か勝ち点1の差での優勝でした。前期初盤は毎試合のように失点を重ね、安定しない試合が続いていましたが6月に入った辺りから、最少失点で守れるようになってきてからは安定した試合が出来る日が増えていきました。特に6月に行われた開智未来高校戦と八潮高校B戦は、今振り返ると非常に意味のある試合だったと感じます。このリーグ戦を通じて、「勝つためには、安定した守備が出来ること」が不可欠だという事を部員達には学んでもらいたいと思います。
 今年のチ-ム目標のひとつに「東部3部Cリーグ優勝」を掲げてやってきました。どんな目標でも、それを遂げられたというのはとても大きな事だと思います。特にリーグ戦は長期間に渡って競い合うものですからその価値というのは一層大きなものだと思います。この結果を少しでも自信に繋げて、次年度は2部でも全力のプレーで試合に挑んで行きたいと思います。
 本日まで長い期間に渡り応援してくださった皆さん、ありがとうございました。皆さんのお陰様で支部2部リーグへと1年で戻ることが出来ました。4月からは益々厳しい試合ばかりになると思いますが、どうぞこれからも越谷東高校サッカー部の応援を宜しくお願い致します。
顧  問

2018年Uー18E3Cリーグ 全試合結果】
 4月 7日 第1節vs羽生第一 △3-3 北條暖都②(越谷平方中出身)小笹青玖①(越谷光陽中出身)
 4月22日 第2節vs越谷南B 〇3-2 島村真人①(越谷富士中出身)堀越啓汰①(越谷大相模中出身)髙橋大地①(越谷平方中出身)
 5月12日 第3節vs三工技  〇2-0 北條暖都①(越谷平方中出身)近藤一真①(越谷富士中出身)
 5月13日 第4節vs八潮B  ×1-2 北條暖都①(越谷平方中出身)
 6月 3日 第5節vs幸手桜  〇5-0 北條暖都④(越谷平方中出身)小笹青玖①(越谷光陽中出身)
 6月17日 第6節vs開智未来 〇2-0 北條暖都①(越谷平方中出身)内藤駿①(吉川南中出身)
 6月24日 第7節vs八潮B  〇2-1 北條暖都①(越谷平方中出身)河田樹人①(越谷富士中出身)
 7月14日 第8節vs羽生第一 〇3-1 北條暖都①(越谷平方中出身)髙橋大地①(越谷平方中出身)近藤一真①(越谷富士中出身)
 7月16日 第9節vs越谷南  ×1-3 北條暖都①(越谷平方中出身)
 7月21日 第10節vs幸手桜  〇9-0 北條暖都④(越谷平方中出身)髙橋大地①(越谷平方中出身)近藤一真①(越谷富士中出身)堀越啓汰①(越谷大相模中出身)河田樹人①(越谷富士中出身)宮下勇輝①(吉川南中出身)
10月20日 第11節vs三工技  〇3-0 北條暖都②(越谷平方中出身)内藤駿①(吉川南中出身)
11月 4日 第12節vs開智未来 〇4-0 北條暖都③(越谷平方中出身)宮下勇輝①(吉川南中出身)

【2018年東部U-18E3Cリーグ対戦表】
  https://www.sfa2.jp/wp-content/uploads/2018/10/E3C-3.pdf
0

サッカー部 蹴球伝説その113 『 越谷市民大会 』

 10月27日(土)本校にて越谷市民大会の一戦が行われました。この大会は、1年生で行い、決勝戦は越谷市しらこばと陸上競技場で行われる大会です。対戦相手は、叡明高校でした。結果は、0(0-2)(0-4)6で敗れました。
 この日は、前日の夜から降り出した雨が朝まで降り続きグラウンドには水が溜まった状態だったために試合時間を遅らせてグラウンド回復作業を行なってからの試合となりました。試合自体は、終始叡明高校がボールを支配していました。相手の早い繋ぎと人の動きに守備がついていけずにプレスを掛ける事も敵いませんでした。カウンター攻撃も決まりきらずに1試合を通じて決定的な場面はほとんど作る事が出来なかったのではないでしょうか。部員はこの試合から、現時点での自分達のレベルを痛感させられたことだと思います。練習の中で求められている「正確性」「スピード」「守備の厳しさ」「連係」「コーチング」それらが如何に自分達のレベルが低次なものであるのか。試合には敗れましたが、もしも彼らが本気でそれらを感じ取っていてくれれば、価値ある試合だったと思います。少ない人数だからこそ、今後益々互いに切磋琢磨していって欲しいと思います。
顧  問

                 【次 戦】
       U18E3Cリーグ 最終節
          11月4日(日)
           対戦相手:開智未来高校
           場   所:本校G
           時   間:10:00キックオフ

【U18E3Cリーグ順位表】
https://www.sfa2.jp/wp-content/uploads/2018/10/E3C-2.pdf
【全国高校サッカー選手権埼玉県予選ベスト8】
https://www.sfa2.jp/wp-content/uploads/2018/10/4dd0fac08060ab967183ac619a537a4d.pdf
0

サッカー部 蹴球伝説その112 『 last one game 』

 10月20日(土)U18E3Cリーグ第11節vs三郷工業技術高校との試合が行われました。この試合は、9月に行なう予定でしたが雨天延期の為に日程が変更されて行われました。私達は、前回のU18の試合から3ヶ月も間が空いての試合となり、その間ほとんど試合を行う事ができない状態で挑みました。(U16リーグとの兼ね合いや日程的な問題により)また、対戦校の三郷工業技術高校校もそうでしたが中間考査が終わったばかりの週でしたのでコンディショニング的にはお互いに万全ではなかったと思います。私達はそれを見越して考査中からトレーニングを開始した事が最後まで走れた要因に繋がったと思います。結果は、3(3-0)(0-0)0で勝利することができ、最終節を残した段階で単独首位に立つことが出来ました。
 この試合は、先にも述べましたがお互いに考査明けという事もあり運動量や身体のキレという点で差が生じると考えていましたので、その点でリード出来ていたと思います。実際、試合終盤には相手選手の足も止まり始めていましたし、数名の選手は足を攣らせていましたが私達の選手は、後半運動量は落ちていたものの最後まで動き続けられていました。また、前半の内に3得点挙げられたのも大きかったです。どの得点も試合前にミーティングで話した「積極的にシュートを狙おう」という事と「相手の苦手とする動き出しを狙おう」という事から生まれたものでした。特に1得点目の1年生MF内藤駿(吉川南中出身)のゴールはラッキーな部分もありましたが一連の攻撃のリズムから彼のストロングポイントを発揮した印象的なゴールでした。得点の形まではいかなかったものの前後半を通じて、攻撃の良い流れを作り出せていました。次への反省として、「技術的な精度を上げる事」「周りをよく見て状況を把握する事」「攻守の切替をもっと早くする事」「攻撃の連係をもっと意識する事」だと思います。
 4月から開幕した今年度のリーグ戦もあと1試合となりました。今年の1つの目標は『U18リーグ3部優勝、2部昇格』です。次の試合で勝つことができれば、優勝です。日程は未定ですが、どうぞ皆さん応援を宜しくお願い致します。
顧  問

<現在順位(10月21日時点)>
       1位 越谷東  勝点25 得失点 22
       2位 八潮B   勝点24 得失点 16
       3位 越谷南B 勝点22 得失点  8

<U18E3Cリーグ順位表>
https://www.sfa2.jp/wp-content/uploads/2018/10/E3C-2.pdf

【U18E3Cリーグ最終節】
            対戦相手: 開智未来高校
            場所時間: 未 定

0

サッカー部 【試合日程連絡】

 周囲では、全国選手権埼玉県予選決勝トーナメントがいよいよ始まり、27日にはラウンド16が行われようとしている最中、本校ではU18東部3部リーグの次の試合日程が決まりました。以前、雨天の為に延期となりました9月15日に予定されていた第11節の三郷工業技術高校との試合を10月20日(土)に行うことに決まりました。越谷東高校はここへ来て残り2戦の結果次第では、自力優勝の可能性も見えてきました。3年生が引退をして新チーム初の公式戦となります。どうぞ応援を宜しくお願い致します。また当日は、本校にて学校説明会も行われますので是非、足をお運びください。部活動見学も行います。
顧  問

