日誌

サッカー部日誌

サッカー部 蹴球伝説その124 『 試合練習(4) 』

 3月21日春分の日に花咲徳栄高校で試合練習を行ってもらいました。花咲徳栄高校とは東部地区の新人戦で対戦し0-6で敗れています。あれから2カ月が経過し、自分達がどのくらい成長しているのかを試すために胸をお借りしました。相手のメンバーは新人戦とは異なりBチームでしたが、それでも私達よりも一人一人の技術は勿論高く、身体つきもひとまわり以上大柄な選手ばかりでした。1試合目は、2(2-0)(0-0)0で勝つことが出来ました。2試合目は、1(1-3)(0-0)3で敗れました。
 正直、Bチームが相手でも新人戦同様になかなか難しい試合になると思っていました。ですが、この2ヵ月間、個々のベースアップとして取り組んで来た身体作りの成果が少しずつ現れ、球際の場面でもタフに闘えている事が多くなっていました。また、練習で取り組んで来た攻撃の形も良い流れが作れていた事が沢山見られていました。2試合目は、敗れてはしまいましたが1年生の成長が伺える場面が多く見られるようになりました。
 私がこの試合で最も感じたのは、彼らの精神的な成長でした。集中力が持続しないことやミスが続きうまくいかなくなると辛抱できなくなったり、チームとして気持ちを再び高めることができなくて、相手のリズムで試合をされてしまうことが彼らの課題でした。そうした部分が完璧ではないにしても、少なくとも1月の頃よりも一歩前進していたように感じました。4月から始まるリーグ戦では間違いなく、苦しい時間や厳しい試合が続きます。彼ら一人一人の精神的な成長とチームとしての逞しさが大きな力になることは間違いありません。
 この調子で4月7日まであと2週間、ただただ前へ、進み続けて行きたいです。
 併せてこの場で春休み中の予定を載せさせて頂きます。新入生の皆さんは、以前に渡した予定表とは変更している箇所もありますのでどうぞ参考にしてください。
顧  問

  23日(土)  9:00 卒業生送別試合
  24日(日)  8:00練習(グラウンド1/4の広さで9:30まで)
  25日(月) 13:00練習
  26日(火) 10:00キックオフ(本 校G) 試合練習⑤vs草加高校 
  27日(水)  9:00練習
  28日(木) 10:00キックオフ(八潮南G) 定期戦⑥vs八潮南高校
  29日(金)  9:00大掃除
  30日(土)  休み
  31日(日)  休み
   1日(月)  休み
   2日(火)  9:00練習
   3日(水) 10:00キックオフ(本 校G) 試合練習⑦vs草加西高校
   4日(木)  9:00練習
   5日(金)  9:00練習
   6日(土)  9:00練習
   7日(日)  U18リーグ第1節vs庄和高校 10:00キックオフ(庄和G)
   8日(月)  始業式・入学式
0

サッカー部 2019シーズンU18SE2Aリーグ日程

 今シーズンのU18リーグ日程が決まりましたのでご連絡します。当日の天候等で変更もあるかと思いますが、変更後の日程につきましてはHP上でお知らせしたいと思います。どうぞ皆さん、今シーズンも温かいご声援とおっきな勇気を越谷東高校サッカー部に宜しくお願い致します。今シーズンの目標は、『2部残留』です。

顧  問

  第1節  4月 7日(日)vs庄 和高校  (庄和G)10:00キックオフ
  第2節  4月14日(日)vs久喜北陽高校 (北陽G)10:00キックオフ
  第3節  4月21日(日)vs不動岡高校  (共栄G)12:00キックオフ
  第4節  5月12日(日)vs八 潮高校  (本校G)10:00キックオフ
  第5節  5月26日(日)vs春日部東高校B(北陽G)12:00キックオフ
  第6節  6月 2日(日)vs三郷北高校B (共栄G)14:00キックオフ
  第7節  6月16日(日)vs春日部共栄高校(本校G)10:00キックオフ
  第8節  6月22日(土)vs庄 和高校  (本校G)10:00キックオフ
  第9節  7月13日(土)vs久喜北陽高校 (八潮G)12:00キックオフ
  第10節  9月 8日(日)vs八 潮高校  (共栄G)12:00キックオフ
  第11節  9月15日(日)vs不動岡高校  (八潮G)12:00キックオフ
  第12節  9月23日(月)vs三郷北高校B (三北G)10:00キックオフ
  第13節  9月29日(日)vs春日部東高校B(春東G)10:00キックオフ
  最終節 10月 6日(日)vs春日部共栄高校(本校G)10:00キックオフ
0

