日誌

男子バスケットボール部日誌

男子バスケ部 顧問のボヤキ②

 

本日も顧問は学校再開に向けて準備を行いました。

午前中、中島橋までランニングを行い、その後体育館フロアのモップ掛けを行いました。

部員は気づいている?と思いますが、学校が休校になった3月の直後に体育館のワックスがけを業者の方にやってもらい、フロアはピカピカに光っています。

今はそこで部員たちの一生懸命な姿をみることを思い浮かべながら、学校が再開し、部活が再開されるのを楽しみに待っていたいと思います。

 

中島橋付近の風景

ここまで走れるのをもう少し我慢し、楽しみに待っていてください!

 

休校前におこなっていた土手でのトレーニング場所の様子

今は少し草が伸びしてしまっています。

 

1日でも早く思いっきり活動ができる日を思い浮かべながら、今はもう少し我慢の時間が続きます。

この困難をみんなで乗り越えよう!

 

 

『限界への挑戦』

 

 

0

男子バスケ部 顧問のボヤキ

 

コロナウイルスの影響により、学校は休業が続いています。

全国の高校生のスポーツの集大成であるインターハイが中止になり、その影響で各地方大会も中止になってしまいました。

しかし、県大会止まりになりますが、それに代わる大会を開催しようとこのような状況の中、一生懸命動いてくれている役員の方々がいます。また、バスケットはウインターカップもあります。ウインターカップは現時点ではまだ中止になっていません。

部員達(特に3年生)は今までやってきたことを無駄にしないためにも、火を絶やさずに今できることに全力で取り組んでほしいと思います!

 

本日顧問は、学校に出勤しクラスの事や学校が再開したときに向けて授業の準備を進めていました。

今日は授業再開を見据えて、中島橋(約6キロ)まで約30分で走ってきました。2日に1回は走るようにし、学校が始まった時に備えています。学校が始まれば授業や大会での審判など、体力が勝負が続きます。部員に負けないようにあと2週間、自分自身を追い込んでいきたいと思います。

 

本日の土手から学校の様子

 

本日は曇っていたため、先週よりも走りやすかったです。笑

 

 

『限界への挑戦』

 

0

男子バスケ部 部員及び新入生へ

 

学校が新型コロナウイルスの関係で臨時休業になり、現段階で部活の活動も3月31日まで停止になっています。

男子バスケットボール部員はこの期間どう過ごしているでしょうか。

休校になる直前、ちょうどミーティングにて4月からの予定を確認し、チームとして今何をしなければならないかを確認したと思います。

この状況下ですが、今できることに最大限取り組めているでしょうか?今のチームは例年に比べ、自分で行動することができる選手が多いです。ミーティングで確認したことを実行できる選手だと顧問は信じています。

4月からの大会予定は今のところ変更はありません。そこで自分たちの目標を叶えるべく、この状況を逆にチャンスと捉え、部活が再開できる日まで『限界への挑戦』をし続けてほしいと思います。

すぐ先の未来のために、今できることをひたむきに!!

 

~新入生へ~

合格おめでとうございます!ここまでの努力が発揮されて結果だと思います。

4月から越谷東高校でともに過ごせることを大変うれしく思います。

このような状況で今、部活動の活動ができません。しかし4月からの大会では君たちも大事な戦力として考えています。

活動が再開でき次第、HPにて報告させていただきますので、1日でも早く、大会に向けて一緒に練習に取り組みましょう。

何か質問がある場合は男子バスケ部顧問 伊藤までお問い合わせください

 

 

P.S

3月13日に第36回卒業式が行われました。バスケ部からも11人の部員が立派に卒業していきました。

36期生のバスケ部との思い出をこのあと書いていこうと思います。

 

0

男子バスケ部 部旗完成

 

男子バスケ部の部旗が完成しました。

チームのモットーである『限界への挑戦』を掲げさせていただきました。

常に掲げ、練習に取り組んでいきたいと思います‼

 

中学生の皆さん、来週から願書提出が始まります。

越谷東高校男子バスケ部は県大会を目指し、本気で部活に取り組んでいます。

まだ迷っている方は、ぜひ本校で一緒にバスケットをしましょう!待ってます!

0

男子バスケ部 中川カップ

 

1月18日(土)に今年も中川カップに参加させていただきました。

中川カップとは、中川クラブの方々を中心に運営され、今年で26回目を迎える伝統ある大会です。

本校は3年連続で出場させていただきました。

今年は県大会と日程が被ってしまい1日のみの開催でしたが、草加東高校・三郷高校・三郷工業技術高校の3チームと対戦させていただきました。

本校は1・2年生が8人の為、3年生も参加してもらい試合を行いました。引退してもさすが3年生という姿をたくさん見せてくれました。1・2年生も冬休みの成果がみられ成長を感じることができましたが、3年生と比べるとまだまだの部分がたくさんありました。3年生に安心して卒業してもらうためにも、1・2年生はさらなるレベルアップを目指しましょう!!

 

 

今、中学3年生は必死に戦っているはずです。越谷東高校男子バスケットボール部県大会を目指し、必死に練習に取り組んでいます。中学3年生はこの戦いを乗り越え、4月から一緒に戦いましょう!お待ちしております!!

