日誌

3年生の皆さんへ〜顧問より〜 【サッカー部】

 まずは始めに3年生、卒業おめでとう。初めて会った日から卒業まであっという間でしたね。

 君たちに始めて出会った時の印象は今でも覚えています。「真面目で大人しいな」。これが素直な印象でした。また、最上級生になった時には、どんなチームになっていくのだろうと考えた事もありました。しかし、君たちは、越谷東高校サッカー部に、後輩たちに、顧問一同に素晴らしい物を多く残してくれました。その中でも私が一番感じたことは、「直向きにサッカーに取り組む事」の大切さを改めて学ばせてもらいました。最後の試合になってしまった、選手権予選VS桶川高校戦の際に、君たちが、3年間直向きに取り組んできた成果が凝縮されていました。この試合には、前顧問も応援に駆けつけてくれました。その際に頂いた言葉に、君たちの全てが詰まっていると思います。「選手たちがこんなに大きく成長しているとは思わなかった。良い試合を見させてもらった。ありがとう」。まさに、君たちが直向きに取り組んできた成果だと思います。私も、君たちの直向きにプレーする姿を見て、心が熱くなった事を今でも覚えています。

 さて、君たちはこれから自分の夢や目標に向かって旅立っていく事でしょう。時には壁にぶつかったり、困難に立ち向かったりしなければいけない時もあるでしょう。その時には、越谷東高校で学んだ事を思い出してみてください。3年間直向きに走り続けてきた君たちなら、自分の足で必ず乗り越えられると思います。君たちと合う機会は少なくなってしまいますが、陰ながら君たちの活躍を楽しみにしています。たまには、サッカー部に顔を出してくださいね。夏休みに引退試合を予定しているので、コンディションを整えておいてください。

 君たちの人生は、まだキックオフしたばかりです。一度きりの人生、悔いがないように走り続けてください。何かに思い悩んだらグランドに顔を出してください。共にボールを蹴りましょう。では、また会う日まで。

 

 卒業おめでとう。