日誌

サッカー部日誌

サッカー部 蹴球伝説その97 『暑さとの戦い』

 9日(月)に期末考査が終了し、部活の方もようやく再開しました。今回、私達は考査明け数日後にリーグ戦が控えていましたので、考査一週間前でも1時間程度の練習をしながら考査を迎えました。リーグ戦当日は予想していた通り、否、予想以上に気温が高くなり、熱中症対策の観点からも今回は考査前でも練習を続けさせて良かったと思いました。
 7月14日(土)U18リーグE3Cリーグ第8節vs羽生第一高校との試合が三郷工業技術高校で行われました。羽生第一高校とは、このリーグ戦の初戦で3-3の引き分けでした。2回目の対戦結果は、3(2-1)(1-0)1で勝利することができました。これで通算6勝1敗1分という形になりました。
 試合については、とにかくこの暑さの中で80分間集中して試合をできるかどうかだけでした。そうした観点から、前後半でねらいを変えて試合に挑みました。それが功を奏したのかは分かりませんが、前半の2得点は、そうした戦術から普段とは違ったポジションでプレーしていた2人が決めてきました。後半は、ねらいとしていた事がほとんど行えなかったように思いますが、それでも相手に同点ゴールを許さなかった事がこの試合は大きかったと思います。後半に決めた3得点目は、このチームでは珍しく、FKが直接決まった形となりました。
 いよいよリーグ戦も正念場です。16日(月)の越谷南高校Bとの試合の結果によっては、他校との差を更に広げられる位置につけられました。今夜は、W杯3位決定戦。明日は、いよいよW杯ファイナル。でも、私達は明後日のU18リーグの事だけを考えて、今夜は静かにゆっくりと休む事でしょう。
 
 本日も大変暑い中、応援に来て下さったみなさんありがとうございました。まだまだ未熟なチームですが来月から始まる選手権予選まで最後まで出来る限りの事を尽くして精一杯頑張っていきたいと思いますので、今後とも温かいご声援をどうぞ宜しくお願い致します。
顧   問

【次 節】

  7月16日(月)
  U18リーグE3Cリーグ 第9節
     相 手: 越谷南高校B
     場 所: 本校G
     時 間: 10:00キックオフ
  U16リーグE2Bリーグ 第1節
     相 手: 越谷西高校
     場 所: 本校G
     時 間: 14:00キックオフ
0

サッカー部 蹴球伝説その96 『 revenge 』

 先週の6月24日(日)に本校にてU18E3Cリーグ第7節vs八潮高校Cチームとの試合がありました。6月初めの前対戦では、先制しながらも後半に逆転されて悔しい試合となり、その時にこの日は必ず勝とうという話をしていました。結果は、2(0-0)(2-1)1で勝つ事ができました。これで、通算5勝1敗1分で勝ち点を16まで伸ばしました。
 この日は、1年生DFの相澤新(春日部武里中出身)と同じく1年生MFの河田樹人(越谷富士中出身)の2人が活躍してくれました。特に河田は、後半の開始早々にハーフライン位の高さのタッチライン際でボールを受けると、そこからドリブルを始めて、相手選手を2人かわして一気にペナルティエリアの中まで侵入して行って、そのまま自らシュートを打って得点してしまいました。
 試合の中身としては、課題ばかりの内容でしたが、この試合の一番の目標は遂げる事が出来ました。また、この日を迎えるまでに様々な事が起こりました。この日の前日にも事がありました。『失敗は、成功の素』その言葉を信じてまた一歩ずつやっていくしかありません。リーグ戦は、ここから期末考査期間を挟んで前期残り3節となります。
 
 最後に、この日も会場まで足を運んで頂き、彼らの応援をしてくださった皆さんありがとうございました。特に在校生からの応援は、彼らにとっては非常に大きな力になるようでした。次回もまた来てください。宜しくお願いします。
顧   問


              【次 節】 第8節
     7月14日(土)
     相  手: 羽生第一高校(前対戦3-3の引分)
     場  所: 三郷工業技術G
     時  間: 12:00キックオフ