【次  節】
     日 時: 10月20日(土) 9:30キックオフ
     場 所: 三郷工業技術高校G
     相 手: 三郷工業技術高校
<東部E3Cリーグ順位表>
https://www.sfa2.jp/wp-content/uploads/2018/10/E3C-1.pdf
<高校選手権埼玉県予選決勝トーナメント2回戦結果>
https://www.sfa2.jp/wp-content/uploads/2018/10/16f514ad74c94e6662e72d2c38190907.pdf
0

サッカー部 蹴球伝説その111 『 U16最終節 』

 記念すべき第111回目の更新はU16リーグ最終節のご報告です。10月6日(土)に蓮田高校GにてU16E2Bリーグの本校最終節が行われました。対戦相手は、ここまで無敗の蓮田松韻高校でした。結果は、0(0-3)(0-0)3で敗れ、最終成績を1勝6敗1分で今年度のU16リーグが幕を閉じました。
 7月から4ヶ月に渡り、8試合を行ってきましたがなかなか結果には繋がりませんでした。彼らにはこの8試合を通じて、「1年生同士の結束を高める事」「チームの約束事を身に付ける事」「他校の選手と比較して自分達に不足している物を練習に還元する事」を学ぼうと毎試合のように話してきました。7月16日の越谷西高校との開幕当初の試合は、ほとんど何もさせてもらえませんでした。ですが夏を経験し、様々な試合を重ね、合宿も乗り越えると9月に入って、少しづつですが成長した彼らの姿を試合の中で見られるようになってきました。以前よりもタフさが増えた事、丁寧にボールを扱おうという意識が増えた事、次のプレーのイメージを持ってボールをもらう事、守備の具体的な指示を味方に伝える事、最後まで得点を目指し抜く事・・・。とは言え、悪い意味でまだまだ”1年生”の部分の方が多く見られます。最終節のこの日にも全体に注意をしました。『オンザピッチとオフザピッチ』のどちらもきちんと行えるようになるのには、まだ時間が必要な様です。
 ここまで、越谷東1年生を応援してくださった皆さん、ありがとうございました。人数が足りず早生まれの2年生の力を借りて試合を行った時もありましたが限られた少ないメンバーで公式戦8試合を行う事ができました。これからは、2年生と共にU18リーグや東部支部大会、そして新人戦と戦っていくことになります。一人でも多くの1年生が試合に出場できるように頑張って欲しいと期待しています。
顧  問

【U16E2Bリーグ結果】 通算 1勝6敗1分
第1節 vs越谷西高校 0-3 敗
第2節 vs草加西高校 3-1 勝 【得点】宮下 河田 貴志
第3節 vs草 加高校 2-2 引分【得点】相澤 中嶋
第4節 vs春日部東高校 0-4 敗
第5節 vs獨協埼玉高校 1-5 敗【得点】茂木(2年)
第6節 vs越谷北高校 0-2 敗
第7節 vs草加南高校 2-3 敗 【得点】山田 河田
最終節 vs蓮田松韻高校 0-3 敗
0

サッカー部 蹴球伝説その110 『 順延に継ぐ順延 』

 9月30日に予定されていました本校でのU18E3Cリーグは、グラウンド不良のために延期となりました。これで2節続けての延期となり、9月に入ってからU18リーグでは未だ試合を行っていません。現在暫定で首位ですが、残りの試合数を考えると最終的には首位陥落の可能性もあります。3年生が引退して新体制になり1ヶ月が経ちますが、ここまで公式戦が延びるとは考えてもいませんでした。
 試合がなくなり、この日は8時ごろから体育館でフットサルを行いました。偶然にも全面が使用できましたので2時間程思い切り練習させることができました。普段の練習とは違い、ボールが小さい事やフロアの為ストップが効く事など彼らには良い練習になったことだと思います。練習後には、練習中にマネージャーが拵えたおにぎりを2個ずつ食し、前日に準備しておいた試合用のテントやネットやらを台風対策として片付けさせてこの日の活動を終えました。
 本日の試合や以前延期となった試合の日程は未定ですが、決まり次第掲載させて頂きたいと思います。
顧  問

【予定されている試合】

U16E2Bリーグ 最終節 10月6日(土)vs蓮田松韻高校(蓮田G)10:00キックオフ
U18E3Cリーグ 第11節 未  定 vs三郷工業技術高校
U18E3Cリーグ 最終節 未  定 vs開智未来高校
【U18E3Cリーグ 現在までの順位表】https://www.sfa2.jp/wp-content/uploads/2018/09/E3C-1.pdf
【U16E2Bリーグ 現在までの順位表】https://www.sfa2.jp/wp-content/uploads/2018/09/3998bd38a79553b82d169a99383f23bd-2.pdf
0

サッカー部 蹴球伝説その109 『 U16第7節 』

 9月23日(日)本校GにてU16リーグE2Bリーグ第7節が行われました。対戦相手は、草加南高校でした。結果は、2(1-2)(1-1)3で惜しくも敗れました。これで通算戦績を1勝5敗1分とし、残すは10月6日の蓮田松韻高校との試合のみとなりました。
 この日は、ここ数試合をケガで試合から離れていた選手が戻り、最近薄れていた勢いがチームに戻っていたような気がします。前節の課題として残ったシュートの意識もこの試合では高かったのではないでしょうか。前半、良い形からMF山田隆斗(草加新栄中出身)が先制点を挙げましたが、早い段階で逆転を許してしまう展開となりました。後半は、形を変えて逆転を狙いに行きました。後半早々に宮下勇輝(吉川南中出身)中嶋大夢(越谷富士中)の突破から最後は河田樹人(越谷富士中)が狭いスペースをドリブルで抜け出して同点としました。試合終盤は何人もの選手が足が痙攣していました。決勝点となった失点場面も3人が動けない状態の時に相手CKからやられてしまいました。
 得点機会(特に後半は)は相手よりも多く作ったものの、そこを決めきれなかった点、最後の失点場面では相手のシュートブロックに誰も反応できなかった点が反省点だと話しました。「勝ちたい」という気持ち、「負けたくない」という気持ちをプレーで表わせるようにと。また、最後まで走り切れる体力も反省材料として残った試合でした。
 最後になりましたが、この日も応援に来てくださった保護者の皆様、在校生の皆さん、ありがとうございました。U16リーグも残すところあと1試合となりましたが最後まで勝利を目指して頑張りたいと思います。
顧  問

                  【次 節】
     U18E3Cリーグ 第11節
             相 手:開智未来高校(前節2-0で勝利)
             場 所:本校G
             時 間:10:00キックオフ
0

サッカー部 蹴球伝説その108 『 U16第6節 』

 9月17日(月)U16E2Bリーグ第6節vs越谷北高校との試合が行われました。この日は、久々に気温が30度を超える暑さの中での試合となりました。結果は、0(0-1)(0-1)2で敗れました。ここまで通算1勝4敗1分となりました。
 ここ数試合、同じ課題を繰り返しています。この日も課題は改善されない試合内容でした。9月に入り日々の練習は少しづつ良い方向に向かってきていると思いますが、練習の成果を試合で発揮するにはまだ難しい様でした。それぞれが「リーダーシップ(チームを引張る力)」を日頃の練習の中から身に付けて欲しいと思います。また、この日の試合ではシュート数が0本という結果に終わり、その事も指摘をしました。圧倒的に相手に攻められて全くシュートチャンスを作れなかったという訳ではありませんでしたが、シュートまでの流れの中でミスが多く、フィニッシュまで効果的にボールを運ぶことができなかったのが要因だと思います。1年生は、体力面・技術面・精神面とまだまだ伸びしろが多く、期待を大きく寄せています。リーグ戦は残り2試合となりましたが、『あと残りの2試合はゼッタイ勝とう!!』と最後にキャプテンが締めくくっていました。
顧  問


