日誌

男子バスケ部 夏休み開始

 

8月1日より本校は夏休みに入りました。

今年は3週間という例年に比べると短い夏休みですが、男子バスケ部【GOLDEN SHARKS】の選手達は今の自分の限界に挑戦し、成長するために一生懸命取り組んでいます。

 

夏休み初日のミーティングでこの夏休みは【覚悟】と【感謝】が必要だと話をしました。

例年より短い夏休み、また練習日数・時間も制限があり、強化の為の合宿等も行えません。そのため、1日1日をどう過ごし、どの姿勢で練習に取り組むかが大切です。そのためには今まで以上の【覚悟】をもって取り組まなければいけません。

また、この世の中の情勢の中、他の競技は大会が中止になってしまったりと大変な事態が続いてますが、バスケットは8月18日から3年生も出場できる大会があります。大会を開催するにあたっては、色々な方々の協力が必要です。そのことを忘れず、またバスケットができる環境があることに【感謝】の気持ちを常に持ち続けてほしいと思います。

 

夏休みの序盤は体力強化・ファンダメンタルの強化とチームの約束事(オフェンス・ディフェンス等)の確認を行っています。2・3年生は休校期間で抜けてしまった部分の確認を。1年生はチームの約束事を早く覚え、試合で活躍するために日々奮闘しています。バスケットは習慣のスポーツともいわれています。この数日間で良い習慣を身に着けられるかが勝負です。チーム内で切磋琢磨し、お互いにいい影響を与え合ってくれたらいいと思います。

 

【練習風景】