0

サッカー部 蹴球伝説その95 『Bravo!!』

 6月14日(木)から4年に1度のサッカーW杯ロシア大会がいよいよ開幕しました。まだ大会3日目が終わっただけですが、毎晩見所の多い試合ばかりが展開されています。日本代表も19日(火)に初戦のコロンビア戦があります。Forza!!NIPPON!!
 そんな中、私達もU18リーグ第6節が6月17日(日)に行われました。対戦相手は、開智未来高校でした。この試合は、チーム事情もあり1年生主体で試合を行いました。結果は、2(2-0)(0-0)0でなんと勝利する事が出来ました。これで通算成績を4勝1敗1分としてリーグ戦一巡目を終えました。
 先程書きましたように、この試合は1年生主体で試合に臨みました。入部してまだ2ヶ月の1年生ばかりで80分間をどう戦うか、それしか私の頭の中にはありませんでした。(前日に行われていたアルゼンチン対アイスランドの一戦なんて全く頭にはありません)いつもと違う形、いつもと違う戦術、彼らにとっては難しい所も沢山あったと思います。それでも、精一杯チームの勝利の為に、1点を獲る為に、相手に得点させない為に、よく頑張っていました。ゲーム展開も正しく狙い通りにうまくいきました。久々に見ていてとても気持ちの良い試合内容だったと思います。今のチーム状況の中でよく頑張ってくれました。
 前回の項で『チームがまとまること』について書きました。この課題は、未だに解決できていません。ですが、如何にそれがサッカーにおいて大切なことなのか、それをW杯という舞台で多くのチームが証明してくれています。エジプトは、ウルグアイと試合終了間際まで同点の試合を行い、イランは、モロッコからW杯20年振りの勝利を掴み取り、オーストラリアは、フランスと互角の戦いを演じ、人口わずか35万人(川越市とほぼ同じ)のW杯初出場アイスランドは、前大会準優勝のアルゼンチンと引き分けの戦いをしています。彼らには、1日でも早くこの大きな課題に立ち向かって欲しい、そして『チーム一丸』となって、前期残りのリーグ戦、そして夏の選手権予選に向けて取り組んでいきたいと思っています。
 この日も、グラウンドまで足を運んで頂き、応援に来て下さった皆さんありがとうございました。「勝利の女神」のお陰様でチームの窮地を凌ぐ事が出来ました。これからも、温かいご声援をどうぞ宜しくお願い致します。
顧  問
【次 節】
     6月24日(日) U18E3Cリーグ 第7節
          対戦相手: 八潮高校C  
          試合時間: 10:00 
          場   所: 本校G
0

サッカー部 蹴球伝説その94 『 分 離 』

 中間考査、体育祭とありまして更新が滞ってしまいました。遡りますが、5月12日(土)U18リーグ第3節vs三郷工業技術高校との試合は、2(1-0)(1-0)0で勝利しました。翌日の5月13日(日)に行われたU18リーグ第4節vs八潮高校Cとの試合は、1(1-0)(0-2)2と先制しながらも惜しくも逆転負けをしてしまいました。そして、6月3日(日)に行われましたU18リーグ第5節vs幸手桜高校との試合は、5(2-0)(3-0)0で勝利することができました。この試合については、2年生FW北條暖都(越谷平方中出身)が4得点の大活躍でした。他にも、途中出場ながら1年生FW内田翔也(越谷西中出身)や1年生MF内藤駿(吉川南中出身)の台頭もチームに大きな力を与えてくれました。
 ここまでリーグ戦は5試合消化で通算3勝1敗1分け、得失点+7。残りの試合は、夏休みまでにあと5試合、9月中に2試合という日程です。今年の目標は、何度も書いていますが『E3Cリーグを優勝して2部昇格』。目標を遂げるために、夏休みまでの5試合を全勝で9月を迎えたいところです。
 そのためには、まず足元を見つめ、自分たちがしっかりとチームとして固まっていないとダメです。4月からシーズンが始まりましたが、未だにチームが固まりません。こんな状態では、5戦全勝はおろか、リーグ優勝なんて到底難しい事でしょう。そういった意味では、3年生に大きな期待を寄せています。試合に出る出ないに関わらず、この状況でチームをまとめられるのは、最終学年の3年生でしょう。どんなチームでも、経験豊富なベテラン選手が大事にされる所以はそこにもあると思います。今こそ、これまで2年間で培ってきたものをチームの為に還元して欲しいと思います。
 最後になりますが、この日も、先日のリーグ戦の日も暑い中、応援に来て下さった保護者のみなさん、ありがとうございました。私たちは今、苦しいチーム状態にありますが、「感謝」「集中」「不屈」の姿勢を忘れずに一戦一戦を全力で臨んでいきたいと思いますので、今後とも温かいご声援をどうぞ宜しくお願い致します。
顧   問

