日誌

2018年1月の記事一覧

サッカー部 蹴球伝説その86 『シーズン幕開け』

 1月21日(日)新人戦東部支部予選兼関東大会県予選の2回戦が草加南高校会場で行われました。対戦相手は、不動岡高校でした。昨年のこの大会では、初戦を越ヶ谷高校に0-9で敗れ大変悔しい思いをしました。代は変わりましたがチームとして前回の悔しさを晴らしたいと考え、今年の目標は4回戦進出(準々決勝進出)を掲げ年明けから取り組んで来ました。
 試合結果は、残戦ながら0(0-0)(0-1)1で敗れ、今年も初戦敗退で新人戦を去る事となりました。ですが、試合自体は決して悪くありませんでした。練習で追求していることが随所に表れてきていました。体力的にも贔屓目で見てもこちらの方が上だったと思います。この試合、私たちは先発11人中8人が1年生という事を考えるとこれからが楽しみであり、またとても大切だと感じました。”今目指しているものを極める事。”この試合の敗因は、すべてのプレーにおけるひとつひとつの精度や質が低い事。その原因が、単に集中力なのか、それとも体力的なものなのか、あるいは基礎的部分によるものなのか、それは部員個々によって異なります。この試合を悔しいと思うのであれば、自分を一度しっかりと見つめ直し、今何が出来ていなくてどうしてそうなってしまうのかを自己分析することが大切だと思います。次に行われる公式戦は4月初旬から始まるU18リーグです。そこまで十分に時間があります。あのような試合を確実に勝利に繋げられるチームになっていくために、今は個々の地力を向上させなければなりません。
 また、今大会を臨むにあたり目標を達成するためには、流行の感染症にかからない努力が最低条件でした。本校では、クラスによってはインフルエンザで出席停止の生徒が8名とか6名とか、ある学年では全体で35名を超している学年もありましたが、部内では試合当日までにインフルエンザになってしまった部員は3名にとどまりました。これも、部員がここまでしっかりと未然の予防策を講じて自己管理ができていた現れではないかと考えています。
 最後になりますが、会場まで足を運んで頂き応援に来てくださった保護者の皆さん、また部員の同級生たち、ありがとうございました。人数の少ないチームですが「感謝・集中・不屈」の精神と「不撓不屈」のスタイルで一生懸命に頑張りますので、これからも温かいご声援を宜しくお願い致します。
顧  問


【試合練習】
   1月28日(日)
     相  手: 草加高校
     場  所: 草加高校
     時  間: 14:00キックオフ(2試合予定)
0

サッカー部 蹴球伝説その85 『 試合練習結果 』

 1月14日(日)センター試験2日目のこの日に本校グラウンドにて試合練習を行いました。当初の予定では、全4試合の日程でしたが3試合に変更しての実施となりました。結果は、下記の通りです。
   ① 越谷東0(0-0)(0-1)1昌平D
   ② 八潮南0(0-4)(0-5)9昌平D
   ③ 越谷東1(0-3)(1-2)5昌平D
 対戦相手は、先日群馬県代表の前橋育英高校が初優勝で幕を閉じた全国高校ッカー選手権大会に埼玉県代表として出場した昌平高校とあって、部員たちも最初は幾ばかりか緊張していたようでした。昌平のDチームとは言え、技術・判断・スピードとどこを見ても相手の方がレベルは格段に上でした。そのような相手と試合が出来たことで彼らも普段以上の力が出せていたのではないでしょうか。精神的にも大分タフに戦えていたのではないでしょうか。中には、全く反対に試合の最中に圧倒的な実力差を肌で感じ、立ち向かう勇気を失ってしまう部員もいました。たとえ試合練習とは言え、そこまで力を引き出してもらえたり、意欲を失うほどの衝撃を与えてもらえるなんて、私は最高の練習だと思います。今日の試合は、チームとして大きく”変身”できる機会を昌平高校から与えてもらえたと私は思っています。部員達には、今日の試合の中で体感した全ての事を次の練習から活かして欲しいと思っています。そして、今よりも”強く戦える”チームに成長していって欲しいと思います。
 いよいよ来週末から新人戦東部支部予選が始まります。怪我をしている部員、流行りの感染症で体調がすぐれない部員、怪我明けで満足に動けない部員など、チームとしてはベストコンディションにはなっていませんが、今年のひとつめの目標を遂げられるようにチーム一丸となって全力で臨みたいと思います。
顧  問


