日誌

2016年5月の記事一覧

サッカー部 蹴球伝説その21 『勝利の女神』

 5月3日(火)憲法記念日に高校総体東部支部予選2回戦が行われました。本校は、初戦に羽生第一高校を破って勝ち上がってきた不動岡高校との試合でした。結果は、2(0-3)(2-2)5で惜しくも敗れてしまいました。
 新人戦、リーグ戦と試合を重ねる中で少しずつ逞しく成長を感じてきていましたが、勝負事はなかなかそう簡単にはいかないものです。相手の攻め手は分ってはいたもののそれを阻止することができずにあっさりと前半に3失点。この試合の最大の要因はここにあります。ですが、後半早々に相手生徒が交代したのを機にもう一度エンジンをかけさせました。すると、そこから怒涛の2得点。3点差あったのが、一時1点差まで追い詰め、さらには同点にできる決定機まで作り出すことに成功しました!が・・・それを得点に結び付けられませんでした。この点も勝敗を分けたポイントのひとつとなりました。その後、相手に4点目を取られ、残り時間を考え、点を取りに出たところを終了直前にカウンター攻撃でとどめの5点目を取られて試合終了となりました。
 彼らの今大会県大会出場への挑戦は、ここで終わってしまいましたが、リーグ戦がまたすぐあります。目標を切り替え、次へのステップアップの糧として今日の試合の経験を活かしてもらいたいと思います。
 本日も連休のさなか、遠方まで試合の応援に足をお運び頂いた皆様、ありがとうございました。少数精鋭(?)のチームではありますが、一生懸命な子ばかりのチームです。今後もどうぞ温かいご支援を宜しくお願い致します。

 最後に余談ではありますが、今大会、3年連続で試合当日の朝に鷲宮神社へ参拝してから会場へ足を運んでいますが、なかなか勝利の女神が微笑んでくれません。私の日頃の行いが悪いからなのでしょうか・・・。
顧   問
0