日誌

サッカー部日誌

第99回全国高校サッカー選手権大会 埼玉県大会1回戦結果 【サッカー部】

 9月6日(日)、第99回全国高校サッカー選手権大会 埼玉県大会1回戦VS桶川高校が行われました。3年生にとって負ければ引退となる最後の大会となります。

 結果は、以下のようになりました。

      越谷東 V S 桶川

前半    1   ー   0

後半    0   ー   1

延長前半  0   ー   0

延長後半  0   ー   0

PK戦      3   ー   4     PK戦の末、1回戦敗退

 結果は1回戦敗退となってしまいましたが、最後まで戦ってくれた選手たちを誇りに思います。また、3年生がピッチで戦っている姿は、まだ先のある1・2年生に大きな物を残してくれました。また、顧問一同の心を大きく動かしてくれました。前顧問も会場に足を運んでくださり、「選手たちがこんなに大きく成長しているとは思わなかった。いい試合を見させてもらった。ありがとう。」というお言葉をいただきました。この試合に全てを賭けた3年生。責任と誇りを持ち、ピッチで戦ってくれたメンバー、ピッチに立っている選手に声をかけ続けるサブメンバー・登録外のメンバー、選手の事を1番に考えサポートするマネージャー、今までに見たことのない、言葉で書き表せないくらいの一体感がチームに生まれていました。顧問としては、全ての力を出し切り、越東魂を持って最後まで戦ってくれた選手たちへの感謝の気持ち。こんなに素晴らしいチームを勝たせてあげられなかった悔しい気持ち。また、顧問としてもっとしてあげれたことがあったのではないかと色々考えてしまっています。しかし、この敗戦は勝った時よりも多く学ぶことがあったのではないかと感じています。選手たちには、「この敗戦を悔しいと思うだけではなく、今後の人生の糧にしていってほしい。」とミーティングで伝えました。選手たちは、今日の敗戦を今後の人生の糧に必ずしてくれると顧問は確信しています。

 

保護者の皆様へ

 日頃より、サッカー部の活動についてご理解、ご協力いただき、心より感謝申し上げます。今回、コロナ感染拡大防止対策の為に無観客試合での開催となりました。サッカー部の活動に日頃からご協力いただいてる保護者の皆様に、3年生にとって最後の大会でのプレーをお見せすることができなかったことを大変申し訳なく思っています。3年生を中心に選手たちは、最後まで立派に戦ってくれました。この場を借りてご報告をさせていただきます。今後ますます、越谷東高校サッカー部で活動する選手たちにとって、より良いものになるよう、顧問一同精進して参ります。また、保護者の皆様と共に手を携え、進んで参りたいと思います。変わらぬご支援、ご協力をお願いいたします。

 

3年生の皆さんへ

 本当にお疲れ様でした。君たちが最後まで立派に戦う姿を見て私の心は大きく動かされました。君たちから改めて、直向きに努力を続ける大切さ、高校サッカーの素晴らしさ、サッカーの素晴らしさを学ばせてもらいました。また、君たちの戦う姿は越谷東高校サッカー部、後輩たちに大きな物を残してくれました。本当にありがとう。君たちの人生は、今日の試合でいうと前半20分の引水タイムに満たないでしょう。残り前半20分、後半40分、延長20分、PK戦と君たちの人生は続いていきます。今日の敗戦、越谷東高校サッカー部で過ごした時間が今後の人生に少しでもプラスになってくれたら幸いです。また共にボールを蹴りましょう。

 

 

 

 

 

 

0

練習試合報告 【サッカー部】

 先日、叡明高校・久喜北陽高校と練習試合をさせていただきました。選手たちは多くの刺激を受けた試合となりました。

 選手権大会に向け、選手たちに以下のことを伝えています。

・失敗を恐れずチャレンジすること

・意図をもってプレーすること

・自分の強みを出すこと

・チーム内でプラスの声かけをすること

・ミスを気にしない

 

 選手たちには、「才能」を「強み」にしてほしいと思います。

「ほとんどの人は、自分は何が得意かを知っていると思っている。しかし、たいていは間違っている。それでもなお人は、強みによってのみ何かを成し遂げることができる」 ピーター・ドラッカー

最近読んだ本の中で、印象に残った言葉になります。

 

選手権大会に向けて、チーム一丸となって準備していきたいと思います!

