日誌

男子バスケットボール部日誌

男子バスケ部 夏休み総括


約40日間あった夏休みも終わろうとしています。
3年生が夏休み前に引退し、1・2年生の新チームでこの夏休みを過ごしてきました。
1・2年生は8人(マネージャー1名含む)しかおらず、顧問としては8人でこの夏を乗り切れるか、大会を戦えるのかなど不安なことだらけでした。しかし、夏休みに入る前のミーティングで選手たしには「今まで(3年生がいた時)と何も変えるつもりはない。人数を言い訳にしない」ということを話し、夏休みに入っていきました。
プレイヤー7人という人数での練習はとても大変でした。顧問としても練習の工夫や今までの質を落とさないようにバスケットをするとこなどを常に考え、大変勉強になった夏でした。そして多くのチームに練習試合でお世話になることができたこと、入間向陽高校で顧問の高校時代の恩師と一緒に合同合宿をしていただいたことを通して選手たちの成長をすごく感じることができた夏でした。お世話になったチームの先生方、選手の皆さん大変ありがとうございました。
夏の大会では残念ながら1回戦で敗退となってしまいました。この大会での目標は達成できませんでしたが、選手たちは次の目標に向かい夏休み後半も常に限界に挑戦し続けています。この夏のくやしさを忘れず、10月からの新人戦に臨んでいきたいと思います。
最後に、この夏休みの期間、選手たちがバスケットに打ち込むことができたのは、保護者の方々の協力があってこそだと思います。本当にいつもありがとうございます。今後とも選手たちのサポートとともに、バスケット部の活動にご理解・ご協力よろしくお願いします。


~追記①~
この夏休みも多くの中学生が練習に参加してくれました。ありがとう。
まだまだ結果を残すことができず、発展途上のチームですが少しでも本校に興味をもって志願してくれることを願って来年の4月、楽しみに待っていたいと思います。
また、まだ高校選びに迷っている子は、ぜひ本校に足を運んでみて下さい。夏休み以降は規定により練習の参加はできませんが、練習の見学はいつでも可能です。ご連絡いただければいつでも対応いたします。


~追記②~
夏休み最後の練習は恒例の宿題チェック・・・


夏休み練習の頑張りすぎにより、体育館での宿題+課題考査の勉強にしました。
部活も遊びも全力でと指導してきた顧問。宿題の指導を怠ってしまいました。
顧問の指導不足です。
もちろん完璧でこなしてきた者も多くいます。さすが2年生!!1年生はいい見本の2年生を見習おう。
バスケットをやるためには、まず越谷東高生としての責任を果たさなければなりません。
応援させるチームになるためにすべておいて頑張ろう!一人ひとりが自覚し、チームの為に。

ということで、夏休み最後の1日は、自宅にて宿題考査に向けて猛勉強する!
すべてにおいて1番を目指し続けることが顧問からの夏休み最後の課題です。頑張れ!

『限界への挑戦』
0

男子バスケ部 夏季東部支部選手権大会


8月17日(土)に夏季東部支部選手権大会が行われます。
新チームになって初めての大会であり、1つでも多くの勝利をつかむため、マネージャーを含め8人で練習してきました。チームの為に全力を尽くそうと個人個人が努力し続け、厳しい練習や合宿を乗り越えてきました。40分という時間の中で、自分たちのできること、今までやってきたことを常にやり続け、今持てるすべてを出し尽くしてほしいと思います。
また、理解し支えてくださった保護者の皆様を初め、合宿でお世話になった入間向陽高校の皆様、越谷東高校の先生方、練習試合でお世話になったチーム、すべての方々への感謝を忘れずに、気持ちを一つにして試合に臨んでもらいたいと思います。

応援よろしくお願いします!!

1回戦 8月17日(土)
VS獨協埼玉高校
会場:蓮田松陰高校
時間:13:30 Tip Off

2回戦 8月18日(日)
VS吉川美南高校
会場:栗橋北彩高校
時間:10:30 Tip Off

会場には、原則役員の駐車スペースしかございません。
応援にお越しの際は公共交通機関でお越しください。

『限界への挑戦』
0

男子バスケ部 合宿写真集

 さて、生徒には、合宿での様子を仔細漏らさず保護者の方にしっかり伝えるようにと伝えてあります。そのため、微力かと思いますが、合宿の様子を掲載させていただき、合宿の思い出話の手助けになればと思います。

《練習風景》
1日目、伊藤先生のメニュー。基礎から始め、走るメニューもちゃんとあります!

 

 
何人かが足をつってダウン…。

2日目と3日目は、北島先生のメニュー。どうやら入間向陽も初めて行うメニューが取り入れられたようです。みんな真剣に聞いています。
 
熱心なご指導!練習する上でのポイントや試合にどう生かすかを教わり、とても勉強になりました!


この合宿を通してフリースローの大切さが身に沁みました…!!


4日目は練習試合。入間向陽高校と大宮南高校と対戦しました。合宿の成果を出すときです。写真がないのが残念ですが、ぜひ、生徒の口からどんな試合になったかをお聞きください。

《食事風景》
1日目、夕。まだまだ、生徒の表情にも余裕があります。
もらえるものは喜んでいただきましょう。
  
2日目、朝。午前の練習に間に合うように箸を動かします。でも、まだ余裕そう…?
  