サッカー部 本校入学予定の中学生皆さんへ

 3月19日(月)に入学許可候補者説明会があります。説明会終了後、マネージャーがサッカー部からのお知らせ(①サッカー部について②春休み中の予定)を配布します。先日行われました制服採寸の日にも同じものを配りました。本校入学後にサッカー部へ入部を決めている人、中学校までサッカーをしてきて高校ではどうしようかと迷っている人、またマネージャーに興味のある人などなど、どうぞお知らせを受け取って帰ってください。配布場所は、当日の説明会最後に連絡をします。1日でも早く、皆さんと一緒にサッカーが出来る事をサッカー部一同、楽しみにしています。
顧  問
0

サッカー部 蹴球伝説 その123 『 試合練習(3) 』

 およそ2か月振りの更新となりました。
 3月16日(土)本校グラウンドにて草加東高校と試合練習をしました。U18リーグ開幕まであと3週間と迫り、ここから2部リーグに参加しているチームとの試合を重ねて、開幕戦の4月7日を迎えようと挑みました。1試合目は40分ハーフで行い0(0-2)(0-2)4で敗戦でした。2試合目は、30分ハーフで行い1(1-1)(0-1)2でこちらも敗戦でした。
 1試合目については、練習で取り組んできた事が形として現わせた場面がいくつもありました。シュートのミスが多く、得点には至りませんでしたが2部のチームでも「全く歯が立たない」という事はなさそうです。しかしながら、結果は4点差の負け。全失点に自分たちのミスが絡んでいました。特に自陣でのミスは、2部リーグではそのまま直接失点へと繋がるという事を肝に銘じておかなければなりません。
 2試合目は、半数以上が1年生でしたがやはり、まだスピード・パワー・スタミナ・技術のあらゆる面で相手チームの方が上回っていました。特に球際の厳しさでは、相手チームの選手は臆せずにボールに向かっていきますが、私達の1年生の中には顔や身体をボールから背けてしまう姿が見られました。
 今日は3部と2部の違いをよく感じられた試合だったと思います。①切替の速さ②寄せの厳しさ③動き出しの早さ④速攻の鋭さ⑤1つ1つの精度の高さ⑥運動量、これらに対応できる様に、やはり私達は常に「挑戦者」であることを忘れてはならないと思いました。
 それでも新人戦が終わって2か月が経ちましたが、この2か月間のトレーニングは無駄ではなかった様に感じます。身体作りからやり直し、継続してきた筋力トレーニングの効果も見えてきました。暫く試合から遠ざかっていた為、体力的な問題は残りましたが、ここから試合を重ねていく中で体力面も強化していきたいと考えています。
 次戦の予定は、3月21日(木)新人戦で敗れた花咲徳栄高校との試合です。花咲徳栄高校グラウンドにて9:30キックオフです。皆さん、応援を宜しくお願い致します。
顧  問
0

サッカー部 蹴球伝説その122 『 試合練習(2) 』

 1月19日(土)本校にて八潮高校と試合練習を行いました。先週、私達は新人戦を花咲徳栄高校に初戦で敗退しましたが、勝ち上がった周りの学校では今週もタフな試合を行っていますので、こちらも負けじと試合を組ませてもらいました。
 対戦した八潮高校は今年度U18東部2部リーグで2位となった実力校です。私達は4月からその2部で戦っていく為、4月に向けての目標設定に繋がる相手でした。共に20人に満たない中で2試合を行いましたので2試合目は半数以上が2試合目という形になりました。
 1試合目は、1(0-1)(1-2)3という結果でした。失点場面は、いづれも今抱えている課題のものでした。個々人で解決できるものとチームとして解決しなければならいものとありますが、春を迎えるまでに少しでも改善していきたいと思っています。また、この試合は2失点目直後からが非常に良くありませんでした。今年のスローガンである『挑戦者』という言葉がまだ浸透していない様です。彼らにとって、強者に立ち向かい続ける事や自分自身の弱みに向かい合う事は容易ではないのかもしれませんが、その精神を一日でも早く身に付けて欲しいと思います。
 2試合目は、先にも述べましたが半数が2試合目という事もあり、体力・集中力に主眼を置く選手と新人戦に出られなかった悔しさをここでぶつける選手と色が分かれました。選手がバラバラだったという事ではなく、試合における目的が異なったという意味中身は決して悪いものではありませんでした。ただ、2試合目から出場した全選手に共通していたのは、2部リーグの相手とはかなりの差があったという事です。あらゆるスピード(身体と頭)と身体能力では、厳しい所がありました。3部リーグでは通用していたかもしれませんが、2部の上位になるとまだこんなに差があったことを私自身も改めて痛感された試合でした。結果は、1(1-1)(0-3)4でした。
 4月から始まるリーグ戦やインハイ予選までおよそ2ヶ月。その間に出来る事を精一杯やろうと最後に話しました。開幕直前の春休みになってから気付いたのでは時間が無さ過ぎますが、今から始めればまだ2ヶ月分残っていると。基本技術はもとより、基礎体力の部分から見直す必要があります。苦しい試合が多くなりますので精神的部分もひとりひとりが一層強くなる必要があります。そして、1試合1試合の積み重ねを今まで以上に大切にしようという話もしました。また、上級生には「自覚と責任感」という話もしました。昨年の経験を活かし、自分達がこのチームを引っ張って行くんだという強い姿勢と、後輩のミスは俺達がカバーしてやるから思い切りプレーしろと言うぐらいの頼もしい上級生になれと。道のりは長く、遠回りもするでしょうが、今年も大きな期待を寄せています。
 最後に、私達の新人戦が終わってのミーティングで彼らに話したひとつの記事を紹介します。どんな高校生でも自らの課題に真剣に向き合っているんだという事、決して自分自身に諦めずに努力をし続ける大切さを見習って欲しいと思い、話をさせてもらいました。
顧  問

