日誌

サッカー部蹴球伝説『166』

 11月23日(土)に、東部支部大会VS春日部工業が行われました。この試合を引き分け以上で、グループリーグ2位のシード枠で新人戦に臨むことができる大事な試合となりました。しかし、結果は●1-3で敗戦と、シード権を逃してしまう形になってしまいました。

 前日から降り続いていた雨でグラウンド状態が悪く、泥んこサッカーになることが予想される試合となりました。試合が始まると、予想通りパスがうまく繋がらず、お互いにロングボールを蹴りあう状況が1試合を通して続きました。敗戦の理由としては、越谷東よりも春日部工業のほうがグランド状態をうまく利用してゲームを進めることができていたことです。選手たちには日頃から、「考えてサッカーをしろ」と伝えてきました。少しずつではありますが、考えたプレー・意図のあるプレーが増えてきています。しかし、その力がまだまだ足りないと感じることができた試合にもなりました。決めつけたプレーではなく、相手や味方の状況、グランド状況、試合の流れを感じてプレーできなくてはなりません。年内の公式戦は全て終了したので、1月に行われる新人戦に向けて良い準備、「サッカー偏差値」を高められるようチーム一丸となって進んで行きたいと思います。

 いつも応援をしてくださる皆さんありがとうございます。一つでも勝てるよう努力をしていきますので、引き続き応援をよろしくお願い致します。

 

※どこでサッカーを続けようか迷っている・志望校に迷っている中学生の皆さん、是非、越谷東高校サッカー部に力を貸してください。選手たちは日々努力し、本気で県大会初出場を目指しています。共に県大会出場の目標を叶えてみませんか。少しでも興味があればサッカー部顧問 岸 までご連絡ください。共に充実した時間を過ごしてみませんか。また、1月11(土)に学校説明会がありますので、ご参加いただければと思います。
越谷東高校TEL 048-966-8566

越谷東高校サッカー部から中学生の皆さんへ 2.docx