日誌

2018年2月の記事一覧

サッカー部 蹴球伝説その87 『 新人戦その後 』

 1月21日に新人戦を敗退し、次なる目標へと邁進していこうとしていた矢先の降雪。22日の夜には交通機関にも影響が出ていました。また、その後には埼玉県では観測史上最低値という程の気温の低い日もありました。その影響は本校へもあり、先週はグラウンドが全く使用できませんでした。1週間が経った今週月曜日に乾いていそうなグラウンドの一部で練習をしてみましたが、やはり出来る状態にはありませんでした。そこで、私たちは火曜日から体育館部活動の活動が終了した後、体育館で練習することにしました。体育館部活動の顧問の先生方や部員には気を遣って頂き、とても感謝しています。お陰様でこの2日間は、18:30頃より体育館に入り、30分ほど体育館半面でトレーニングをした後、19:00から体育館全面を使ってのフットサルを1時間ばかり行っています。道路には依然として残雪や氷があり、帰宅時間が遅くなる事は事故にも繋がりやすくなるので心配事は増えますが、部員たちが望んで始めた事です。従来の半分ほどしか練習時間を確保できませんがそれでも「今出来る事を精一杯やろう」と練習をしています。本日の夜から再び降雪予報が出ています。いつになったらグラウンドが使えるようになるのか気がかりです。でも、こうした環境の中で日々練習に打ち込んでいる高校サッカー部がいくつもあります。私たちも彼らの精神を見習って頑張っていきたいと話をしています。
 最後に、私たちは終わってしまいましたが新人戦東部支部予選の結果を載せますのでご覧ください。
顧  問


<新人戦東部支部予選最終結果>
https://www.sfa2.jp/wp-content/uploads/2018/02/2017.pdf
0