【「本当に辞めようと思ってた…」青森山田の日本一に貢献した逸材ドリブラーが明かした”どん底の日々”】 1/15サッカーダイジェストWEB版より
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=52783

【新人戦東部支部予選準々決勝結果】
https://www.sfa2.jp/wp-content/uploads/2019/01/5e4ba725e975d413593ff9a3c56f7a9a-2.pdf
《準決勝一回戦》 春日部vs越ヶ谷  《準決勝二回戦》 越谷西vs花咲徳栄
0

サッカー部 蹴球伝説その121 『新人戦一回戦』

 1月19日(土)東部支部新人大会兼関東大会支部予選一回戦が久喜工業高校で行われました。対戦相手はU18リーグ東部支部1部で得失点差で3位となった花咲徳栄高校でした。ここを突破することは非常に難しい事だと思いましたが、今年のスローガンは「挑戦者」「犠牲心」を掲げましたのでどうせやるなら思い切りぶつかって行こう、チームの為に全力を最後まで尽くそうと試合に挑みました。結果は0(0-4)(0-2)6と完敗でした。セットプレーのコーナーキックから3失点と流れの中から3失点という形でした。一方こちらの攻撃は、コーナーキックが2本、ゴール前でのFK1本、シュート3本という限られた数しかチャンスを見出すことが出来ませんでした。
 試合としては全く歯が立ちません。前半の最初から全開で挑みましたので後半は最初からすべての質が低下していました。もちろん運動量も時間と共に落ちていました。この試合をものにするには、1試合80分間を通して最初の水準を維持できないと難しかったでしょう。そして、最初に書きましたが花咲徳栄高校を倒すことが難しいと感じたのは、それが不可能なことがわかっていたからです。体力的なことや技術的なこともそうですが、何よりも一番はそうした姿勢を最後まで維持する精神力を持ち合わせていない事です。年末のカップ戦や日々の練習の中でもそうした弱さをよく目にしていたからです。恐らく彼らの精神状態だと3点決められたら、もう諦めてしまって試合にならないだろうと、早ければ前半のうちにそうした状況になってしまうだろうなと…。
 ただ、この試合に限っては最後までよく頑張れていました。後半は特に質は低下し、ミスも増え、対処するのがやっとの状態でしたが、この試合での戦い方を最後まで貫き通そうという意志が選手全員の姿から伝わってくる試合でした。ですがこの試合での経験や感じたものを活かさなければ、彼らは同じ事の繰り返しになると思います。この敗戦をきっかけに日頃の練習の取り組み方から大きく変容して欲しいと期待しています。
 今度は4月から始まるリーグ戦やインハイ予選に向かって、これまで以上に自分自身に挑み続け、チームの為にプレー出来る選手が一人でも多くなり、人から愛されるチームを目指して頑張っていきたいと思います。最後になりましたが、現地まで応援に来てくださった保護者の皆様、そして3年生、応援をありがとうございました。
顧  問
0

サッカー部 【平成30年度新人戦のお知らせ】

 1月19日(土)より、いよいよ平成30年度東部新人戦兼関東大会支部予選が開幕します。全国大会では、埼玉県代表として17年振りに浦和南高校が出場を果たし、初出場の広島県代表瀬戸内高校がベスト4と大活躍を見せ、福島県代表尚志高校が前回王者の前橋育英高校を破る大躍進を遂げ、青森県代表青森山田高校が2回目の優勝という形で幕を閉じました。私達も、彼らに負けない様な健闘を見せていきたいと思いますので、応援を宜しくお願い致します。
顧  問
【トーナメント 一回戦】