         【次 節】 U16E2Bリーグ第7節(残り2節)
        9月23日(日)
             相 手: 草加南高校
             場 所: 本 校G
             時 間: 13:00キックオフ
0

サッカー部 蹴球伝説その107 『 U16第5節 』

 9月9日(日)重陽の節句の日にU16E2Bリーグ第5節vs獨協埼玉高校との試合が蓮田松韻Gで行われました。結果は、1(0-4)(1-1)5で敗れました。ここまで通算戦績が1勝3敗1分となりました。
 試合内容は、前半に相手の縦に速い攻撃に圧倒され打つ術なくあっという間に4点を獲られてしまったという感じでした。後半は、ハーフタイムで前半の修正部分を意識して試合に臨み、前半とは異なる試合展開を演じる事が出来ていたように感じます。
 1年生には、試合をしながら対戦相手の特長やねらいを探り、戦いながら相手の良さを消して行こうとしたり、相手の弱い所を突いて行こうとするのはまだ難しいようで、まずは自分達のやるべき事で精一杯のようです。前節の課題でもあり今週の練習でも特に意識をさせて取り組んで来た『声を出す』事も難しいようでした。周囲を引っ張り、リーダーシップを取る選手が居なくなった途端に出来なくなってしまう。戦術的には、選手が変わる事でチームとしての変化が生まれる事は当然あると思いますが、ベースの部分が特定の選手が居る・居ないで大きく変わってしまうようではチームとして大きな問題だと思います。サッカーをする上で「攻める・守る」どちらの局面でも『声』は絶対に必要な物です。それだけではなく、ボールアウトの時には言葉を掛け合って確認をしたり、次の展開を予想して味方に良い準備をさせたり、ワンプレー毎に励ましたり鼓舞したりしながらチームの士気を自分たちで高めて行くのも良い試合をするために必要な物です。これは、日頃の練習の中からひとりひとりが意識をして「声を出す」「指示を出す」「要求をする」という事に目を向けていかなければ改善はできないでしょう。
 日本が初めてW杯出場を決めた1997年11月16日、ジョホールバルの歓喜と言われたこの試合で日本代表の司令塔を任されていた若干20歳の選手が、それまで長年日本代表のキャプテンを務めてきた井原選手(元横浜Fマリノス)に何度も口煩く指示を出している姿がありました。延長戦に入り岡野選手(元浦和レッズ)が投入された時には、肩を抱き意思疎通を自ら図りに行き、自分のねらいと岡野選手の動きの摺合せを行っていました。その後、岡野選手が何度惜しい場面をゴールに結び付けられなくともその度に励ましたり、前のプレーの意図の確認をして次こそゴールへ結び付けさせるんだという姿が繰り返し映し出されていたのが印象的出した。そうした細かな事の積み重ねがあの岡野選手の決勝ゴールを生み出し、日本のサッカー史を大きく変える結果を引き起こさせたのではないでしょうか。
顧  問


【次節予定

   U18リーグ 第11節(残り2節)
      9月15日(土) vs三郷工業技術高校(八潮高校G) 12:00キックオフ
      9月30日(日) vs開智未来高校(本校G) 10:00キックオフ
  U16リーグ 第6節(残り3節)
      9月17日(月) vs越谷北高校(越谷北高校G) 13:00キックオフ
      9月23日(日) vs草加南高校(本校G) 13:00キックオフ
      10月6日(土) vs蓮田松韻高校(蓮田松韻高校G) 10:00キックオフ

0

サッカー部 蹴球伝説その106 『 U16第4節 』

  夏休み最後の9月2日(日)本校にてU16E2Bリーグ第4節が行われました。前夜から降り続いた雨の影響でグラウンドには幾つも水溜まりがあり、準備したラインもすべて消えてしまいました。なので、この日は朝から会場作りに全員で汗をかきました。でも、その甲斐あって試合は予定通りに行えました。結果は、0(0-2)(0-2)4で敗れてしまいました。ここまで4試合で1勝2敗1分となります。
 4失点の内3点はお互いに声を掛け合えれば何てことのない場面でした。1年生はまだまだその場の状況に合わせた的確な指示が出せません。また、失点を重ねる度に俯き、肩を落す姿も見られました。気持ちを切り替えて前を向くメンタリティーや仲間に対してのそうした言葉掛けも苦手なようです。彼らにとって「おしゃべり」は決して難しい事ではありませんが、グラウンドの上での「言葉掛け」は難しいようです。ですので、日頃の練習から意識的に『声を出す事』や『指示を出す事』を各々がやっていこうと話をしました。誰かが指示を出してくれているから大丈夫とか誰かが声を掛けてくれているからいいだろうではなく、『自分自身』が出来ているかどうかを問題にしていこうと反省しました。スパイクの選択についても触れました。普段履きなれたスパイクは履き心地は良いですが、ポイントをよく見るとほとんどすり減っている状態です。こうした天候やグラウンド状況では、新品に近い固定式のスパイクや取替式のスパイクを用意しておくこともパフォーマンスを落とさせない大切なファクトだと伝えました。
 また、この日は最後に蓮田松韻高校の2年生と試合練習もしてもらいました。35分間だけでしたが、こちらにとっては新チームとして最初のゲーム形式でしたのでどんな内容になるのか始まるまで想像できませんでした。春から2年生の間にも様々な事がありながらもここまでやってきました。試合内容としましては、9月15日(日)に行われるU18リーグ第11節vs三郷工業技術高校との試合に期待を抱かせてくれるものでした。まだ始まったばかりの新チーム。これから益々成長していって『ひとから愛される選手、ひとから愛されるチーム』へと変わっていって欲しいと思います。
顧  問


【次  節

  U16リーグ 第5節
   9月 9日(日)vs獨協埼玉高校(蓮田高校G)10:30キックオフ

  U18リーグ 第11節
   9月15日(土)vs三郷工業技術高校(八潮高校G)12:00キックオフ
0

サッカー部 蹴球伝説その105 『 U16第3節 』

 8月27日(月)この日も越谷で38度を超す猛暑となりましたが、U16E2Bリーグ第3節vs草加高校との試合が行われました。この日も、大変暑い中、春日部東高校まで応援に来て下さった保護者の皆さん、また在校生の皆、ありがとうございました。人から応援されたり観られている事ほど彼らに力を与えてくれるものはありません。
 試合結果は、2(0-1)(2-1)2で引分けでした。これで通算1勝1敗1分となりました。
 2日前に草加西高校と試合をしてそこからの反省点を振り返ってから試合に臨みました。意識して改善方向が見られる事と、意識してもまだまだ出来ない事と両面ありましたが、どちらの試合も現在の持てる力を発揮できた試合だった事は伺えました。ここまで3試合で毎回失点を許している事は次への課題になりますが、ここ2試合については、後半に得点している事は、この夏を過ごしての彼らの成長が関係しているのだと感じます。本校もそうですが、やはり1年生は後半になると運動量や集中力が低下します。ミスも増えます。そうした力の中でチームとして後半をどう戦っていくのかは、勝敗を左右するものだと思います。ただ体力任せな試合展開ではなく、だからこそ基本を大切に出来るチームへと成長していって欲しいと思います。
 この試合では、2点を先に獲られてから得たCKでDFの相澤新(春日部武里中出身)がヘディングで1点目、試合終了5分前にDFの背後をついたMF中嶋大夢(越谷富士中出身)がGKとの1対1を決めて2点目という形からの得点でした。『強いヘディングが出来る』『相手の裏をとる』まさしく、今練習で取り組んでいる事が表れたゴールでした。
 最後に今後のU16リーグの日程を掲載致します。受験を控えた中学3年生の皆さんも参考にして頂き、是非試合を見に来て下さい。
顧  問

