日誌

2016年4月の記事一覧

サッカー部 蹴球伝説 その20 『風ニモ負ケズ』

 4月17日(日)草加高校Gにて、u18東部E2Bリーグ第2節vs春日部高校Bチームとの試合がありました。結果は、0(0-1)(0-0)1で敗れ、リーグ戦2連敗となりました。
 この日は、関東地方で最大瞬間風速30m以上を記録するような強風が吹き荒れる中での試合となりました。試合開始とほぼ同時に雨も振りはじめ、天候が悪い中での試合となり、お互いに環境に苦しめられた試合でした。
 私たちは前節の反省から少しポジションを変えたり、『ボールへのプレスを厳しくしよう』、『獲られてはいけない所で失わない・奪うべき所で奪う』、『風を利用して展開を考えよう』という話をして試合に臨みました。前半にゴール付近での相手FKから、うまく風を利用されての失点を許しましたが、その他の場面では、よく試合をしていたと思います。終盤、運動量が落ちたり戦術面でアンバランスになる時間帯がありましたが、キャプテンを中心によく声を掛け合い、仲間のミスをカバーしたり、仲間からのパスを信じて走り続けたり、最後の最後まで粘りを見せていました。残り10分を切ったあたりからの彼らのゴールへの気迫というのは大変見応えがありました。前後半合わせて決定機も4度も作り出すことが出来ましたが、それを得点に結びつける事ができずに生徒たちは非常に悔しさの残る試合となったようです。
 まだ1年生が終わったばかりの幼いチームですので、そういう勝負強さはないかもしれませんが、リーグ戦はこういう試合をものにできるかどうかが順位に大きく影響をすると最後に話をしました。
 最後になりますが、悪天候の中、会場まで足をお運び頂き、応援してくださった皆様ありがとうございました。このあと、リーグ戦は少し間があきますが次はいよいよ総体予選が始まります。どうぞ、今後とも温かいご声援をよろしくお願い致します。
顧  問
0

サッカー部 蹴球伝説 その19 『 惨敗 』

 4月10日(日)今年度のu-18東部E2Bリーグが開幕しました。本校初戦の相手は、昨年に引き続き越谷南高校でした。結果は、0(0-5)(0-3)8の初戦黒星でした。
 この春休み中は、主に「守備面」の課題に取り組ませて練習を積んで来ましたが、試合に臨む以前に相手の勢いや気迫に圧され負けしている感もありました。課題としてあった守備面もまだまだ詰めが甘く、なかなか相手にプレッシャーを与えることができていませんでした。記録を見返しても相手はシュート数24本に対して、本校は4本。力の差は歴然としていました。
 この敗戦を糧に次の試合こそは、もう少し粘りたいと思います。応援に駆けつけて下さった皆様、温かいご声援どうもありがとうございました。
 次節は、4月17日(日)草加高校にて、12時よりキックオフとなります。対戦相手は、春日部高校Bチームです。

顧   問
0