今後の予定
6月 9日(土)練 習
6月10日(日)緑赤戦(学年対抗)
6月16日(土)試合練習 vs叡明高校(叡明G)10:00
6月17日(日)U18E3Cリーグ第6節vs開智未来高校(本校G)10:00
6月23日(土)練 習
6月24日(日)U18E3Cリーグ第7節vs八潮高校C(本校G)10:00
7月14日(土)U18E3Cリーグ第8節vs羽生第一高校(三工技G)12:00
7月16日(月)U18E3Cリーグ第9節vs越谷南高校(本校G)10:00
7月21日(土)U18E3Cリーグ第10節vs幸手桜高校(三工技G)12:00
0

サッカー部 蹴球伝説その93 『 停 滞 』

 総体東部支部予選も1回戦で早々と敗退し、次なる目標へと向かうべく5月4日に春日部工業高校と5日には杉戸高校と試合練習をしてもらいました。春日部工業高校とは3試合を行い、①4(3-1)(1-1)2②1(0-0)(1-0)0③2(0-1)(2-0)1という結果でした。杉戸高校とは2.5試合を行い、①0(0-0)(0-1)1②0(0-0)(0-1)1③0-1という結果でした。どちらとの試合も総体予選で敗因となった部分を課題として臨みましたが、試合の中で改善しようという努力は見られず、同じことの繰り返しの様に感じた両試合でした。
 暫く長い間、部員には同じことばかりを言ってきている気がしています。総体予選でも、そこを強調して挑んだのですが、悪い予感は見事に的中してしまいました。連休中の試合練習も、その点に自分たちで気付き、これまで以上に意識を強く向けて欲しいと思い、組んでもらいました。また、自分たちに勝利したチームや、自分たちが勝ち上がっていたら対戦することになっていたチームがどんな試合をしているのか、自分たちが試合をしていたら戦うことが出来ていたのか、それらを感じてもらうために3日と6日には総体予選の試合を会場校まで観に行きました。彼らは、この一週間で何を感じたのでしょうか。ここから、どう変わっていくのでしょうか。私たちには、これ以下なんてありません。ここから、昇って行くしかないのです。
顧  問

【次 戦】
5月12日(土)U18E3Cリーグ 第3節
        相 手 :県立三郷工業技術高校
        場 所 :三郷工業技術G
        時 間 :10:00キックオフ

5月13日(日)U18E3Cリーグ 第4節
        相 手 :県立八潮高校C
        場 所 :本 校G
        時 間 :10:00キックオフ
 
0

サッカー部 今後の活動予定

 新中学3年生の皆さんに向けて今後の活動予定を掲載いたします。今は、自分の中学最後の大会へ向けて頑張っている時期だと思いますが、もしも興味関心があったら、一度越谷東高校サッカー部を見てもらい、進路を考える時の参考にしてもらえればと思います。
顧  問


  5月 3日(木) 総体支部予選2回戦見学(越谷総合技術G)
  5月 4日(金) 試合練習 vs春日部工業高校(本校G)
  5月 5日(土) 試合練習 vs杉 戸高校(杉戸G)8:30キックオフ
  5月 6日(日) 総体支部予選3回戦見学(久喜北陽G)
  5月12日(土) U18リーグ第3節 vs三郷工業技術高校(三郷工業技術G)10:00
  5月13日(日) U18リーグ第4節 vs八潮高校C(本校G)10:00
  5月19日(土)20日(日)試験前休み
  5月26日(土) 未 定
  5月27日(日) 未 定
  6月 2日(土) 練 習
  6月 3日(日) U18リーグ第5節 vs幸手桜高校(本校G)10:00
0