【U16E2Bリーグ日程】
 第4節  9月 2日(日) vs春日部東高校(本   校G) 11:00キックオフ
 第5節  9月 9日(日) vs獨協埼玉高校(蓮田高校G) 10:30キックオフ
 第6節  9月17日(月) vs越谷北高校 (越谷北高校G)13:00キックオフ
 第7節  9月23日(日) vs草加南高校 (本   校G) 13:00キックオフ
 第8節 10月 6日(土) vs蓮田松韻高校(越谷西高校G)14:30キックオフ
 
0

サッカー部 蹴球伝説その104 『 U16第2節 』

  8月25日(土)U16E2Bリーグ第2節vs草加西高校との試合が行われました。この日も気温は35度を超す猛暑日で、熱中症対策として前後半の中間でクーリングブレイクが取られました。試合結果は、3(1-0)(2-1)1で勝利しました。これで、通算1勝1敗となりました。
  試合については、暑さにやられてしまい前半から運動量は多くありませんでした。前半の途中から相手校は1人少ない10人という状況での試合となりましたが、手を緩めずにやるべき事をしっかりやりなさいと指示を出していました。前半の早い段階でカウンター攻撃からFW宮下勇輝(吉川南中出身)がGKとの一対一の場面を作り出し先制。後半終盤に差し掛かったところで相手ゴール前でのこぼれ球に素早く反応したMF河田樹人(越谷富士中出身)が飛び出したGKの頭上を狙った技ありのシュートで追加点。その後、CKから1点を返されますが試合終了直前に左サイドからのクロスをFW貴志龍(松伏中出身)がヘディングでうまく合わせてだめ押しゴールという流れでした。貴志においては、後半途中に転倒した際に腕を負傷しながらも痛みを堪えて監督の制止を振り払い、試合続行を懇願した中での彼らしい意地や執念が見られた気持ちのこもったゴールでした。
  1年生には、リーグ戦の順位よりもチームとしての約束事を試合を通じてしっかりと身に付けることを言っています。この日の試合は、未熟な部分も多々見られましたが、よく声を掛け合い、ひた向きにチームとして戦っていたと思います。上級生と比べるとまだまだ未熟なところが多いですがこのリーグ戦を重ねていく中で逞しく成長していって欲しいと期待しています。
顧     問

【次  節】第3節
                                   8月27日(月)
                                                対戦相手: 草加高校
                                                試合会場: 春日部東高校G
                                                試合時間: 13:00キックオフ
0

サッカー部 蹴球伝説その103 『 選手権予選一回戦 』

 8月23日(木)台風20号が西日本に上陸するとの予報がある中で第97回全国高校サッカー選手権大会埼玉県大会一次予選一回戦が行われました。私たちの対戦相手は、滑川総合高校でした。結果は、0(0-1)(0-0)1で悔しくも初戦敗退となりました。
 相手校とは10日ほど前に練習試合をしたばかりで、その時には0-7で敗れていました。それを踏まえ、今日は戦い方を考えて挑みました。その点では、今日の試合はよく頑張っていたと思います。チームワークに徹し、それぞれが出来る最大限の力を発揮してくれました。試合前に話した「決して気持ちで負けない事。終了まで諦めない姿勢を貫く事」をよくやってくれました。チャンスらしいチャンスはほとんど作れませんでしたので、試合展開としてはとても苦しい時間が長い試合でした。それでも、よく耐えて粘っていたと思います。最後は、リスクを冒して挑みましたが同点にすることは叶いませんでした。
 今年の3年生は、今日まで本当に色々と苦労しました。この夏もなかなか事がうまく進みませんでしたが、滑川総合高校を相手にこうした試合も『出来る』のだと、今日になって示してくれました。3年生の中には、全力を出し切れた清々しさや最少得点差に終わったからこその悔しさが、試合後の表情に溢れ出ていた様に思います。
 最後になりますが、本日も遠方・早い時間にも関わらず、また暑い中でしたが彼らの試合を応援に来て下さった保護者の皆さん、卒業生、在校生、本当にありがとうございました。皆さんの熱い眼差しと応援があって、私たちはこのような試合をすることができました。今日だけに限らず、ここ数日の間、本当に多くの方から励ましの声や差入れなどを頂き、私たちはたくさんの方から応援され支えられているのだという事を改めて深く感じました。今日の試合、彼らの姿は皆さんの期待に応えられた事だと私は信じています。
 以下に本日の試合模様をいくつか載せたいと思います。撮影者は、私がこのHPに載せるからとマネージャーに依頼しました。
顧  問
【試合整列前に全員で円陣】


【整列前に入念にストレッチ】


【選手入場】


【前半キックオフ前の円陣】


【前半DFが大きくクリア】


【前半相手FK時】


【試合中の水分補給も大事な要素】


【ハーフタイム中のベンチ模様】


【逆転を目指した後半キックオフ前の円陣】


【試合終了後の挨拶】
0

サッカー部 蹴球伝説その102 『 リフレッシュ 』

 大会を3日後に控え、この夏の間の慰労と3年生への激励を兼ねて、ここ数年恒例となっている戸井田おかあさん(副顧問)による「かき氷パーティー」が開かれました。午前中に練習を行い、お昼頃からみんなで頂きました。今年は、かき氷に加えてアイスの盛り放題も用意されていて、部員たちは大いに喜んでいました。かき氷用のシロップもすぐに無くなり再度買い足しに行く程でした。私も一緒に頂きましたが、練習後の渇いた身体には最高の冷たさと甘さでした。この日に限って特別参加していた私の息子も何杯おかわりをしていたか分りません。ほぼサッカー漬けだったこの夏、こうした別の形の楽しみも部活動を通じて味わえることを部員と共に私も大変感謝しています。ですが、これは決して当たり前の事ではありません。これからも、このような事が開かれるように「周りから愛される部員、周りから愛されるチーム」に彼らが成長していくことを期待します。学校生活の中では勿論、日常生活の中からそうした姿勢を見せていって欲しいと思います。
   甲子園では、100回記念大会に相応しく"史上初"の決勝戦となりました。インターハイでも
  サッカー決勝では、山梨学院が桐光学園に試合終了間際に同点に追い着き、延長戦の末
  に初優勝を遂げました。いよいよ、私たちも大会が2日後に迫りました。皆さん、応援を宜
  しくお願い致します。
顧  問

【全国高校サッカー選手権大会埼玉県大会一次予選】
       対戦相手: 県立滑川総合高校
       会   場: 滑川総合高校G
       時   間: 9:30キックオフ(第一試合)
0

サッカー部 蹴球伝説その101 『 テストマッチ 』

  8月18日(土)八潮南高校と選手権予選前最後のテストマッチを行いました。この日は、予選に合わせて1試合目を9:30キックオフにしてもらいました。
  1試合目については、お互いに予選を想定した戦い方を取っていました。八潮南に関しては、チームでよく声を掛け合い気迫の伝わってくるゲーム内容だったと思います。私達に関しては、普段とは異なるやり方にやりづらさを感じながらも意図している事は理解できていましたし、ミスから失点を許しましたがその他はそこまでの決定機を作られる事もほぼなかったように感じました。ただ、失点場面もそうでしたが自分達のミスから相手に流れを作られたりピンチを招く場面が幾つかあった事、限られたチャンスを活かしきれなかった事が23日の課題になってくると思います。2試合目については、前半と後半でメンバーを総入れ替えしましたが、どちらもこの夏の彼らの成長が伺えた内容でした。前半は2年生主体のチームでした。得点数は少なかったですが攻撃面での良さがよく見られました。しっかりとゴールすることが彼らの課題だと思います。後半は、1年生のチームで挑みましたが身体面精神面共に4月よりも逞しくなったところが多く見られました。結果は、以下の通りです。①0(0-1)(0-0)1②4(1-1)(3-2)3。【得点者】森駿仁(越谷北陽中出身2年)、宮下勇輝(吉川南中出身1年)、山口善太(越谷西中出身1年)、山田隆斗(草加新栄中出身1年)。
  いよいよ、4日後に選手権予選が始まります。遠方で早い時間からの試合となりますが、皆さん応援を宜しくお願い致します。
顧    問
0