0

練習試合・全国高等学校サッカー選手権大会埼玉1次予選組み合わせ 報告 【サッカー部】

 ここ数日で、庄和高校・浦和東高校・草加高校と練習試合をさせていただきました。選手権大会1次予選が近づいてきているなか、多くの収穫があった練習試合となりました。

 ここ最近、顧問が感じている大きな1つとして、「選手同士のコミュニケーション」がとても増えてきていると感じています。自分の考えや要求、チームでの確認事項などの話し合いが積極的に行われています。試合前や試合中、ハーフタイムなどでは、今までではあまり見られなかった光景が広がっています。まだまだ課題は山積みですが、選手達の成長している部分が見られました。

 選手達に、ここ最近強く伝えている1つとして、「イメージをもってプレーをする」があります。ミスは仕方がありません。誰しも得意・不得意があるでしょう。できる・できないもあるでしょう。そんなことは大きく気にする必要はないのです。大切なのは、「やるか・やらないか」だと思います。選手達には、ミスは仕方がない。自信をもってチャレンジしてみろ。と伝えています。自部の個性を前面に出し、自身をもってプレーしてもらいたいと思います。

 先日、選手権大会一次予選の組み合わせが決まりましたのでご報告させていただきます。今大会に関しては、無観客試合等で行うなど保護者の皆様には多くのご理解とご協力をいただく大会となっています。顧問・選手一丸となって皆様に恩返しができるよう取り組んでいきますので、引き続き変わらぬご声援をよろしくお願いいたします。

 

全国高等学校サッカー選手権大会埼玉1次予選組み合わせ 

https://www.sfa2.jp/10386/

 

全国高等学校サッカー選手権大会埼玉1次予選 実施について

https://www.sfa2.jp/10384/

 

 

 

 

 

0

テリヤカップ 参加報告 【サッカー部】

 8月7日(金)・8日(土)に行われたテリヤカップに参加をしてきました。今年度は、越谷東A・越谷東Bの2チームでエントーリをし、2日間で各チームとも4試合以上の試合を行いました。2チームで参加したこともあり、選手ひとりひとりの試合出場時間が長くとても充実した2日間となりました。両日とも気温35℃位での試合となりましたが、サッカーができる喜び、試合ができる喜びを感じている選手も多くいました。

 今回のフェスティバルで大きな収穫となったことが2つありました。1つ目は、選手それぞれが「個性」を発揮してくれたことです。県大会出場を目指すには、選手それぞれの個性を合わせ化学反応を起こしていくことが必要不可欠です。選手たちには引き続き自分の「個性」を理解し、ピッチ上でどんどん体現していってもらいたいです。

 2つ目は、攻守においてそれぞれ大きな課題を確認することができたことです。選手権予選まで約1ヶ月。まだまだ改善することができます。また、明日からの練習・練習試合で突き詰めていきたいと思います。この課題を克服できればチームが生まれ変わると確信しています。

 応援してくださる皆様にひとつでも良い報告ができるよう、チーム一丸となって準備をしていきたいと思います。変わらぬご支援、ご協力をよろしくお願いいたします。

 

 

 

0

8月4日(火) サッカー部練習試合について

 8月4日(火)、VS 川口東高校 ・ VS VIENTAS(中学生クラブチーム)と練習試合を行いました。今回の試合も気温が30℃を超えるなかでの試合となりました。

 前回の練習試合に引き続き、多くの選手が「今自分ができること」「自分のストロングポイント」をピッチ上で体現してくれました。また、少しずつではありますがコンディションも上がってきているようにも感じます。今回の1番の課題としては、「ゲームの流れを読む」という部分でした。ピッチの中では様々な流れが存在しています。相手の流れ、自分たちの流れ、チャンスの時間、耐えしのぐ時間など様々な時間があります。県大会に出場するためには、その時の流れに応じたプレーや判断、チームへの声かけが必要不可欠です。この後も練習試合等は続いていきます。「最高の結果」を勝ち取るために「最高の準備」をしていきたいと思います。

 

 

0