  【新人戦東部支部予選】
   2回戦 1月21日(日)
      対戦相手:不動岡高校
      会   場:草加南高校
      時   間:14:00キックオフ
0

サッカー部 試合練習のお知らせ

 3学期が始まり、早くも一週間が経とうとしています。学校では、インフルエンザも広まりはじめ、部員には体調管理と未然の感染予防対策を徹底する事を伝えています。
 1月13日(土)は、本校学校説明会となっています。当日は9時半からグラウンドにて練習をしていますので、私達の活動雰囲気が直に見られます。中学生の皆さん、帰る前に少しの間だけ見学に足を運んでみて下さい。
 また、1月14日(日)には本校にて試合練習を行います。新人戦東部支部予選を一週間後に控えての試合となりますので、部員たちも気合いが入っております。こちらもご都合が良ければ、高校選択の参考にどうぞ見に来て下さい。保護者の方々もどうぞお子さんと一緒に足をお運び頂ければと思います。
顧  問

 【1月14日(日)】 試合日程
    ①  9:30~ 越谷東 vs 昌 平(Dチーム)
    ② 11:10~ 八潮南 vs 昌 平(Dチーム)
    ③ 12:50~ 越谷東 vs 昌 平(Dチーム)
    ④ 13:30~ 越谷東 vs 八潮南
0

サッカー部 蹴球伝説その84 『新たなスタート』

 新年明けましておめでとうございます。本年も越谷東高校サッカー部広報活動を行って参りますので、どうぞ宜しくお願い致します。
 今年の活動は、4日からのスタートでした。初日は久伊豆神社へお参りに行った後、グラウンドでの練習でした。昨年、U18リーグ3部降格と大変悔しい思いをしました。今年は、なんとしても2部へ昇格という大きな目標を掲げてスタートを切りました。
 2日目の練習では、今年から新たな取り組みとして「練習後におにぎりを食べる」事を取り入れてみました。マネージャーが練習中に用意してくれたおにぎりを練習後30分以内に食べることで筋肉修繕や疲労回復への効果を促そうという試みです。マネージャーは、米がうまく炊きあがるか不安だったようですがとても上手におにぎりが出来上がっていました。この日は、初めてだったので1人1個分しか作りませんでしたが、早速”おかわり”を催促してくる部員もいて、これからが楽しみです。
 3日目の一昨日には、全国高校サッカー選手権大会準決勝戦を埼玉スタジアムに観戦に行きました。部員たちは、試合よりも早めに集合し、トレーニングをしてからの観戦でした。よく見ているとトレーニング後に持参したプロテインを飲んでいる部員がいました。昨年より行ってきた練習後に栄養補給をする習慣の効果が見られ、彼らの小さな成長を感じられました。この日は、第1試合が流通経済大柏高校(千葉)対矢板中央高校(栃木)、第2試合が前橋育英高校(群馬)対上田西高校(長野)でした。勝ち上がりの結果、決勝戦は流通経済大柏高校(千葉)対前橋育英高校(群馬)となりました。部員達には、見習うべきものが多く、見たものすべてを吸収して帰って欲しいと思いました。また、試合後にはスタンドの清掃活動を少しばかり手伝ってから帰りました。私も長年役員として全国大会に携わってきましたが、最後の清掃活動がとても大変な作業でした。ですので、自分達はお客さんではなく、何か自分が役に立てることはないか、またいつか自分達がこうした場に立てる様な事があれば、その陰には多くの人の支えがあって立てている事を忘れない為に部員には手伝いを行わせました。
 4日目の昨日は、『冬休み課題を終わらせる日』でした。課題がすべて終わった者からこの日は終了。予定表には、はじめからありましたので「計画的に」進めていればなんら難しい事はないのですが・・・そうはいかないのが部員たち。9時から始まって午前中の間になんとか半数近くが終わり、最後まで残ってやっていたのは16時までかかっていました(笑)これで、なんとか冬休み最終日の前日に全員が課題を終える事に成功しました。
 そして、冬休み最後の日の今日は、全国高校サッカー選手権大会決勝戦。大前元紀選手以来10年振りの優勝を目指す流通経済大柏高校と昨年の雪辱を果たしたい前橋育英高校との対戦が今から楽しみです。どちらも関東の学校なのでスタンドが満員になるのではないかと不安ですが。
顧  問
0