サッカー部 【 選手権一次予選日程 】

 8月23日から始まる全国高校サッカー選手権埼玉県一次予選の組み合わせが決まりました。本校は、初戦の相手が滑川総合高校になりました。何の由縁か、つい先日に試合をして頂いたばかりです。とても厳しい試合になると思いますが全力でぶつかりたいと思います。3年生にとっては、これで公式戦最後の大会となります。中にはサッカーを競技スポーツとして行う最後の大会になる部員もいることでしょう。この夏休みは、すべてこの大会のために取り組んで来ました。猛暑の中で連日試合を重ねた事も、合宿で走り込んだ事も、それぞれの課題に対して真摯に向き合ってきた事も、すべてはこの大会で1つでも勝ち上がれるようになるために。彼らには悔いのない試合をしてくれる事を期待します。皆さん、温かい応援をどうぞ宜しくお願い致します。

顧  問



【全国高校サッカー選手権埼玉県一次予選】 一回戦


       対戦相手: 県立滑川総合高校
       場   所: 滑川総合高校G
       時   間: 第一試合 9:30キックオフ

<一次予選トーナメント表>
https://www.sfa2.jp/wp-content/uploads/2018/08/5fcac5d4253c3c022ce7d13f78b5b7f0.pdf

0

サッカー部 蹴球伝説その100 『 活動報告 』

  サッカー部の夏合宿後の活動を報告致します。
  【8月10~12日 県北研修サッカー大会】
    8月10日  児玉高校  ①vs秩父農工科学1(1-2)(0-1)3
                                  ②vs秩父農工科B1(1-0)(0-1)1
                                  ③vs児玉高校1(0-1)(1-1)2
    8月11日  熊谷さくら運動公園  ①vs熊谷工B0(0-8)(0-5)13
                                                ②vs滑川総合0(0-4)(0-3)7
                                                ③vs羽生第一0(0-2)(0-0)2
    8月12日  熊谷西高校 ※前日からの雨によりグランドコンディション不良で中止

 【8月14日  練習試合vs草加高校】本校会場
    ①0(0-0)(0-1)1
    ②0(0-0)(0-0)0
    ③1-0 ※35分1本のみ
 なかなか良い結果は得られませんでした。12日に関しては、雨により中止となり非常に残念でしたが、この2日間で練習試合を行えないような北部地区のチームと複数試合行えたのは彼らにとって  良い経験をさせてもらえたのではないでしょうか。
  いよいよ15日に全国高校サッカー選手権大会の組合せ抽選会が行われます。詳細が決まり次第こちらでお知らせ致します。
顧     問
0

サッカー部 蹴球伝説その99 『 夏合宿 2018 』

 7月26日~29日まで3泊4日で今年も福島県南会津で合宿をしてきました。この合宿の目的は、大会前にチームワークを高める事はもとより、涼しい所での走り込み、ご飯を食べる事の重要性、トレーニング時間から逆算しての起きる時間、学年の垣根を超えてコミュニケーションを取る事としています。今年は、行く前日に台風が発生し天候が心配でしたが、台風の影響はほとんどなく幸運な事に彼らが活動している時間はすべて雨が降りませんでした。お陰でほぼ予定通りに進むことができました。ただ、例年よりも体調を崩す1年生が多かった事や食事を最後まで食べきることができなかった部員が出た事は残念でした。そして、この4日間で更にチームワークを高めて8月に乗り込みたかったのですが、その点も不完全なまま合宿が終わってしまいました。
 彼らには、合宿はこの4日間を過ごして良しではなく、ここでの経験を自分の生活に反映してこそ価値のある合宿だという事を最後に話しました。不規則な生活になりがちな夏休み、普段からしっかりとご飯を食べる食習慣、つらいトレーニングもチャレンジする姿勢、いろんな人と積極的に会話をしていく。彼らにとって、貴重な4日間になったことを期待しています。
 最後に合宿での模様をほんの一部だけ紹介させて頂きます。

初日の坂道往復ランニング


スタート地点での休憩中の様子


夜のミーティングの様子


明け方の宿舎からの眺め


朝運動の様子


2日目のトレーニングで彼らが走った足跡


ある朝のマネージャーの朝食


ある夜の選手の夕飯


最終日の昼食『アストリア丼』


3日目の14kmマラソン その1


3日目の14kmマラソン その2


3日目の14kmマラソン その3


マラソン終了後には「架け橋」が大空へ
0

サッカー部 蹴球伝説その98 『 痛い敗戦 』

 本校も夏休みに入り早くも7月が終わりとなりました。本日は、部活動体験に多くの中学生、保護者の皆様に来て頂けて在校生も大変喜んでおりました。この夏休み中でしたら、いつでも部活動体験を行いますので、ご興味のある方はどうぞ本校の方へ電話連絡を頂ければと思います。
 報告が遅くなりましたが、7月16日と21日にU18リーグ第9節vs越谷南高校B、第10節vs幸手桜高校との試合がありました。16日の結果は、1(1-2)(0-1)3で敗れました。21日の結果は、9(5-0)(4-0)0で快勝する事ができました。これでリーグ戦通算7勝2敗1分となり、勝ち点22で残り2試合のところで暫定首位となりました。
 ただ、16日の試合についてはとても酷い内容でした。今年のチームはなかなか歯車が噛み合いません。いつになってもひとつにまとまりません。越谷南高校B戦では、それが敗因となり痛い一敗となりました。
 リーグ戦につきましては、次節は9月になりますので、3年生にとって次の公式戦はいよいよ8月23日から始まる選手権予選となります。大会まであと3週間となりましたが、チームは未だにまとまりきってはいません。残された試合や日々の練習の中で最大の弱点を克服して欲しいと思っています。
 併せまして、16日の午後に行われましたU16リーグ第1節vs越谷西高校との試合は、0(0-1)(0-2)3で敗れました。こちらの試合はどの点をとっても相手チームの方が上手でした。
 夏休みも8月に入り、選手権一次予選から出場するチームにはいよいあと三週間となりました。残された時間の中で彼らがあとどのくらい成長できるのでしょうか。
顧       問
0

サッカー部 蹴球伝説その97 『暑さとの戦い』

 9日(月)に期末考査が終了し、部活の方もようやく再開しました。今回、私達は考査明け数日後にリーグ戦が控えていましたので、考査一週間前でも1時間程度の練習をしながら考査を迎えました。リーグ戦当日は予想していた通り、否、予想以上に気温が高くなり、熱中症対策の観点からも今回は考査前でも練習を続けさせて良かったと思いました。
 7月14日(土)U18リーグE3Cリーグ第8節vs羽生第一高校との試合が三郷工業技術高校で行われました。羽生第一高校とは、このリーグ戦の初戦で3-3の引き分けでした。2回目の対戦結果は、3(2-1)(1-0)1で勝利することができました。これで通算6勝1敗1分という形になりました。
 試合については、とにかくこの暑さの中で80分間集中して試合をできるかどうかだけでした。そうした観点から、前後半でねらいを変えて試合に挑みました。それが功を奏したのかは分かりませんが、前半の2得点は、そうした戦術から普段とは違ったポジションでプレーしていた2人が決めてきました。後半は、ねらいとしていた事がほとんど行えなかったように思いますが、それでも相手に同点ゴールを許さなかった事がこの試合は大きかったと思います。後半に決めた3得点目は、このチームでは珍しく、FKが直接決まった形となりました。
 いよいよリーグ戦も正念場です。16日(月)の越谷南高校Bとの試合の結果によっては、他校との差を更に広げられる位置につけられました。今夜は、W杯3位決定戦。明日は、いよいよW杯ファイナル。でも、私達は明後日のU18リーグの事だけを考えて、今夜は静かにゆっくりと休む事でしょう。
 
