日誌

2016年10月の記事一覧

サッカー部 蹴球伝説その37 『時間はかかるが…』

 日本シリーズ開幕戦を大谷翔平投手から5-1で勝利し、32年ぶりの日本一へ一歩近づいた広島カープ。翌日10月23日(日)本校にてU-16リーグ東部E2Aリーグ最終節vs春日部工業高校との試合が行われました。後期は、勝ち点4以上を目標に掲げ、ここまで1勝で3。この試合を引き分け以上だと目標達成という試合でした。結果は0(0-1)(0-3)4で敗れ、惜しくも目標達成とはなりませんでした。これをもちまして、通算戦績1勝5敗1分という結果で今年のU-16リーグを終えました。
 試合は、負けましたが特に前半においては比較的ボールを動かすことが出来ていたように感じます。ハーフタイムにベンチに戻ってきた彼らからも「今日は勝てそうだ」という自信の声も出ていまので手応えを感じていたのでしょう。そんな感触を抱いて臨んだ後半の早い時間に2失点目、自分たちのつまらないミスからの3失点目は結果に大きく影響したのかもしれません。
 6月の叡明高校との初戦から4か月を戦ってきて、リーグ戦ではなかなか良い結果は出ませんでした。練習試合でも上の学年との試合がほとんどでしたので試合に勝てたことはほとんどなかったと思います。ですが、ここ最近になってようやく少し進歩が見えてきています。言葉を発する場面も増えてきましたし、運動量も以前よりかは増してきました。この試合も前半はその表れだったのではないでしょうか。10人という人数の中、私から執拗にダメ出しをされる中、まだまだ底辺レベルの中でようやく少しづつ前に進み始めたところではないでしょうか。
 この日は、午前中に2年生も獨協埼玉高校と練習試合を行いました。彼らが獨協埼玉と試合をするのは1年前のU-16リーグ以来でした。その時はお互いに点の取り合いで4(2-3)(2-0)3で辛勝という結果でした。この日は、後半残り20分こそ相手のペースになりましたが、それまではまずまずでした。結果は、0(0-0)(0-1)1で敗れました。試合は負けましたが、1年前の試合内容を思い起こせば、彼らも少し自信が持てるのではないでしょうか。ただ、前半にシュート8本、後半に6本。それで無得点とは・・・。
 来月には東部支部大会があります。これは、1月に行われる新人戦の支部予選におけるシード校を決める大会ですので上の大会があるわけではありませんが、今後も温かいご声援を宜しくお願い致します。
顧  問
0