日誌

サッカー部 蹴球伝説 その2 『勝った!?』 

 更新が久々となってしまいました。皆さんご存知の通り、本校は9月9日の大雨の影響で14日の午前中まで休校となっていました。その間、12日(土)と13日(日)にリーグ戦が行われましたが生徒たちはグラウンドに出られず練習もできないままの状態で試合となりました。その結果、12日(土)は叡明高校の1年生に0(0-3)(0-0)3で敗れ、13日(日)は庄和高校の1年生に0(0-0)(0-1)1で敗れてしまいました。
 翌週の20日(日)はu-18リーグ第11節vs草加西高校戦でしたが、この週もグラウンドや施設周りの後片付け中心に活動を行い、なかなか練習ができないままの試合となりました。結果は、1(1-1)(0-1)2で敗れました。
 ようやくしっかりとした練習が行えるようになったのは連休に入ってからの事でした。27日(日)は、u-18リーグ第12節vs春日部共栄高校戦でしたが、0(0-0)(0-3)3で敗れました。
 さすがに、上級生相手にこの時期に80分間、戦うというのは本校の生徒には「大変」な事なのです。それでも、今の課題をひとつずつ克服していこうと生徒たちは全員毎試合全力で戦っています。
 10月3日(土)u-16リーグ最終節vs越谷西高校戦がありました。この試合は、相手も1年生という事と練習もしっかり出来たという事で、私もどんな試合になるか楽しみでした。結果は、0-0で引き分けでした。9月に入ってからの試合の中で最も良い内容の試合でした。得点できなかった事は残念でしたが、生徒たちの「やろうとしている事」が見ていて感じられる試合でした。これで、u-16リーグはすべての試合が終了し、通算4勝2敗1分という結果になりました。他校の試合がまだ残ってますので最終的な順位はまだ出ていませんが、やはり大雨直後の叡明高校と庄和高校との2試合がとても悔やまれます。
 10月4日(日)u-18リーグ第13節vs不動岡高校との試合がありました。前日に16リーグを消化しての試合となり、生徒の顔から疲れが見えるのは否めませんでした。また、CBが前日の試合で負傷し、普段とは異なるメンバーでのキックオフとなりました。結果は、1(1-0)(0-0)0で勝利しました。相手は、2年生。こちらは、全員1年生。コンディショニング的にもとても不利な状態でしたがよく頑張っていました。また、試合の終盤にはGKが負傷退場し、急遽FPのひとりが代替GKになるなど、苦しい状況の中で最後まで失点を許さずに守りきることができました。後半だけで、相手チームのCKは8本、シュート13本、それに対して本校のCKは2本、シュート4本。いかに劣勢だったかは数字を見ればよく分かります。それでも、生徒たちはよく粘っていました。暑い夏の練習の成果が少しずつ現れてきたのかもしれません。これで、通算4勝8敗1分となり、リーグ残留にわずかに望みを残す事ができました。
 今後は、中間考査をはさみまして次の試合までは少し間が空きますが、東部大会、u-18リーグ最終節とありますので、今後も応援をどうぞ宜しくお願い致します。
                                                                                                                                                       顧  問