 本日も大変暑い中、応援に来て下さったみなさんありがとうございました。まだまだ未熟なチームですが来月から始まる選手権予選まで最後まで出来る限りの事を尽くして精一杯頑張っていきたいと思いますので、今後とも温かいご声援をどうぞ宜しくお願い致します。
顧   問

【次 節】

  7月16日(月)
  U18リーグE3Cリーグ 第9節
     相 手: 越谷南高校B
     場 所: 本校G
     時 間: 10:00キックオフ
  U16リーグE2Bリーグ 第1節
     相 手: 越谷西高校
     場 所: 本校G
     時 間: 14:00キックオフ
0

サッカー部 蹴球伝説その96 『 revenge 』

 先週の6月24日(日)に本校にてU18E3Cリーグ第7節vs八潮高校Cチームとの試合がありました。6月初めの前対戦では、先制しながらも後半に逆転されて悔しい試合となり、その時にこの日は必ず勝とうという話をしていました。結果は、2(0-0)(2-1)1で勝つ事ができました。これで、通算5勝1敗1分で勝ち点を16まで伸ばしました。
 この日は、1年生DFの相澤新(春日部武里中出身)と同じく1年生MFの河田樹人(越谷富士中出身)の2人が活躍してくれました。特に河田は、後半の開始早々にハーフライン位の高さのタッチライン際でボールを受けると、そこからドリブルを始めて、相手選手を2人かわして一気にペナルティエリアの中まで侵入して行って、そのまま自らシュートを打って得点してしまいました。
 試合の中身としては、課題ばかりの内容でしたが、この試合の一番の目標は遂げる事が出来ました。また、この日を迎えるまでに様々な事が起こりました。この日の前日にも事がありました。『失敗は、成功の素』その言葉を信じてまた一歩ずつやっていくしかありません。リーグ戦は、ここから期末考査期間を挟んで前期残り3節となります。
 
 最後に、この日も会場まで足を運んで頂き、彼らの応援をしてくださった皆さんありがとうございました。特に在校生からの応援は、彼らにとっては非常に大きな力になるようでした。次回もまた来てください。宜しくお願いします。
顧   問


              【次 節】 第8節
     7月14日(土)
     相  手: 羽生第一高校(前対戦3-3の引分)
     場  所: 三郷工業技術G
     時  間: 12:00キックオフ

0

サッカー部 蹴球伝説その95 『Bravo!!』

 6月14日(木)から4年に1度のサッカーW杯ロシア大会がいよいよ開幕しました。まだ大会3日目が終わっただけですが、毎晩見所の多い試合ばかりが展開されています。日本代表も19日(火)に初戦のコロンビア戦があります。Forza!!NIPPON!!
 そんな中、私達もU18リーグ第6節が6月17日(日)に行われました。対戦相手は、開智未来高校でした。この試合は、チーム事情もあり1年生主体で試合を行いました。結果は、2(2-0)(0-0)0でなんと勝利する事が出来ました。これで通算成績を4勝1敗1分としてリーグ戦一巡目を終えました。
 先程書きましたように、この試合は1年生主体で試合に臨みました。入部してまだ2ヶ月の1年生ばかりで80分間をどう戦うか、それしか私の頭の中にはありませんでした。(前日に行われていたアルゼンチン対アイスランドの一戦なんて全く頭にはありません)いつもと違う形、いつもと違う戦術、彼らにとっては難しい所も沢山あったと思います。それでも、精一杯チームの勝利の為に、1点を獲る為に、相手に得点させない為に、よく頑張っていました。ゲーム展開も正しく狙い通りにうまくいきました。久々に見ていてとても気持ちの良い試合内容だったと思います。今のチーム状況の中でよく頑張ってくれました。
 前回の項で『チームがまとまること』について書きました。この課題は、未だに解決できていません。ですが、如何にそれがサッカーにおいて大切なことなのか、それをW杯という舞台で多くのチームが証明してくれています。エジプトは、ウルグアイと試合終了間際まで同点の試合を行い、イランは、モロッコからW杯20年振りの勝利を掴み取り、オーストラリアは、フランスと互角の戦いを演じ、人口わずか35万人(川越市とほぼ同じ)のW杯初出場アイスランドは、前大会準優勝のアルゼンチンと引き分けの戦いをしています。彼らには、1日でも早くこの大きな課題に立ち向かって欲しい、そして『チーム一丸』となって、前期残りのリーグ戦、そして夏の選手権予選に向けて取り組んでいきたいと思っています。
 この日も、グラウンドまで足を運んで頂き、応援に来て下さった皆さんありがとうございました。「勝利の女神」のお陰様でチームの窮地を凌ぐ事が出来ました。これからも、温かいご声援をどうぞ宜しくお願い致します。
顧  問
【次 節】
     6月24日(日) U18E3Cリーグ 第7節
          対戦相手: 八潮高校C  
          試合時間: 10:00 
          場   所: 本校G
0

サッカー部 蹴球伝説その94 『 分 離 』

 中間考査、体育祭とありまして更新が滞ってしまいました。遡りますが、5月12日(土)U18リーグ第3節vs三郷工業技術高校との試合は、2(1-0)(1-0)0で勝利しました。翌日の5月13日(日)に行われたU18リーグ第4節vs八潮高校Cとの試合は、1(1-0)(0-2)2と先制しながらも惜しくも逆転負けをしてしまいました。そして、6月3日(日)に行われましたU18リーグ第5節vs幸手桜高校との試合は、5(2-0)(3-0)0で勝利することができました。この試合については、2年生FW北條暖都(越谷平方中出身)が4得点の大活躍でした。他にも、途中出場ながら1年生FW内田翔也(越谷西中出身)や1年生MF内藤駿(吉川南中出身)の台頭もチームに大きな力を与えてくれました。
 ここまでリーグ戦は5試合消化で通算3勝1敗1分け、得失点+7。残りの試合は、夏休みまでにあと5試合、9月中に2試合という日程です。今年の目標は、何度も書いていますが『E3Cリーグを優勝して2部昇格』。目標を遂げるために、夏休みまでの5試合を全勝で9月を迎えたいところです。
 そのためには、まず足元を見つめ、自分たちがしっかりとチームとして固まっていないとダメです。4月からシーズンが始まりましたが、未だにチームが固まりません。こんな状態では、5戦全勝はおろか、リーグ優勝なんて到底難しい事でしょう。そういった意味では、3年生に大きな期待を寄せています。試合に出る出ないに関わらず、この状況でチームをまとめられるのは、最終学年の3年生でしょう。どんなチームでも、経験豊富なベテラン選手が大事にされる所以はそこにもあると思います。今こそ、これまで2年間で培ってきたものをチームの為に還元して欲しいと思います。
 最後になりますが、この日も、先日のリーグ戦の日も暑い中、応援に来て下さった保護者のみなさん、ありがとうございました。私たちは今、苦しいチーム状態にありますが、「感謝」「集中」「不屈」の姿勢を忘れずに一戦一戦を全力で臨んでいきたいと思いますので、今後とも温かいご声援をどうぞ宜しくお願い致します。
顧   問

