日誌

サッカー部 蹴球伝説 その8 『3年生引退試合』

 本日、本校グラウンドにて、3年生と1年生の紅白戦を行いました。3年生は8月の選手権予選で敗退して以来の試合でしたのでおよそ4ヶ月ぶりの試合となりました。そして、これが彼ら3年生がここで行う最後の試合となりました。
 25分ゲームを3本行った結果、3(2-1)(0-0)(1-0)1で1年生チームが勝ちました(笑)1年生たちはよくやりました!納得のいかない3年生のひとりがグラウンドに大の字になっていました。あまりにその3年生が悔しがるので、仕方なく15分間の延長戦を行いました。
 延長戦は、開始早々再び1年生が先制するまさかの展開となりましたが、そこはやはり1年生。最後は先輩たちに花を持たせました(笑)1-3で3年生チームが勝ちました。先程の3年生は大満悦でした。
 試合後は、生徒たちが試合をしている間に副顧問の先生が作って下さった豚汁をみんなで頂きました。私も頂きましたが、とても美味しく、あっという間に身体も温まりました。こうして、みんなで食事をしていると合宿の頃を思い出しました。生徒にとってはつらい体験として覚えてるのかもしれませんが、私にとっては大変充実した3日間だったことを記憶しています。
 3年生諸君、君たちのこれからの明るい未来を期待しています。
顧  問

3年生最後の紅白戦キックオフ前の整列写真(青:3年生 緑:1年生)


情けの延長戦の末(?)勝利に喜び、温かい豚汁をみんなで食べている様子(3年生+1名)


3年生を打ち負かし、心もお腹も大満腹の1年生