日誌

男子バレーボール部 大会結果報告

10月26日(土)・27日(日)全日本選手権大会東部地区予選が誠和福祉高校、
春日部工業高校で行われました。以下が結果となります。

~1日目 @誠和福祉高校~
Cリーグ
1回戦 VS 県立吉川美南高校
1セット 19-25  
2セット 25-13
3セット 25-18

2回戦 VS 県立春日部東高校
1セット 12-25
2セット 25-16
3セット 18-25

~2日目 @春日部工業高校~
Bリーグ 代表決定戦
1回戦 VS 県立春日部高校
1セット 18-25
2セット 20-25

 
応援ありがとうございました。
代表決定戦まで残りましたが、力及ばず県大会出場を決めることはできませんでした。
吉川美南戦では、エンジンがかかるのが遅く1セット目を落としましたが、
2・3セットはしっかりととる事が出来ました。
春日部東戦は、相手が県大会常連校という事もあり自分たちのバレーをさせてもらえず、
1セット目を落としました。
しかし、2セット目はサーブとブロックで相手の攻撃を制限する事ができ、
いいテンポでセットをとる事が出来ました。勢いそのままに臨んだ3セット目でしたが、
流れをつかめず相手に終始先行され18点まで追い上げましたが勝てませんでした。

2日目の代表決定戦。
気持ちを切り替え、全員バレーで挑んだ春日部高校戦でしたが、
相手がうまい具合に崩れてくれず勝つ事が出来ませんでした。

レシーブを繋げ、長いラリーを制し自分たちの点にできたこと。
ブロックで点を取れるようになったこと。
ブロックのワンタッチから攻撃に繋げ、点が取れるようになったこと。

今回の大会を通し、今までできなかったことができるようになっていることを、
生徒はもちろんのこと私も感じることができました。
ただ、まだまだレベルアップしていかなければいけません。
特にサーブとレセプションに関しては、永遠の課題です。
今の状態で満足してしまっていたらこれ以上伸びるものも伸びません。
常に試合のイメージを頭に練習させていきます。
次は新人戦。筋力アップを図りつつ技術をさらに向上させていきたいと思います。

保護者の皆様、いつも子ども達のサポートありがとうございます。
今後とも応援の程宜しくお願い致します。

追伸
他の仲間が引退する中、2名の3年生が夏休みから休むことなく練習に参加し、
力を貸してくれました。本当にありがとう。
県大会には行かせてあげられなかったが、2人のバレーへの思いは
きっと後輩に伝わっているはず。
これで全員の3年生が引退しました。引退した3年生の思いを忘れさせず、
練習に励ませ、いい報告ができるようにします。