今後の予定
6月 9日(土)練 習
6月10日(日)緑赤戦(学年対抗)
6月16日(土)試合練習 vs叡明高校(叡明G)10:00
6月17日(日)U18E3Cリーグ第6節vs開智未来高校(本校G)10:00
6月23日(土)練 習
6月24日(日)U18E3Cリーグ第7節vs八潮高校C(本校G)10:00
7月14日(土)U18E3Cリーグ第8節vs羽生第一高校(三工技G)12:00
7月16日(月)U18E3Cリーグ第9節vs越谷南高校(本校G)10:00
7月21日(土)U18E3Cリーグ第10節vs幸手桜高校(三工技G)12:00
0

サッカー部 蹴球伝説その93 『 停 滞 』

 総体東部支部予選も1回戦で早々と敗退し、次なる目標へと向かうべく5月4日に春日部工業高校と5日には杉戸高校と試合練習をしてもらいました。春日部工業高校とは3試合を行い、①4(3-1)(1-1)2②1(0-0)(1-0)0③2(0-1)(2-0)1という結果でした。杉戸高校とは2.5試合を行い、①0(0-0)(0-1)1②0(0-0)(0-1)1③0-1という結果でした。どちらとの試合も総体予選で敗因となった部分を課題として臨みましたが、試合の中で改善しようという努力は見られず、同じことの繰り返しの様に感じた両試合でした。
 暫く長い間、部員には同じことばかりを言ってきている気がしています。総体予選でも、そこを強調して挑んだのですが、悪い予感は見事に的中してしまいました。連休中の試合練習も、その点に自分たちで気付き、これまで以上に意識を強く向けて欲しいと思い、組んでもらいました。また、自分たちに勝利したチームや、自分たちが勝ち上がっていたら対戦することになっていたチームがどんな試合をしているのか、自分たちが試合をしていたら戦うことが出来ていたのか、それらを感じてもらうために3日と6日には総体予選の試合を会場校まで観に行きました。彼らは、この一週間で何を感じたのでしょうか。ここから、どう変わっていくのでしょうか。私たちには、これ以下なんてありません。ここから、昇って行くしかないのです。
顧  問

【次 戦】
5月12日(土)U18E3Cリーグ 第3節
        相 手 :県立三郷工業技術高校
        場 所 :三郷工業技術G
        時 間 :10:00キックオフ

5月13日(日)U18E3Cリーグ 第4節
        相 手 :県立八潮高校C
        場 所 :本 校G
        時 間 :10:00キックオフ
 
0

サッカー部 今後の活動予定

 新中学3年生の皆さんに向けて今後の活動予定を掲載いたします。今は、自分の中学最後の大会へ向けて頑張っている時期だと思いますが、もしも興味関心があったら、一度越谷東高校サッカー部を見てもらい、進路を考える時の参考にしてもらえればと思います。
顧  問


  5月 3日(木) 総体支部予選2回戦見学(越谷総合技術G)
  5月 4日(金) 試合練習 vs春日部工業高校(本校G)
  5月 5日(土) 試合練習 vs杉 戸高校(杉戸G)8:30キックオフ
  5月 6日(日) 総体支部予選3回戦見学(久喜北陽G)
  5月12日(土) U18リーグ第3節 vs三郷工業技術高校(三郷工業技術G)10:00
  5月13日(日) U18リーグ第4節 vs八潮高校C(本校G)10:00
  5月19日(土)20日(日)試験前休み
  5月26日(土) 未 定
  5月27日(日) 未 定
  6月 2日(土) 練 習
  6月 3日(日) U18リーグ第5節 vs幸手桜高校(本校G)10:00
0

サッカー部 蹴球伝説その92 『総体支部予選結果』

 4月29日(日)昭和天皇御誕生の日に総体東部支部予選一回戦が行われました。対戦相手は、庄和高校でした。この日は、1試合目から気温が25度を超える暑さで体力や集中力的には分が悪くなるだろうと考えていました。試合前には、失点するとするならばこういう場面や時間帯だという事を振り返って試合に挑みました。
 結果は、0(0-2)(0-1)3の完敗でした。失点の全てが「指摘した失点場面」通り過ぎて、私たちの弱さをまざまざと痛感させられました。ただ、試合内容的には決して否定的な事ばかりではありませんでした。何よりもリーグ戦も含めここ数試合は、課題のひとつであった「精神的タフさ」がプレーに現れる様になってきました。目指している「パスを丁寧に繋ぐ」事も少しずつ増やせる様になってきました。ゴールと言う形では現わせませんでしたが、「シュート場面」も以前よりも作り出すことが出来る様になってきました。相手選手は、後半複数人が足を攣らせて交代していく中、彼らは最後まで走り抜くことが出来ていました。かなりの波のあった「集中力」もこの試合では良い状態を保つ時間の方が多かったです。『日々の練習や試合の中で真剣に取り組んできた事が少しずつ身に付いてきている部分』と『日々の練習や試合の中で適当に済ませてきてしまっている部分』がはっきりと見えた試合でした。
 私達の県大会への挑戦は初戦で終わりました。今年の大きな目標のひとつであった「総体予選県大会出場」は、今年も果たせずに終わってしまいました。ですが、これも彼らにとっては成長の糧に過ぎず、次節のリーグ戦、そして夏の選手権予選へと気持ちを向けて、また歩んで行かなくてはいけないと話をしました。
 この日も暑い中、また遠方まで足を運んで頂き、彼らと共に戦ってくださった皆さん、本当にいつもありがとうございます。この試合を更なる成長の原動力となるよう益々頑張って行きたいと思いますので、今後も温かいご声援を宜しくお願い致します。

 最後に余談を。この日、部員を解散させた後、帰宅しようとしていた所に会場校の蓮田松韻高校の監督から「紅白戦をやるんだけど、ひとり足りないからよかったら一緒にやる?」と声を掛けて頂きました。当然準備もしていませんでしたが”少しぐらいなら問題ないだろう”と安易な気持ちで即答してしまったのが間違いでした。まさか、30分×3本もやることになるなんて…。2本目の終盤からは両脚ふくらはぎが攣り、走る事も跳ぶ事もままならない様な状態でピッチに立っていました。それでも、越谷東高校の名に恥じぬよう、(大人の意地も少々あった様な…)必死にプレーさせてもらいました。チームが3得点した内に1得点1アシストはまずまずだったのではないでしょうか。生徒にサッカーはこうやるんだと教えるのも楽しい事ですが、サッカーができる喜びを改めて感じさせてもらえました。越谷東の部員たちとも、いつかこんな風に全力で一緒にサッカーが楽しめる日が来てくれる事を期待しています。蓮田松韻高校サッカー部の皆さん、私にサッカーの楽しさを、サッカーができる喜びを再認識させて頂きありがとうございました。本当に楽しかったです。(帰宅後は大変でしたが…)今度、伺う時にはスパイクを持って行きたいと思います。
顧  問
<総体支部予選1回戦結果>
https://www.sfa2.jp/wp-content/uploads/2018/04/9bcce8f61a21e564bc80de489ae68096-2.pdf
0

サッカー部 蹴球伝説その91 『影と光 』

 4月22日(日)U‐18東部E3Cリーグ第2節が本校にて行われました。対戦相手は、越谷南高校でした。この日は、越谷市の最高気温が30度近くまで高くなると言われ、9時過ぎの段階で既に25度近くになるほど暑い日でした。
 前節の羽生第一高校戦で惜しくも勝ち点3を取り逃がした事を反省し、この試合の最大の目標は「勝ち点3を獲る事」でした。結果は、3(1-1)(2-1)2で勝利し、2試合が終わったところで1勝1分けの勝ち点4とする事ができました。
 ここまで2試合で6得点。昨年の東部大会や新人戦では「得点できない事」で苦しんでいたチームが、この2試合では3点ずつを挙げられるようになった事はとても評価しています。特に勝ち越し点になった3点目は試合残り時間5分を切ったところでの得点でしたので、最後の最後までゴールを目指す姿勢をよく見せてくれたと思います。得点者を見ても、誰かに偏る訳でもなく、様々な生徒が得点している事も良い事ではないかと思っています。ですが、逆に2試合で5失点。これは、問題だと話をしました。特に、失点する場面は必ず共通しているから問題なのです。2試合続けて同じような失敗を繰り返してしまう。1試合の中でも修正する事ができずに失点されてしまう。自分達の良さだけに目を向けるのではなく、弱点にこそ目を向けて、そこから逃げずに、克服する勇気と努力を、チームとして持ち合わせて欲しいと生徒に話をしました。
 リーグ戦は、次節の三郷工業技術高校戦まで少し間が空きますが、今週末から始まる総体支部予選では『一戦必勝』を掲げて、県大会出場を果たせるよう頑張りたいと思います。
 最後になりますが、大変暑い中グラウンドまで足をお運び頂き応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました。今後とも越谷東高校サッカー部に温かいご声援をどうぞ宜しくお願い致します。
顧   問