   1月19日(土)
       対戦相手: 花咲徳栄高校
       場   所: 久喜工業高校G
       時   間: 14:00キックオフ
  勝利すると
   1月20日(日)
       対戦相手: 久喜北陽高校
       場   所: 三郷北高校G
       時   間: 14:00キックオフ
0

サッカー部 本日の学校説明会

 1月19日(土)本校にて第4回学校説明会が行われますが、サッカー部は全国高校サッカー選手権大会準決勝を観戦しに埼玉スタジアム2002へ出掛けている為、本校での活動は行っておりません。楽しみにされていた中学生の皆さんや保護者の方にはご迷惑をお掛け致します。何かありましたら後日学校の方へとお問い合わせください。顧問がお答え致します。
学校TEL 048-966-8566
顧  問
0

サッカー部 蹴球伝説その120 『2019年シーズン』

 冬休みも終わり新学期が始まりました。今年も新年は4日からスタートを切りました。
 今年のチームスローガンは、『挑戦者』と『犠牲心』を掲げました。今年は2年ぶりのリーグ戦2部での戦いとなりますので、どんなチームにも挑戦して行こうという気持ちと常に自分自身への挑戦を忘れずにという想いを込めて『挑戦者』としました。また、部活動を通じてチームの為に全力を尽くせる選手になって欲しい、人の為に動ける人に成長して欲しいという期待から『犠牲心』を掲げました。
 今週末には、いよいよ全国高校サッカー選手権大会の準決勝と決勝戦が埼玉スタジアムで行われます。ここまで勝ち上がってこられた学校はどこの学校からも目が離せませんが、個人的には初出場の広島県代表瀬戸内高校に注目しています。
 越谷東高校サッカー部においては、来週末19日(土)に新年最初の大一番がやってきます。今年のスローガンである『挑戦者』と『犠牲心』の姿勢を少しでも体現できたらと思いますので、皆さん温かいご声援をどうぞ宜しくお願い致します。
 最後となりますが、まだまだ未熟な点の多い私達ですが今年も一年間どうぞ宜しくお願い致します。
顧  問

            【新人戦兼関東大会東部支部予選】 1回戦
            日 時:1月19日(土)
            時 間:14:00キックオフ
            場 所:久喜工業高校
            相 手:花咲徳栄高校
0

サッカー部 蹴球伝説その119 『WINTER CUP最終日』

12月30日WINTER CUP3日目が宮代高校で行われました。前日までの結果をもって4位チーム同士の順位決定トーナメントでした。
 1試合目は宮代高校と3(2-2)(1-4)6で敗れました。この試合では、前半に2点を先制する形になりましたが、この2日間の失点パターンと同様に自陣でのミスからあっりと同点にされました。後半は、メンバーを全入替えで試合に挑みました。先に勝ち越点を挙げるも、これもまた全く同じような失点の形から3点を与えてしまう形となりました。
 2試合目は、上尾高校と0(0-1)(0-0)1で敗れました。結果としては敗れてしまいましたがこの3日間で最も集中力が高く、気持ちのこもったプレーを最後まで続けられた試合だったように思います。終盤は体力的に課題が見られましたが次に繋がる試合が行えていたと思います。
 このカップ戦では、新人戦に向けてチームを固めることや連戦の中でもタフに試合を行うことをねらいに行ってきましたが、正直厳しいところばかりが見えた3日間になりました。最後に彼らに話したのは、100回試合をして100回とも勝てる相手にしか戦おうとできない。100回試合をして50回勝てるかどうかの相手は元より、1回も勝てるかどうかの相手に本気でぶつかって行く姿勢がチームとして見られないということでした。一年の最後に改めて自分達の弱さに気付くきっかけを与えてもらえました。このチームが本当に変わるためには、その事を私ひとりが痛感することではなく、選手である彼らひとりひとりが理解することだと思います。

 平成30年の活動は、これで最後になります。こちらに載せるのも年内最後となります。この一年間様々なことがチーム内では起こりました。そのひとつひとつが来年以降の越谷東高校サッカー部躍進の原動力となる事を信じて今年もやってきました。このチームはまだまだ発展途上です。いつ成熟するかは分かりません。もしかしたら、最後まで成熟できずに終わってしまうかもしれません。私たちが出来ることは、彼らを信じて期待を寄せてまた来年も前に進み続けようとするだけです。一年間、温かいご支援ご声援また拙い文章でしたが御愛読をありがとうございました。来年も越谷東高校サッカー部に変わらぬ御愛厚をどうぞ宜しくお願い致します。
越谷東高校サッカー部顧問
0