いや、そんなことはありませんでした…。

2日目、昼。メニューは豚丼。写真がなくて、残念。今にも、生徒の呻き声が聞こえてきそうです。きっとこの写真を見て呻くのはこの合宿に参加した者だけ!でも、しっかりと乗り切りました!
  
2日目、夜。夜練は自主練習になり、とりあえずご飯を平らげることが生徒の使命になりました。

3日目、朝。ご飯の写真ばかりで申し訳ないところですが、フレーム外で生徒が闘っています。

3日目、昼。みんな大好きカレー!は少し少なめに。それもあってか、全員ペロリと平らげました!

3日目、夜。副顧問、瀬賀先生からいただいたスイカは毎夜おいしくいただきました!

4日目、朝。そろそろ限界か…!?「限界への挑戦」はここでも続きます!
 
《マネージャー》
  
昨年度、3人いた3年生のマネージャーが引退し、2年生1人となってしまいましたが、入間向陽高校のマネージャーと協力しながら親身になって部員を支え、ご飯を準備し、いろんなことに気を配って頑張ってくれました。
ありがとう。マネージャーもチームの一員です!これからも部員と一緒に頑張っていきましょう!
『限界への挑戦』
0

男子バスケ部 合宿


越谷東高校男子バスケ部にとって、夏の最大イベントとなる合宿。
今年度も、顧問の恩師がいらっしゃる入間向陽高校にて、8月8日~11日まで合同合宿を行いました。入間向陽の生徒と寝食を共にし、合同練習や練習試合を行って、夏季大会に向けてひたむきにバスケと向き合った密度の濃い4日間でした。
 1年生にとっては高校初めての合宿で、勝手もわからず気を張り続けの毎日だったかと思います。しかし、2年生がお手本となって頼もしくリードしてくれたお陰でとても良い雰囲気で合宿を終えることができました。
 時にご飯と見つめ合い、時に足がつりながらも、誰一人欠けることなく乗りきったことは大きな財産です。ぜひ、これからもお互いに切磋琢磨し、尊敬し、支え合う仲間と共に頑張っていってほしいと思います。
 また、この合宿を機に食生活や日常生活を見直し、チームのためになることを継続してもらえればと思います。

 最後になりましたが、この合宿の企画運営をしてくださった入間向陽高校の先生方、生徒の皆さん、9食分の豪勢なご飯を用意してくださった食堂の皆様、練習試合で対戦していただいた大宮南高校の皆さん、そして何より保護者の皆様。大変お世話になりました。無事に合宿を終えることができましたのも皆様のお陰です。本当にありがとうございました。今後とも、頑張る子供たちへのご声援をよろしくお願いいたします。


『限界への挑戦』
0

男子バスケ部 近況報告


夏休みも約1/3も過ぎました。
8人の新チームが発足してまだまだ日が浅いですが、夏休みに色々な事を経験させていただき、少しずつですが選手たちの成長を実感しています。
7月には川口工業に1日お邪魔しました。猛暑の中で少ない人数で戦い抜く体力・気持ちがまだまだ未熟で、夏休みの課題を明確にすることができました。
8月に入ってからも多くの学校にお世話になることができました。
8/1に越ヶ谷高校にお邪魔し、越ヶ谷高校と越谷西中と練習試合を行いました。越ヶ谷高校は体の強さ、バスケットの知識・スキルが新チームとは思えないすごさを感じさせらせました。越谷西中からはバスケットに望む姿勢、元気のよさを学ばしていただきました。
8/2は岩槻高校、宮代高校、越谷中央中、越谷北陽中、越谷光陽中が本校に来てくださり練習試合をしました。この日は、「どんな相手にも自分たちのバスケットをする」を課題にし望みました。高校生・中学生の両方と試合をさせていただくことで、できることとできないことが明確に分かれてきます。誰が相手でも自分たちのバスケットができなければ公式戦では勝てません。この課題を知ることができたことがこの日の一番の収穫でした。
8/4は武蔵越生高校、八潮高校が本校に来てくださり練習試合をしました。武蔵越生高校は今年6月に行われたインターハイ県予選で5位になった強豪校です。アップの様子・声の出し方・プレーの強さすべてにおいて勉強になることばかりでした。八潮高校も昨年からの主力が多く残り、試合での落ち着き・ここぞという時の点の取り方などを学ばせていただきました。

夏休みはまだまだ前半戦です。この後は合宿・夏季大会とまだまだ戦いは続きます。
この前半で見つけた課題を後半の合宿・練習で改善していき、夏季大会に望んでいきたいと思います。

ここまでの夏休み、本校と相手をしてくださった学校の先生方、選手の皆さんありがとうございました。皆さんのおかげで人数が少ない中、自チームの練習では見つからない課題をたくさん見つけることができました。また相手をしてくださると助かります。よろしくお願いします。

また、この夏休みに選手たちがバスケットに集中できるのは、日頃の体調管理をサポートしてくださる保護者の皆様の協力があってこそだと思います。今後も急な予定変更等でご迷惑をお掛けするかも知れませんが、ご理解ご協力の程よろしくお願いします。8月17日(土)から夏季大会が行われます。お時間がありましたら、選手の成長を実際に見に来ていただければと思います。


『限界への挑戦』
0