サッカー部 蹴球伝説その92 『総体支部予選結果』

 4月29日(日)昭和天皇御誕生の日に総体東部支部予選一回戦が行われました。対戦相手は、庄和高校でした。この日は、1試合目から気温が25度を超える暑さで体力や集中力的には分が悪くなるだろうと考えていました。試合前には、失点するとするならばこういう場面や時間帯だという事を振り返って試合に挑みました。
 結果は、0(0-2)(0-1)3の完敗でした。失点の全てが「指摘した失点場面」通り過ぎて、私たちの弱さをまざまざと痛感させられました。ただ、試合内容的には決して否定的な事ばかりではありませんでした。何よりもリーグ戦も含めここ数試合は、課題のひとつであった「精神的タフさ」がプレーに現れる様になってきました。目指している「パスを丁寧に繋ぐ」事も少しずつ増やせる様になってきました。ゴールと言う形では現わせませんでしたが、「シュート場面」も以前よりも作り出すことが出来る様になってきました。相手選手は、後半複数人が足を攣らせて交代していく中、彼らは最後まで走り抜くことが出来ていました。かなりの波のあった「集中力」もこの試合では良い状態を保つ時間の方が多かったです。『日々の練習や試合の中で真剣に取り組んできた事が少しずつ身に付いてきている部分』と『日々の練習や試合の中で適当に済ませてきてしまっている部分』がはっきりと見えた試合でした。
 私達の県大会への挑戦は初戦で終わりました。今年の大きな目標のひとつであった「総体予選県大会出場」は、今年も果たせずに終わってしまいました。ですが、これも彼らにとっては成長の糧に過ぎず、次節のリーグ戦、そして夏の選手権予選へと気持ちを向けて、また歩んで行かなくてはいけないと話をしました。
 この日も暑い中、また遠方まで足を運んで頂き、彼らと共に戦ってくださった皆さん、本当にいつもありがとうございます。この試合を更なる成長の原動力となるよう益々頑張って行きたいと思いますので、今後も温かいご声援を宜しくお願い致します。

 最後に余談を。この日、部員を解散させた後、帰宅しようとしていた所に会場校の蓮田松韻高校の監督から「紅白戦をやるんだけど、ひとり足りないからよかったら一緒にやる?」と声を掛けて頂きました。当然準備もしていませんでしたが”少しぐらいなら問題ないだろう”と安易な気持ちで即答してしまったのが間違いでした。まさか、30分×3本もやることになるなんて…。2本目の終盤からは両脚ふくらはぎが攣り、走る事も跳ぶ事もままならない様な状態でピッチに立っていました。それでも、越谷東高校の名に恥じぬよう、(大人の意地も少々あった様な…)必死にプレーさせてもらいました。チームが3得点した内に1得点1アシストはまずまずだったのではないでしょうか。生徒にサッカーはこうやるんだと教えるのも楽しい事ですが、サッカーができる喜びを改めて感じさせてもらえました。越谷東の部員たちとも、いつかこんな風に全力で一緒にサッカーが楽しめる日が来てくれる事を期待しています。蓮田松韻高校サッカー部の皆さん、私にサッカーの楽しさを、サッカーができる喜びを再認識させて頂きありがとうございました。本当に楽しかったです。(帰宅後は大変でしたが…)今度、伺う時にはスパイクを持って行きたいと思います。
顧  問
<総体支部予選1回戦結果>
https://www.sfa2.jp/wp-content/uploads/2018/04/9bcce8f61a21e564bc80de489ae68096-2.pdf
0