 

 

『限界への挑戦』

0

男子バスケ部 冬休み①

 

冬休みに入り、2019年も残りわずかになりました。

この冬の課題を個々のスキルアップとメンタルの強化に設定し、本校バスケ部GOLDEN SHARKSは少ない人数ながら日々の自分に打ち勝つために練習に取り組んでいます。

25日は三郷北高校・松伏2中と練習試合を行いました。

三郷北は1年生が多いチームですが、キャプテンの2年生が軸となりオールコートマンツーマンでプレッシャーを常にかけてくるチームで、プレッシャーのかけ方やトラップのタイミングなどとても勉強になりました。松伏2中は身体の強い高校生に向かっていく姿勢や気持ちがとてもあり、高校生も見習うところがたくさんありました。

28日は草加南高校にて、草加南・庄和・新潟南・新潟東にお世話になりました。

草加南・庄和は東部地区予選を突破し、1月に行われる県大会に出場するチームです。今の自分たちとの差や足りないところを感じ、勉強することができました。新潟南と新潟東は北信越ならでわのフィジカルコンタクトを恐れず、常にリングに向かってプレーするチームでした。身体の強さや使い方など、選手は身をもって実感することができたと思います。

25日・28日にお世話になったチームのスタッフ・選手の皆さんありがとうございました。ここで学んだことを今後も活かし続けていけるよう練習に取り組んでいきたいと思います。

 

29日は、ウインターカップ男子決勝をテレビ観戦後、体育館等の大掃除をしました。

2019年大きなケガ等なく無事に終わることができました。これは日頃より本校バスケ部の活動にご理解・ご協力いただいている保護者の皆様や応援してくださってくださる方々のおかでだと思っています。

8人と人数は少ないですが、2020年も限界への挑戦をモットーに全力で駆け抜けることができるようご協力・応援よろしくお願いいたします。

 

年明けは4日から練習を始めます。2020年良いスタートを切ることができるようにするためにも年末年始はそれぞれいい時間を過ごしましょう。良いお年を‼

 

 

『限界への挑戦』

0

男子バスケ部 新人戦1回戦

10月27日(日)に獨協埼玉高校にて新人戦東部支部大会1回戦を行いました。
越谷東【GOLDEN SHARKS】 86 - 50 幸手桜
              (25-10,18-22,22-5,21-13)

上記の結果とおり1回戦を突破することができました。
たくさんの応援ありがとうございました。

試合内容に関しては1Qは最高のスタートダッシュを切ることができました。夏季大会に負けてから意識し続けてきたリバウンド争い、ボールへの執着心、ディフェンスのポジションと声掛け等すべていおいて集中し試合にのぞめた結果だと思います。
しかし2Qは、本校よりも一人ひとりの能力がある幸手桜高校に本校のやりたいことを封じられてしまいうまくいかない時間が続きました。よく我慢し、このQを終えたと思えまいたが終了間際にゲームキャプテンでPGの2年生が相手との接触で歯を折ってしまい、動揺と混乱のなか前半を終了しました。
3Q、ゲームキャプテンは試合を継続することが不可能な状態になってしまいましたが、もう自分たちの1度やるべきことを確認し、後半戦にのぞみました。開始10秒さらなるアクシデント発生。この試合でゴールしたやリバウンド争いで奮起し続けていた1年生センターがオフェンスファールを吹かれてしまい、選手7人の本校は残りの時間を5人で戦わなければならなくなってしまいました。しかし、ここで残りの2年生2人が奮起しました。集中力を増し、1年生にもよく声をかけ戦っていました。
4Qに入っても疲れの見えてきた相手をさらに突き放し、そのまま試合終了となりました。

いままでの本校だったら3Qで逆転され、そのまま逆に突き放されていたと思います。しかし、少ない人数でもひたむきに練習に取り組み、努力し続けた結果がこの試合に活かされたと思います。能力もなく、バスケットもうまいわけではないチームでも自分たちの限界に挑戦し続けることができれば、公式戦でも勝つことができると証明することができました。
ここでまず1つ勝つことができたのは選手の努力はもちろんですが、日頃から選手を支えて下さる保護者の皆様、こんなチームでも練習試合等で相手をしてくださった方々のおかげです。
しかし、この勝利に満足した訳ではありません。貪欲に、ひたむきに次の試合にのぞんでいきたいと思います。次はシード校で伝統校の花咲徳栄が相手です。女バスのようにジャイヤントキリングを狙っていきたいと思います。応援よろしくお願いします。

2回戦
11月6日(水)
VS花咲徳栄高校
会場:春日部ウィングハット(春日部総合体育館)
時間:14:15 Tip Off

1回戦様子(撮影:本校3年生白井)
 

 

  

 

 

 

 