  【総体東部支部予選】
     日  時: 4月29日(日)
     会  場: 県立蓮田松韻高校G
     時  間: 14:00キックオフ(第3試合目)
     相  手: 県立庄和高校
        ※勝利できると5月3日(水)に2回戦
0

サッカー部 高校総体支部予選組合せ

 いよいよ来週4月29日(日)より、高校総体東部支部予選が始まります。3年生にとっては、残った大きな試合の1つ目になります。幾つかの高校では、この大会を機に3年生が部活を引退して自分たちの進路の準備を始めるところもあるそうです。
 今年度は、支部予選に参加する東部34校の中から6校が5月に始まる県予選へと進みます。この大会目標は、支部予選を勝ち抜いて県予選に進出する事です。リーグ戦とは異なり、必ず勝たなければ次へとは進めません。決して容易な事ではありませんが、チーム一丸となり不撓不屈の精神で、まずは初戦を頑張りたいと思います。皆さん、彼らに熱い応援を激励のメッセージを宜しくお願いします。今週末22日(日)には、本校にてU18リーグ第2節vs越谷南高校Cとの試合も10時からあります。今節こそは、『勝ち点3』を獲りたいと思います。
顧   問


【総体東部支部予選】

   1回戦 4月29日(日)
        対戦相手: 庄和高校
        場   所: 蓮田松韻高校G
        時   間: 第3試合目 14:00キックオフ

<総体東部支部予選トーナメント表>
https://www.sfa2.jp/wp-content/uploads/2018/04/9bcce8f61a21e564bc80de489ae68096.pdf
0

サッカー部 蹴球伝説その90 『成長と課題 』

 4月7日(土)U18E3Cリーグ第1節vs羽生第一高校との試合が三郷工業技術高校Gで行われました。今年は、なんとしてもリ-グ優勝して2部昇格を目指す事、新人戦後から課題として取り組んできた事の再確認をして試合に挑みました。結果は、3(2-2)(1-1)3の引き分けで、初戦は勝ち点を得る事ができました。
 試合としましては、非常にもったいない試合だったと振り返りました。前半の15分過ぎに先制するもすぐに自分達のミスから同点にされ、前半のうちに勝ち越しに成功するも、再びミスから同点に追いつかれる展開。後半は、相手が先にチャンスを掴み、PKがあったがこれを相手が失敗してくれたお陰で残り時間20分を切ったところで勝ち越しの3点目。そのまま逃げ切れそうだった試合終了直前に3回目の同点ゴールを許してしまい、あと一歩のところで勝ち点3を逃してしまいました。
 追いつかれても追いつかれてもゴールを目指す姿勢は大変良かったと思います。ですが、前半のうちに決定的な場面を決めきれなかった事、後半のピンチの後に現われた決定的な場面を決める事ができなかった事が勝敗に大きな影響を与えたと思います。
 スタメン11人中9人が2年生という事もあり、まだまだ「弱い」チームですが、今後とも温かいご声援を宜しくお願い致します。
 最後になりますが、この日も会場まで足を運んで頂き応援して下さった保護者の皆さま、ありがとうございます。今年は、本校での試合が多く予定されていますのでこれからも、どうぞ宜しくお願い致します。
顧   問


【時 節】
日時:4月22日(日)
場所:本校G
相手:越谷南高校C
0

サッカー部 U-18E3Cリーグ日程

 今年度のU-18東部支部3部Cリーグの日程を掲載致します。本校でも試合を行いますので新中学3年生の皆さんは部活動見学の一環にして頂ければと思います。また、保護者の皆様、在校生、卒業生のたくさんの声援をどうぞ宜しくお願い致します。
顧  問


第 1節  4月 7日(土) vs 羽生第一高校 12:00 三郷工業技術G
第 2節  4月22日(日) vs 越谷南高校C 10:00 本校G
第 3節  5月12日(土) vs 三郷工業技術高校 10:00 本校G
第 4節  5月13日(日) vs 八潮高校C 10:00 本校G
第 5節  6月 3日(日) vs 幸手桜高校 10:00 本校G
第 6節  6月17日(日) vs 開智未来高校 10:00 本校G
第 7節  6月24日(日) vs 八潮高校C 10:00 本校G
第 8節  7月14日(土) vs 羽生第一高校 12:00 三郷工業技術G
第 9節  7月16日(月) vs 越谷南高校C 10:00 本校G
第10節  7月21日(土) vs 幸手桜高校 12:00 三郷工業技術G
第11節  9月15日(土) vs 三郷工業技高校 12:00 八潮G
第12節  9月30日(日) vs 開智未来高校 10:00 本校G
0

サッカー部 蹴球伝説その89 『 開幕 』

 4月2日を迎え、満開だった桜も少しずつ散り始めてきました。部員の1、2年生も皆進級して今日から新たに2、3年生となり、3年生にとってはいよいよ高校最後の1年が始まろうとしています。最後まで悔いがない様に日々の部活に打ち込んで欲しいと思います。2年生達は、上級生となりこの一年間で学んだ経験を活かして良き先輩として後輩の模範となって欲しいです。私達サッカー部は、今週末からU-18リーグ東部3部リーグが開幕します。今年は、昨年度の2部から降格をし、なんとしても今年で2部に戻ろうと目標を掲げてやってきました。まだまだ未熟な点の多い部員達ですが、この春休み中に部活動に参加をしてくれた新入生から刺激を受けて益々精を出してくれることを期待しています。明日から6日までは、予定通り本校にて練習です。一日でも早く高校サッカーに慣れてもらう為にも、一日でも早く私達越谷東高校サッカー部の一員になってもらう為にも、ひとりでも多くの新入生の練習参加を楽しみに待っています。
 今年度も『不撓不屈』の精神と『感謝・集中・不屈』の信念を持って、一年間顧問、部員共々全力で頑張って行きますので、皆さんの温かいご声援をどうぞ宜しくお願い致します。
サッカー部顧問  阿部 聡太
0

サッカー部 『春休み活動予定』

 サッカー部の春休み中の活動予定をお知らせします。4月から中学3年生になる中学生の見学・練習参加及び試合練習相手をお探しの中学校サッカー部の顧問の先生方、高校サッカー部の顧問の先生方、どうぞご連絡ください。どこへでもお伺いさせて頂きます。宜しくお願い致します。
顧  問


  3月24日 9時本校G 3年生卒業記念試合
  3月25日 練習 9時本校(外回り)
  3月26日 試合練習(本校) vs草加西高校 10時
  3月27日 練習 9時本校G
  3月28日 練習 9時本校G
  3月29日 練習 9時本校G
  3月30日 練習 9時本校G
  3月31日 練習 9時本校G 休み
  4月 1日 練習 9時本校(外回り)
  4月 2日 休み
  4月 3日 練習 9時本校G
  4月 4日 練習 9時本校G
  4月 5日 宿題終わらせます会 9時本校
  4月 6日 練習 9時本校G
  4月 7日 U18東部3部リーグ 第1節vs羽生第一高校 12時(三郷工業技術G)
  4月 8日 休み
0