サッカー部 蹴球伝説その91 『影と光 』

 4月22日(日)U‐18東部E3Cリーグ第2節が本校にて行われました。対戦相手は、越谷南高校でした。この日は、越谷市の最高気温が30度近くまで高くなると言われ、9時過ぎの段階で既に25度近くになるほど暑い日でした。
 前節の羽生第一高校戦で惜しくも勝ち点3を取り逃がした事を反省し、この試合の最大の目標は「勝ち点3を獲る事」でした。結果は、3(1-1)(2-1)2で勝利し、2試合が終わったところで1勝1分けの勝ち点4とする事ができました。
 ここまで2試合で6得点。昨年の東部大会や新人戦では「得点できない事」で苦しんでいたチームが、この2試合では3点ずつを挙げられるようになった事はとても評価しています。特に勝ち越し点になった3点目は試合残り時間5分を切ったところでの得点でしたので、最後の最後までゴールを目指す姿勢をよく見せてくれたと思います。得点者を見ても、誰かに偏る訳でもなく、様々な生徒が得点している事も良い事ではないかと思っています。ですが、逆に2試合で5失点。これは、問題だと話をしました。特に、失点する場面は必ず共通しているから問題なのです。2試合続けて同じような失敗を繰り返してしまう。1試合の中でも修正する事ができずに失点されてしまう。自分達の良さだけに目を向けるのではなく、弱点にこそ目を向けて、そこから逃げずに、克服する勇気と努力を、チームとして持ち合わせて欲しいと生徒に話をしました。
 リーグ戦は、次節の三郷工業技術高校戦まで少し間が空きますが、今週末から始まる総体支部予選では『一戦必勝』を掲げて、県大会出場を果たせるよう頑張りたいと思います。
 最後になりますが、大変暑い中グラウンドまで足をお運び頂き応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました。今後とも越谷東高校サッカー部に温かいご声援をどうぞ宜しくお願い致します。
顧   問


  【総体東部支部予選】
     日  時: 4月29日(日)
     会  場: 県立蓮田松韻高校G
     時  間: 14:00キックオフ(第3試合目)
     相  手: 県立庄和高校
        ※勝利できると5月3日(水)に2回戦
0

サッカー部 高校総体支部予選組合せ

 いよいよ来週4月29日(日)より、高校総体東部支部予選が始まります。3年生にとっては、残った大きな試合の1つ目になります。幾つかの高校では、この大会を機に3年生が部活を引退して自分たちの進路の準備を始めるところもあるそうです。
 今年度は、支部予選に参加する東部34校の中から6校が5月に始まる県予選へと進みます。この大会目標は、支部予選を勝ち抜いて県予選に進出する事です。リーグ戦とは異なり、必ず勝たなければ次へとは進めません。決して容易な事ではありませんが、チーム一丸となり不撓不屈の精神で、まずは初戦を頑張りたいと思います。皆さん、彼らに熱い応援を激励のメッセージを宜しくお願いします。今週末22日(日)には、本校にてU18リーグ第2節vs越谷南高校Cとの試合も10時からあります。今節こそは、『勝ち点3』を獲りたいと思います。
顧   問


【総体東部支部予選】

   1回戦 4月29日(日)
        対戦相手: 庄和高校
        場   所: 蓮田松韻高校G
        時   間: 第3試合目 14:00キックオフ

<総体東部支部予選トーナメント表>
https://www.sfa2.jp/wp-content/uploads/2018/04/9bcce8f61a21e564bc80de489ae68096.pdf
0

サッカー部 蹴球伝説その90 『成長と課題 』

 4月7日(土)U18E3Cリーグ第1節vs羽生第一高校との試合が三郷工業技術高校Gで行われました。今年は、なんとしてもリ-グ優勝して2部昇格を目指す事、新人戦後から課題として取り組んできた事の再確認をして試合に挑みました。結果は、3(2-2)(1-1)3の引き分けで、初戦は勝ち点を得る事ができました。
 試合としましては、非常にもったいない試合だったと振り返りました。前半の15分過ぎに先制するもすぐに自分達のミスから同点にされ、前半のうちに勝ち越しに成功するも、再びミスから同点に追いつかれる展開。後半は、相手が先にチャンスを掴み、PKがあったがこれを相手が失敗してくれたお陰で残り時間20分を切ったところで勝ち越しの3点目。そのまま逃げ切れそうだった試合終了直前に3回目の同点ゴールを許してしまい、あと一歩のところで勝ち点3を逃してしまいました。
 追いつかれても追いつかれてもゴールを目指す姿勢は大変良かったと思います。ですが、前半のうちに決定的な場面を決めきれなかった事、後半のピンチの後に現われた決定的な場面を決める事ができなかった事が勝敗に大きな影響を与えたと思います。
 スタメン11人中9人が2年生という事もあり、まだまだ「弱い」チームですが、今後とも温かいご声援を宜しくお願い致します。
 最後になりますが、この日も会場まで足を運んで頂き応援して下さった保護者の皆さま、ありがとうございます。今年は、本校での試合が多く予定されていますのでこれからも、どうぞ宜しくお願い致します。
顧   問


【時 節】
日時:4月22日(日)
場所:本校G
相手:越谷南高校C
0