日誌

サッカー部 蹴球伝説その90 『成長と課題 』

 4月7日(土)U18E3Cリーグ第1節vs羽生第一高校との試合が三郷工業技術高校Gで行われました。今年は、なんとしてもリ-グ優勝して2部昇格を目指す事、新人戦後から課題として取り組んできた事の再確認をして試合に挑みました。結果は、3(2-2)(1-1)3の引き分けで、初戦は勝ち点を得る事ができました。
 試合としましては、非常にもったいない試合だったと振り返りました。前半の15分過ぎに先制するもすぐに自分達のミスから同点にされ、前半のうちに勝ち越しに成功するも、再びミスから同点に追いつかれる展開。後半は、相手が先にチャンスを掴み、PKがあったがこれを相手が失敗してくれたお陰で残り時間20分を切ったところで勝ち越しの3点目。そのまま逃げ切れそうだった試合終了直前に3回目の同点ゴールを許してしまい、あと一歩のところで勝ち点3を逃してしまいました。
 追いつかれても追いつかれてもゴールを目指す姿勢は大変良かったと思います。ですが、前半のうちに決定的な場面を決めきれなかった事、後半のピンチの後に現われた決定的な場面を決める事ができなかった事が勝敗に大きな影響を与えたと思います。
 スタメン11人中9人が2年生という事もあり、まだまだ「弱い」チームですが、今後とも温かいご声援を宜しくお願い致します。
 最後になりますが、この日も会場まで足を運んで頂き応援して下さった保護者の皆さま、ありがとうございます。今年は、本校での試合が多く予定されていますのでこれからも、どうぞ宜しくお願い致します。
顧   問


【時 節】
日時:4月22日(日)
場所:本校G
相手:越谷南高校C