0

男子バスケ部 新人大会埼玉県東部支部予選

 10月27日(日)に新人大会埼玉県東部支部予選が行われます。
 明日に向けて本日はしっかりと調整を行いました。さらに、OBや3年生も練習に加わり、明日に向けて選手のモチベーションもあがったようです。駆けつけてきてくれた皆、ありがとう!!
 さて、夏季大会から早2か月。1つでも多くの勝利をつかむため、そして夏季大会の悔しさを晴らすため、少数精鋭で頑張ってまいりました。少ない人数ではありますが、練習で力をつけ、数多くの練習試合をこなしてきました。その中で成長できたことも壁にぶつかることもありました。そんな苦しい時に諦めず続けてきたこと誇りに明日は頑張ってほしいと思います。そして、自分たちのできること、今までやってきたことを常にやり続け、今持てるすべてを出し尽くしてほしいと思います。
 最後になりますが、理解し支えてくださった保護者の皆様を初め、越谷東高校の先生方、練習試合でお世話になったチーム、すべての方々への感謝を忘れずに、気持ちを一つにして試合に臨んでもらいたいと思います。

応援よろしくお願いします!!

1回戦 10月27日(日)
VS幸手桜高校
会場:獨協埼玉高校
時間:10:30 Tip Off


会場には、原則役員の駐車スペースしかございません。
応援にお越しの際は公共交通機関でお越しください。

『限界への挑戦』

0

男子バスケ部 夏休み総括


約40日間あった夏休みも終わろうとしています。
3年生が夏休み前に引退し、1・2年生の新チームでこの夏休みを過ごしてきました。
1・2年生は8人(マネージャー1名含む)しかおらず、顧問としては8人でこの夏を乗り切れるか、大会を戦えるのかなど不安なことだらけでした。しかし、夏休みに入る前のミーティングで選手たしには「今まで(3年生がいた時)と何も変えるつもりはない。人数を言い訳にしない」ということを話し、夏休みに入っていきました。
プレイヤー7人という人数での練習はとても大変でした。顧問としても練習の工夫や今までの質を落とさないようにバスケットをするとこなどを常に考え、大変勉強になった夏でした。そして多くのチームに練習試合でお世話になることができたこと、入間向陽高校で顧問の高校時代の恩師と一緒に合同合宿をしていただいたことを通して選手たちの成長をすごく感じることができた夏でした。お世話になったチームの先生方、選手の皆さん大変ありがとうございました。
夏の大会では残念ながら1回戦で敗退となってしまいました。この大会での目標は達成できませんでしたが、選手たちは次の目標に向かい夏休み後半も常に限界に挑戦し続けています。この夏のくやしさを忘れず、10月からの新人戦に臨んでいきたいと思います。
最後に、この夏休みの期間、選手たちがバスケットに打ち込むことができたのは、保護者の方々の協力があってこそだと思います。本当にいつもありがとうございます。今後とも選手たちのサポートとともに、バスケット部の活動にご理解・ご協力よろしくお願いします。


~追記①~
この夏休みも多くの中学生が練習に参加してくれました。ありがとう。
まだまだ結果を残すことができず、発展途上のチームですが少しでも本校に興味をもって志願してくれることを願って来年の4月、楽しみに待っていたいと思います。
また、まだ高校選びに迷っている子は、ぜひ本校に足を運んでみて下さい。夏休み以降は規定により練習の参加はできませんが、練習の見学はいつでも可能です。ご連絡いただければいつでも対応いたします。


~追記②~
夏休み最後の練習は恒例の宿題チェック・・・


夏休み練習の頑張りすぎにより、体育館での宿題+課題考査の勉強にしました。
部活も遊びも全力でと指導してきた顧問。宿題の指導を怠ってしまいました。
顧問の指導不足です。
もちろん完璧でこなしてきた者も多くいます。さすが2年生!!1年生はいい見本の2年生を見習おう。
バスケットをやるためには、まず越谷東高生としての責任を果たさなければなりません。
応援させるチームになるためにすべておいて頑張ろう!一人ひとりが自覚し、チームの為に。

ということで、夏休み最後の1日は、自宅にて宿題考査に向けて猛勉強する!
すべてにおいて1番を目指し続けることが顧問からの夏休み最後の課題です。頑張れ!

『限界への挑戦』
0

男子バスケ部 夏季東部支部選手権大会


8月17日(土)に夏季東部支部選手権大会が行われます。
新チームになって初めての大会であり、1つでも多くの勝利をつかむため、マネージャーを含め8人で練習してきました。チームの為に全力を尽くそうと個人個人が努力し続け、厳しい練習や合宿を乗り越えてきました。40分という時間の中で、自分たちのできること、今までやってきたことを常にやり続け、今持てるすべてを出し尽くしてほしいと思います。
また、理解し支えてくださった保護者の皆様を初め、合宿でお世話になった入間向陽高校の皆様、越谷東高校の先生方、練習試合でお世話になったチーム、すべての方々への感謝を忘れずに、気持ちを一つにして試合に臨んでもらいたいと思います。

応援よろしくお願いします!!

1回戦 8月17日(土)
VS獨協埼玉高校
会場:蓮田松陰高校
時間:13:30 Tip Off

2回戦 8月18日(日)
VS吉川美南高校
会場:栗橋北彩高校
時間:10:30 Tip Off

会場には、原則役員の駐車スペースしかございません。
応援にお越しの際は公共交通機関でお越しください。

『限界への挑戦』
0