日誌

男子硬式テニス部日誌

男子テニス部 県大会(個人戦・団体戦)終了

 5月の県大会(個人戦・団体戦)が終了しました。個人戦はシングルス1名、ダブルス1組でしたが、とに初戦敗退でした。また、団体戦では1回戦で東部地区の高校との対戦でしたが、初戦敗退でした。

 これで3年生は引退となります。今後は1,2年生合わせて9名で活動を続け、県大会出場を目指していきます。

 

 

0

男子テニス部 学総大会東部地区予選 ダブルス2位、シングルス4位

 学総大会東部地区予選会が終わりました。結果は次の通りです。

 シングルス:高嶋大嗣 4位 、ダブルス:高嶋・相馬ペア 2位

 

 ダブルスの決勝戦では、力を出せず終わってしまいました。5月1日、2日の県大会では全力を出せるようにしっかりと準備して欲しいです。

 

 3年生は5月の県大会個人戦・団体戦を残すのみとなりましたが、新チームは1年生が5名入部し、1,2年生あわせて9名で活動を始めました。

 

 

 

 

 

0

男子硬式テニス部 新年度になって

 12月末から3月までの長い部活動中断期間を明けて1か月が経ち、新年度になりました。

 

 今週末には東部地区予選が始まります。この試合に向けて1か月間練習・試合を行ってきました。体力面で技術面でも完全に戻ってきたわけではありませんが、できることをやって次に進んでもらいたいと思います。ここで負けると3年生は個人戦引退となり、残るは団体戦のみになります。

 

 

0

男子硬式テニス部 県大会団体戦終了

10月24日(土)に団体戦県大会がありました。結果は

 

1回戦は深谷第一高校に4-1で勝利、2回戦は慶応志木高校に1-3で敗北でした。

 

1年生が団体戦デビューしましたが、比較的落ち着いて試合ができたのは良い経験でした。

試合を通して、今の自分達に何ができて何ができないかを掴むことができたはずです。

 

課題は1セットマッチという短い試合の「入りの悪さ」でした。アップ不十分のまま試合に入り、

簡単なミスを繰り返し、気が付いたらリードされて自分たちの持っている力を出せなかった、

そんな試合がありました。今週末の東部地区団体戦では、同じことを繰り返さないようにして

いきたいと思います。

 

0

男子硬式テニス部 新人大会個人戦(東部地区・県大会)終了

 9月は3週に渡って新人大会東部地区予選会がありました。結果は、

 シングルス 10位 高嶋 大嗣

       24位 相馬 圭汰

 ダブルス 優勝 高嶋・相馬 

 

 高嶋・相馬の2名は昨年度の新人大会でもシングルス・ダブルスとも入賞し県大会に出場しました。ダブルスでは準決勝でマッチポイントを取られる場面もありましたが、厳しい試合を乗り越えて東部地区優勝でした。

 地区予選1週間後の県大会ではどのような試合をするか楽しみでしたが、シングルス・ダブルスとも1回戦敗退でした。「力を出し切れず試合に負ける」とことは試合では良くあることですが、「力を出せないのも実力のうち」です。

 東部地区優勝と県大会初戦敗退という2つの結果を経験して、強くなるためにはどうしたら良いのかをもう一度考え直していく必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

0