日誌

男子バスケ部 新たなスタートの為に


夏休みも残りわずかになりました。
本校バスケ部は夏季大会の敗戦を新人戦で晴らすべく、【限界への挑戦】を敗戦の次の日から始めています。
男子バスケ部の夏休みの大会は終わってしまいましたが、越谷東高校の部活動は男子バスケ部だけではありません。夏休みにまだ大会がある部活はたくさんあります。そんな学校の仲間を盛り上げ、自分たちが悔しい思いをした分を頑張ってもらうべく、男子バスケ部は応援に徹することにしました。
なぜわざわざ他の部活の応援をするのか?
もちろん学校の仲間のために応援したい!!というのが一番の理由です。しかし、他にも理由があると部員には話をしました。
男子バスケ部のモットーに多くの人から信頼され応援されるチームになることを掲げています。その為にはもちろん一生懸命練習することも大切です。しかし、それだけでいいかと言われればよくないと顧問は考えています。学校の中の部活動なので学校生活をおろそかにしないことや挨拶をきちんとするということは当たり前。また気が付いたらトイレのスリッパや入口の靴を揃えるなど、もしかしたらバスケットとは関係ないと思えるようなことでも必ずバスケットに活きてくると常に話をしています。そしてなにより応援してもらうためには、全力で他の人を応援することも大切だと思います。コートの中で苦しんでる仲間がいれば全力で応援し、助けてあげる。その繰り返しが大切だと思います。
こんなことが自然にできれば必ず応援されるチームになるはずだと思っています。

そして男子バスケ部はこの土日に女子バスケ部とサッカー部を全力で応援させていただきました。
女子バスケ部やサッカー部の力になれたかは分かりませんが、逆に常にこういった雰囲気のなかでバスケットをすればいいんだと彼らにとっては、いい勉強になったハズです。この経験を次の新人戦に必ず活かしていきたいと思います。
これからも【GOLDEN SHARKE】は、どこにでも応援に駆け付けたいと思います!